サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2005>
  4. ミニダイコンの新品種『ころ愛』の種子を発売

ニュースリリース|2005

2005年11月07日

丸ごと1本使いきりサイズ! 肉質がち密で生食でも加熱調理にも向く食味に優れた
ミニダイコンの新品種『ころ愛』の種子を発売
小葉で密植栽培でき 秋まきのみならず春まき栽培もできる広い栽培適応性が特長

サカタのタネでは、ミニダイコンのF1新品種『ころ愛』の種子の発売を12月1日から開始いたします。『ころ愛』は、青果である根部の長さが22~25cm、太さが7cm程度のミニダイコンで、ご家庭で丸ごと1本を使いきりできるサイズとなっています。

既存のミニダイコンの多くは、春まきした場合、低温に感応して花芽分化し、根部が十分に肥大する前にトウ立ち(抽だい)※1したり、ミニダイコンでありながら葉が大きいため密植栽培できなかったりする問題があります。『ころ愛』は、秋まきのほか春まきしても花芽分化が遅い晩抽性※2のため、夏を除き、ほぼ周年で栽培、出荷できます。また、葉が小さいため密植栽培でき、単位面積あたりの収量も確保できます。寒さにも強く、ス入りも遅く、根部の肉質はち密で食味に優れ、生食はもちろん煮物などでも煮崩れしにくく加熱調理にも向きます。栽培方法は、従来のダイコン栽培と同様な肥料設計で、たいへん作りやすいことも特長です。これらのことから家庭菜園用にも適しており、30cm程度の深さがある大型コンテナを使えば、ベランダなどでの栽培も可能です。

価格は、全国の種苗店ルートで税込希望小売価格20ml・1袋約800粒入が1,491円、1袋約150粒入が367円、当社通信販売ルートで税込小売価格、1袋約150粒入が367円です。なお、各販売ルート合計での初年度販売目標額は、3,100万円です。

写真はミニダイコン『ころ愛』の青果物

核家族化や食生活の多様化などにより、一般の家庭では丸ごと1本のダイコンを購入しても使いきれないことが多く、また、持ち帰りも重たく不便なことから、スーパーマーケットなどの野菜売り場では少量ずつにカットして売られているケースが多くなっています。このようにカットされたダイコンは、その断面から水分が徐々に蒸発し、ダイコン本来のみずみずしさが損なわれ、食味も低下してしまいます。さらに、急速に老齢化が進みつつある生産現場では、重量野菜でもあるダイコンの収穫は、大きな負担になっています。

そのようなことからいくつかのミニダイコン品種が、普及しつつありますが、既存のミニダイコンの多くは、春まきした場合、低温に感応して花芽分化し、根部が十分に肥大する前にトウ立ち(抽だい)したり、過熟によりスが入ったり、ミニダイコンでありながら葉が大きいため密植栽培できないことから単位面積あたりの収量も確保できないなどの問題がありました。当社では、これらの問題を解決し、さらに、単に小さいだけではなくおいしさにこだわった丸ごと1本使いきりできるサイズのダイコンをテーマに開発したのが、ミニダイコン『ころ愛』です。ネーミングも、“ころ合いのよいサイズにいたしましたので、ぜひご愛顧いただければ”との想いを込めて命名したものです。 

■ミニダイコンの新品種『ころ愛』の特長
1.夏を除くほぼ周年で栽培が可能
・・・秋まきのほか、春まきしても花芽分化が遅い晩抽性であり、寒さにも強いので、6月中旬から8月中旬の夏を除き、ほぼ周年で栽培、出荷ができます。そのため、ご家庭における定番のダイコンとしてご利用いただけます。
2.小葉で密植が可能なため単位面積あたりの収量が高い
・・・葉が小さいため密植栽培することができ、従来のダイコンが条間50~60cm×株間25~30cmに対し、『ころ愛』は条間25~30cm×株間25~30cmとほぼ倍の数を栽培することが可能で、単位面積あたりの収量を確保することができます。
3.スが入りにくく肉質がち密で食味に優れる
・・・ス入りが遅く、肉質は緻密で食味に優れ、野菜スティック、おろし大根などの生食はもちろん、おでん、ふろふき大根などの煮物でも煮崩れしにくく加熱調理にも向きます。また、気温が高い時期の栽培でも辛みが比較的少ないのも特長です。
4.従来のダイコンと作り方は同じで栽培が容易
・・・従来のダイコン栽培と同様な肥料設計で従来のダイコンと特に変える必要がなく、栽培しやすいのが特長です。収穫適期としては、温度上昇期ではタネまき後40日、低温期では50~60日が目安となります。
5.“ミニ”の特性を生かし、家庭菜園、ベランダ菜園用の品種としても好適
・・・青果物の長さが22~25cmと短いため深く耕す必要もなく、家庭菜園用にも適しており、30cm程度の深さがある大型コンテナを使えば、ベランダ等での栽培も可能です。

■ミニダイコン『ころ愛』作型図 

 

■種子価格
◆全国の種苗店ルート
20ml・1袋 約800粒入  1,491円(税込希望小売価格)
1袋    約150粒入   367円(税込希望小売価格)
◆当社通信販売ルート
1袋    約150粒入   367円(税込小売価格)   
               
■種子発売時期
2005年12月1日より発売開始

■青果物出荷時期
青果物は、2006年2月中旬より出荷が開始され、3月以降、本格的に市場に出回る予定。

■販売目標
全国種苗店ルート、当社通信販売ルート合計で 初年度3,100万円

※1とう立ち(抽だい):葉・根菜類の多くは、短い茎に多くの葉をつけ、それらは重なり合うロゼット状といわれる形態になる。このような植物をロゼット型植物といい、ダイコンもこの型の植物で12℃以下の低温に一定期間遭遇すると花芽分化し、花を抽出するために茎葉がよく成長し伸長する。このことをいう。
※2晩抽性:とう立ち(抽だい)が晩いこと

 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.