サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2006>
  4. 新品種・辛みダイコン『辛吉(からよし)』の種子を発売

ニュースリリース|2006

2006年05月24日

 非常に辛みの強い短円筒形の使い切りタイプ 
新品種・辛みダイコン『辛吉(からよし)』の種子を発売
肉質が硬く、水分が少ないため、大根おろし、焼き魚やそばの薬味に好適
 

サカタのタネでは、非常に辛みが強く、短円筒形の使い切りタイプの辛みダイコンのF1新品種『辛吉』の種子を6月1日より発売を開始することになりました。『辛吉』は、肉質は硬く、水分が少ないため、大根おろし、焼き魚やソバの薬味などの用途に好適な新品種です。青果物は短円筒形のため握りやすくすりおろす際にも便利で、また、よく洗って皮ごとすりおろせば“激辛”の刺激が楽しめます。また、辛み成分の「イソチオシアネート」は、消化促進作用や、血栓防止、がん予防などの作用があることも報告されており機能性にも優れた品種です。辛みダイコン『辛吉』は、全国の種苗店ルートと当社通信販売部および同オンラインショップで販売し、いずれも価格(税込希望小売価格、当社通信販売部は税込小売価格)は、1袋3.0ml(約100粒)入り367円です。なお、各販売ルート合計での初年度販売目標額は1,000万円です。 



 

写真は、新品種・辛みダイコン『辛吉』の青果物 

辛みダイコン『辛吉』は、非常に辛みの強い短円筒形で、大根おろしの際に握りやすく、使い切りできる便利なサイズの品種です。タネまき後55~75日で根長15~20cm、根径5~6cmに成長し、生育のそろいも非常に優れています。栽培方法は、通常のダイコンと同様ですが、ダイコン特有の“ス”の入りが遅いことも特長です。

『辛吉』の辛み成分は、「イソチオシアネート」と呼ばれるもので、消化を促進する作用や、血栓を防ぎ、がんを予防する作用などがあることが報告されています。特に皮の部分に多く含まれているため、表皮をよく洗って皮ごとすりおろすと、刺激的な辛みが楽しめます。なお、辛みはおろしてから時間が経つにつれて揮発していきますので、すりおろしてすぐに食べることをおすすめします。

『辛吉』は、短円筒形という外観と、辛みが非常に強いというユニークを持っているため、特に個性的な野菜が好まれる直売所など、地産地消の市場で人気が高まると期待しています。

※:イソチオシアネートは、ダイコンの細胞中に含まれるその前駆物質グルコシノレートとミロシナーゼと呼ばれる酵素が、ダイコンをおろした際に細胞が壊れることにより混ざりあい、化学反応がおき生成される。イソチオシアネートは、揮発性のため、おろしてからしばらくおいておくと辛みが減少するので、食べる直前におろすと効率よく摂取できる。また、イソチオシアネートは、殺菌作用があり口腔内の炎症や消化促進、血栓やがんの予防作用なども報告されている。ちなみにイソチオシアネートは、ダイコンの部位によってその含量が異なり、皮や根の先端に近づくほどその量は多くなる。

■辛みダイコン『辛吉』の概要
◆特長
1.非常に辛みの強い短円筒形の辛みダイコン。握りやすく大根おろしがしやすい使い切りタイプ。
2.肉質は硬く水分が少ないため、大根おろし、焼き魚やソバなどの薬味として適する。
3.辛み成分イソチアシアネートは、消化促進のほか、血栓やがん予防などに効果があることが報告されるなど、機能性にも優れる。特に皮の部分に多く含まれているため、表皮をよく洗って皮ごとすりおろすと、刺激的な辛みが楽しめる。
4.生育のそろいもよく、ス入りも遅い。

◆辛みダイコン『辛吉』作型図 

 

タネまきは、温暖地~暖地の9月まき、高冷地~冷涼地での7月下旬~8月中旬まきに適します。条間5~30cm、株間25~30cm間隔で3粒ずつの点まきにします。本葉4枚ぐらいまでに間引いて1本立ちにします。タネまき後55~75日を目安に収穫します。

◆種子価格 
種苗店ルート:1袋3.0ml(約100粒入) 税込希望小売価格367円
当社通信販売部および同オンラインショップ:1袋3.0ml(約100粒入)   税込小売価格367円

◆種子発売時期 
2006年6月1日

◆販売目標 
初年度 1,000万円(2006年6月~2007年5月の1年間)

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.