サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2004>
  4. 中玉トマトの新品種『シンディースイート』を新発売

ニュースリリース|2004

2004年05月27日

甘みと酸味のバランスがよい濃厚な味と鮮やかな赤色が特長
中玉トマトの新品種『シンディースイート』を新発売
当社初となる“中玉トマト”の品種を投入し、ミニから大玉までトマトのラインナップを充実 
 

サカタのタネでは、甘みと酸味のバランスがよい濃厚な味と鮮やかな赤色が特長の中玉トマトの新品種『シンディースイート』の種子を2004年6月1日より発売開始いたします。『シンディースイート』は、当社では初となる“中玉トマト”の品種で、大玉トマトより糖度が高く味も濃く、ミニより食べ応えがあるという両品種の良さを併せ持っています。また、果色、日もち性、食味に優れ、複合耐病性も備えるなど、今の中玉トマトに求められるあらゆるニーズに応えた新品種です。そして、中玉トマト『シンディースイート』の投入により、ミニから大玉まで当社のトマトのラインナップがいっそう充実いたしました。価格は、1,000粒16,380円で、初年度販売目標額は、3,000万円です。なお、青果物は、2004年9月より出荷が開始され、2005年2月以降、本格的に市場に出回る予定です。 

 

写真は中玉トマト『シンディースイート』の青果物 

近年、少子化や核家族化、一人暮らしの増加などで、大玉トマトでは大きすぎで1回では使いきれないという声がよく聞かれます。一方で、ミニトマトはカットしてサラダに使う際につぶれやすく切りづらいといったことがあります。

そこで、大玉トマトとミニトマトの両方の良さをもちあわせたトマトとして、中玉トマトは、糖度の高い濃厚な味の良さに加え、一人でも食べきれるサイズ、カットもしやすいなどの使い勝手の良さから、現在徐々に注目されはじめています。中玉トマト市場の規模は、まだ非常に小さいものの、今後、トマト全体の市場を伸ばしていく新しいジャンルとして期待され、当社も数年前より積極的に開発に取り組んできました。

今回、当社として初めて市場に投入する中玉トマトの新品種『シンディースイート』は、大玉トマトよりも糖度が高く、酸味とのバランスが取れていて味も濃いなど、極めて食味が良く、果色も鮮やかな赤色で外観も優れています。また、他社の中玉品種が約50~60gの大きさなのに対し、『シンディースイート』は約30~40gとやや小ぶりですが、その分一花房あたりにつく果実の数は10~15個で、下段は果房が一つ(シングル果房)ですが、上段からは果房が二つ(ダブル果房)になり多収です。

これにより、1パック約300g売りが定番のスーパーの青果売場で、従来の約6個入りの中玉トマトを約8~10個入りにして販売することが可能になり、数が多いほうを好む消費者傾向にあって、流通市場関係者からも高い評価を得ることを期待しています。 
 
■中玉トマト『シンディースイート』調査結果(当社君津試験場調べ) 

品種名 糖度 総収量(個/株)
『シンディースイート』 7.0 341
従来品種 6.8 234

 栄養的な側面については、赤系トマトのため大玉トマトで一般的なピンク系トマトに比べ多くのガンなどに予防効果があるといわれる抗酸化物質リコピンが含まれます。

また、『シンディースイート』は、生産者にとっての栽培しやすさという面でも優れ、収量性も高く、裂果の発生が少ないことに加え、いちょう病、TMV(タバコモザイクウィルス)、根腐いちょう病、斑点病に抵抗性を持ち、葉かび病、ネマトーダ(センチュウ)などには耐病性を有するなど、各種病気にも強く、減農薬栽培が可能といった数多くのメリットを持っています。
 
■品質特性 

1. 果実は、果重約30~40gと既存品種と比べてやや小ぶりな中玉トマトで、裂果の発生が少なく上品率が高い。果実が小ぶりなことから、一果房あたりに果実は約10~15個つき、さらに果房は、下段では一つ(シングル果房)だが、上段からは果房が2つ(ダブル果房)になり極めて多収。
2. 果色が鮮やか。甘みと酸味のバランスがよく、極めて食味に優れる。3.裂果の発生が少なく上物率が高く品質のそろいが良い、さらに日もちがよく、赤くなってからの収穫が可能。
3. 果実には照りがあり、抗酸化物質リコピンの含量の高い赤系トマト
4. いちょう病、TMV(タバコモザイクウィルス)、根腐いちょう病、斑点病に抵抗性を持ち、葉かび病、ネマトーダ(センチュウ)などには耐病性を有するなど、各種病気に強く、栽培しやすい。
5. 収穫後の日もちも良く、赤く熟してからの収穫が可能。
6. 促成・夏秋栽培に最も適し、抑制栽培も可能。

  

 ■種子価格 1,000粒 16,380円(税込み標準小売価格)
※栽培農家以外の一般向け絵袋の発売は未定

■青果物出荷時期 2004年9月より主要青果市場へ出荷開始、2005年2月より本格出荷

■発売目標 初年度 3,000万円 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.