サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2000>
  4. AASおよびFSゴールドメダルをダブル受賞プロフュージョンにホワイトを追加

ニュースリリース|2000

2000年09月01日

AASおよびFSゴールドメダルをダブル受賞プロフュージョンにホワイトを追加 
 

サカタのタネでは、1999年に発売したジニア(ヒャクニチソウ)の「プロフュージョン」にホワイト色を追加いたしました。本品種は米国でもっとも権威のある花のコンテストAAS(オール アメリカ セレクションズ)及び欧州でのFS(フロロセレクト)の金賞を受賞した品種です。本年9月からポット苗を、2001年1月からは種子の販売を開始いたします。

プロフュージョンは胚培養技術を利用して種間雑種を得て開発したジニアの新品種で、従来品種に比較して生育が旺盛で育てやすく、花期の長さや乾燥・寒さに強いなど、家庭園芸品種としてだけでなく花壇材料としても優れた特徴を持っています。

99年より苗および種子を販売しており、これまでにポット苗に換算してすでに全国で約3,000万ポットが生産されています。この数値は冬の鉢植え品種として馴染みのあるシクラメンの年間流通量とほぼ匹敵しており、これまで普及しているとはいえなかったジニアが、「プロフュージョン」の投入により広く定着してきています。

今回追加する「ホワイト」は、すでに発売している「チェリー」と同じく、AASおよびFSのゴールドメダルを受賞しています。AASは1931年に設立された世界でもっとも権威ある花の品評会で、年一回メキシコからカナダまで北米大陸20ヶ所で栽培し、栽培結果の優秀なものについて入賞品種が決定されるもので、「花のオリンピック」ともいわれます。またFSは1970年に創設された花卉の審査会で、エントリーされた品種をヨーロッパ各地数十個所で栽培し受賞品種を決定するもので、両賞の受賞は品種開発者にとって誇りであるだけではなく、新品種の普及という営業的な面においても大きな効果があることから、各社が受賞に凌ぎを削っています。今回の「プロフュージョン ホワイト」の受賞で、発売している3色すべてが AASの金賞を受賞したことになります。

今回のホワイト色の追加により「プロフュージョン」は、色の組み合わせによる柔軟な花壇デザインのよりいっそうの充実が図られるようになりました。 


 

■「プロフュージョン ホワイト」の特徴   
1.矮性のジニア(ヒャクニチソウ)で、半球状の草姿で分枝性が高い。
2.AAS、FSのゴールドメダル受賞品種。
3.生育旺盛で耐病性が高いため、ジニア品種のなかでは栽培が容易。 
4.花期が長く、手入れも簡単なため、長期間花を楽しめる。
 
■販売ルート 
全国園芸店・種苗店、ホームセンター、通信販売(当社「園芸通信」による)
 
■販売形態  

発売形態 価 格 発売時期
9cmポット苗 オープン価格 2000年9月
種 子 1,000粒 4,000円 2001年1月
絵袋(約20粒入り) 525円

 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.