サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2005>
  4. “韓国野菜シリーズ”3品種の種子を発売

ニュースリリース|2005

2005年11月14日

キュウリ『韓国半白(はんじろ)きゅうり』、カボチャ『韓国かぼちゃ』、マクワウリ『金脈(きんみゃく)』
“韓国野菜シリーズ”3品種の種子を発売
従来のリーフレタス「チマサンチュ」、エゴマ「白エゴマ」「黒エゴマ」と合わせ5品目6品種を展開 


サカタのタネでは、“韓国野菜シリーズ”のF1新品種としてキュウリ『韓国半白きゅうり』、カボチャ『韓国かぼちゃ』、マクワウリ『金脈』の種子を2005年12月1日より発売を開始いたします。これにより、当社の“韓国野菜シリーズ”は、従来のリーフレタス「チマサンチュ」エゴマ「白エゴマ」「黒エゴマ」と合わせ5品目6品種と充実しました。

同シリーズの種子の販売は、当社通信販売部および当社オンラインショップを通じて行ない、税込小売価格は、『韓国半白きゅうり』が1袋約20粒入525円、『韓国かぼちゃ』が1袋約10粒入315円、『金脈』が1袋約10粒入525円となっています。新たに3品種が加わった韓国野菜シリーズ5品目6品種全体での初年度販売目標額は、1,000万円です。

  
 

写真は“韓国野菜シリーズ”の青果物
左からキュウリ『韓国半白きゅうり』、カボチャ『韓国かぼちゃ』、マクワウリ『金脈』 

近年、“野菜”のトレンドは、大きく3つに分類することができます。ひとつは、当社のような種苗会社が育種研究によって創り出す耐病性、機能性などを備えた新しい野菜や品種と、加賀野菜、京野菜など地域の食文化と深いつながりのある伝統的な地方品種、そして、チンゲンサイ、パクチョイなどの中国野菜などに代表される外国品種です。これら3つの分類にあって、特に外国品種に関し当社は、創業当初より海外に進出し、現在は世界19カ国34拠点でグローバルに種苗ビジネスを展開していることから、早くから日本国内へ様々な品種を紹介してきました。近年では、豊富に取り揃えた中国野菜が、通信販売などでも順調な売り上げの伸びを示すなど、外国品種の分野でも高い実績を持っています。

新たに3品種を追加した韓国野菜に関しては、当社の韓国にある子会社のサカタコリア(Sakata Korea Co.,Ltd.)とともに、今回、品種の選定をしました。日本では長年、焼肉が韓国料理の代表として親しまれていますが、昨今の韓流ブームも相まって海外旅行や韓国レストランなどで、一般の消費者の方々が焼肉以外の様々な本場の韓国料理に触れる機会も増え、同時に韓国野菜に対する関心が高まってきています。そこで、当社通信販売部では、焼肉に巻いて食べる「チマサンチュ」を1989年から、「エゴマ」は2002年からいずれも種子で当社通信販売ルートで発売し、好評なため、このたび新たに『韓国半白きゅうり』、『韓国かぼちゃ』、『金脈』の3品種を追加、“韓国野菜シリーズ”として積極的に販売することといたしました。

今回、新たに発売する3品種の概要は以下の通りです。

■F1キュウリ『韓国半白きゅうり』
…果皮の下半分が白いキュウリで、見た目からは想像がつかないほど香りが強く非常に美味。果肉がしっかりしていて独特の歯応えがあり、漬物はもちろん生でもろきゅうなどにしても美味しく食べられます。韓国では、オイキムチ(ソベギ)用によく利用され、また、このキュウリを千切りにして韓国焼酎を注ぎ、エメラルドグリーン色したオイ焼酎にして飲むという楽しみ方も一般的です。この『韓国半白きゅうり』は、主枝の各節に果実のつく節なりキュウリで栽培もしやすく、家庭菜園などにも好適な品種です。
播種時期:4月上旬から6月初旬  収穫時期:6月中旬から10月下旬
収穫目安:17~20cm。

■F1カボチャ『韓国かぼちゃ』
…ズッキーニのように若採りするカボチャで、外はサクッとした歯ざわりでも中はトロッとしてタネも柔らかいという独特の食感。韓国では、ナムルや天ぷらなどでよく食べられますが、味にクセがないため味噌汁や炒め物、スライスして焼くなど、韓国料理以外にも和洋中とアイデア次第で幅広く楽しめるかぼちゃです。栽培は、普通のカボチャのように地這いさせ、主枝に果実をつけさせます。
播種時期:2月下旬から4月下旬  収穫時期:5月初旬から8月上旬
収穫目安:300~800g

■F1マクワウリ『金脈』
…黄色と白の縦縞が美しく、シャキッとした口当たりで甘みも糖度12度前後とたっぷり。実が丈夫で作りやすいのも特長。青果物は450g程度になります。栽培は、主枝を摘芯し、側枝2、3本仕立にします。
播種時期:3月上旬から4月下旬  収穫時期:6月中旬から8月下旬
収穫目安:開花後35~40日。

当社では、今後ともグローバルな企業ネットワークを生かし、“韓国野菜シリーズ”をはじめ、中国野菜、西洋野菜など、新しい品種を日本の消費者の皆様に積極的にご紹介していく所存です。

■韓国野菜シリーズ・ラインナップと販売 

 品種名  販売単位  税込小売価格
 F1キュウリ『韓国半白きゅうり』  1袋 約20粒入  525円
 F1カボチャ『韓国かぼちゃ』  1袋 約10粒入  315円
 F1マクワウリ『金脈』  1袋 約10粒入  525円
 リーフレタス『チマサンチュ』  1袋 約1,000粒入  262円
 エゴマ『白エゴマ』  1袋 約1,500粒入  262円
 エゴマ『黒エゴマ』  1袋 約1,500粒入  262円

■種子発売時期 
2005年12月1日より発売開始

■販売ルート
サカタのタネ通信販売部 電話045-945-8824
サカタのタネ・オンラインショップ(http://sakata-netshop.com/shop/)

■販売目標
“韓国野菜シリーズ” 5品目6品種合計で 初年度1,000万円


 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.