サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2007>
  4. 環境にやさしい屋上緑化基盤材『エコカーペット』が選定される

ニュースリリース|2007

2007年10月22日

郵便事業株式会社の平成20年度・お年玉付き年賀はがきの賞品として
環境にやさしい屋上緑化基盤材『エコカーペット』が選定される
地球温暖化防止をテーマに新しく設定される賞品に環境にやさしい製品特長が認められ
 

サカタのタネの環境にやさしい屋上緑化基盤材『エコカーペット』が、このたび、郵便事業株式会社(本社:東京都千代田区)が販売する平成20年度・お年玉付き年賀はがきの賞品として選定されました。

『エコカーペット』は、基盤材の主原料に南九州に広く分布する火山灰土壌のシラスを焼成・発泡処理した「シラスバルーン」を使用し、基盤材設置のためのコンテナ部に再生PET樹脂を使用した環境にやさしい屋上緑化基盤材です。今回、当社の『エコカーペット』がお年玉付き年賀はがきの賞品に選定されたのは、郵便事業株式会社が展開する「カーボンオフセット年賀(別紙参照)」のコンセプトに合致したことによるものです。『エコカーペット』は、地球温暖化防止をテーマに設定されたC組限定賞(カーボンオフセット年賀限定)のなかの「家庭園芸セット」(ほかに「自転車通勤セット」「ダンボール家具セット」の計3種)に含まれ、『エコカーペット』16枚と株式会社国際環境デザイン協会の商品「庭がなくても作れるちいさな畑」がセットになってプレゼントされます。なお、お年玉付き年賀はがきの抽選は2008年1月27日に行なわれ、「家庭園芸セット」の発送は『エコカーペット』の芝生が緑に育つ4月からの予定です。


写真は平成20年度・お年玉付き年賀はがきの賞品に選定された屋上緑化基盤材『エコカーペット』

従来、屋上緑化には厚さ5cmほどの薄層で軽量な屋上緑化基盤材が、建築物の加重軽減の目的で多用されています。しかし、薄層の基盤材はその薄さから、土壌容量が十分確保できず植物の生育に不向きなため、植栽できる植物の多くはコケやセダム類※1などに限られ、最低限の緑化は実現しても景観面では大きな課題がありました。

これに対し、『エコカーペット』は、種苗会社ならではのノウハウを駆使し、植物の生育に好適な資材を採用することで建築物への負担が小さい軽量・薄層タイプでありながら、芝生をはじめとするさまざまな植物の植栽を可能にした画期的な屋上緑化基盤材です。

基盤材の主原料に土砂災害などを引き起こすことで厄介視され、鹿児島県を中心に南九州に広く分布する火山灰土壌のシラスを焼成・発泡処理した「シラスバルーン」※2を、基盤材を設置するためのコンテナ部に繊維以外には主に利用困難であった再生PET樹脂を採用し、環境に配慮した製品となっています。

形状は厚さ5cm、30cm四方のコンテナ状のユニットで、出荷時に芝生は植栽済みとなっているため、施工は各ユニットを並べ、ジョイントをビス止めするだけととても簡単です。また、保水性も高く、10日間程度雨が降らなくても無かん水で管理が可能です。コンテナ底面は根が張り出しにくい構造のため、養生コンクリート上では防根シート敷設も基本的に不要です。また土壌が漏れ出すことも少ないので、排水口に詰まる心配もありません。さらに、土壌主原料の「シラスバルーン」自体の特性により、建物内部の冷暖房効果を高める断熱効果もあるとともに難燃性で防災特性にも優れています。

『エコカーペット』の最大のポイントである土壌は、「シラスバルーン」をベースにしながら、微生物分解肥料や鹿児島特産のイモ焼酎かすの発酵物、感温性保水ポリマー(ある一定温度以上になると水分を放出する特性を持つ)などを最適のバランスで配合することで、屋上緑化という限られた環境下にあっても植物が生育しやすい土壌環境を実現しています。

また、ユニット形状のためビルの屋上緑化など大規模な施工から一般のご家庭のテラス、ベランダなど、設置場所を選ばず対応用途が幅広いのも特長です。このような環境に配慮した製品特性が高く評価され、地球温暖化防止をテーマに新しく設定された郵便事業株式会社の平成20年度・お年玉付き年賀はがきの賞品として当社の『エコカーペット』が選定されました。なお、今回の賞品に選定された『エコカーペット』の芝の種類は、日本全国で栽培が可能なノシバ(野芝)になっています。

※1 セダム類:
ベンケイソウ科に属す乾燥に強い多肉植物。

※2 シラス:
火山噴火による噴出物(ガラス質火山灰)。完全無機質粉状の物質で、南九州だけの埋蔵量だけでも90キロ立方メートルといわれる。これが堆積してできたシラス台地は、地盤が弱いため台風や豪雨等の際には地滑りや土石流など、災害をもたらすことでも知られている。「シラスバルーン」は、シラスを高温処理することで、粒子が発泡し微細な中空バルーンとなったもので、軽量かつ保水性に優れる。

■ご参考:「カーボンオフセット年賀」について
「カーボンオフセット」とは、自らの努力だけではどうしても削減しきれないCO2などの温室効果ガスを、地球温暖化防止を推進する世界各地のクリーンエネルギー事業などを支援し、CO2を削減することにより打ち消す(Offset)仕組みのことです。

この「カーボンオフセット」の仕組みを、年賀はがきという日本で最大規模のコミュニケーションツールに取り入れ、全国の津々浦々の方々が個人レベルで京都議定書に定められた日本の温室効果ガス排出削減目標である「マイナス6%」に貢献できるのが「カーボンオフセット年賀」です。「カーボンオフセット年賀」は、「カーボンオフセット」という考え方と、「年賀はがき」を組み合わせることで、送る側は1枚に付き5円の寄付で「マイナス6%」に貢献でき※3、受け取る側も京都議定書で定められた第一約束期間の開始となる年頭に、温室効果ガス削減を啓発するメッセージを受け取るという、双方にとっての有益なコミュニケーションツールとしての役割を備えた年賀はがきです。

※3 「カーボンオフセット年賀」は、年賀葉書の製作や配達によって排出される温室効果ガスをオフセットするものではありません。日本全体の温室効果ガス削減目標である「マイナス6%」に貢献するものです。

■屋上緑化基盤材『エコカーペット』の概要
◆製品特長
1.環境やさしい原材料を使用
…基盤材には南九州に広く分布し、土砂災害などの原因になる火山灰のシラスを焼成・発泡させた「シラスバルーン」を、繊維以外には利用困難であった再生PET樹脂をコンテナ部に使用。

2.厚さ5cmの薄層タイプで軽量
…「シラスバルーン」は多孔質なため極めて軽量で、1平方メートル当たりの湿潤時加重は約60kg程度。

3.トップクラスの保水性
…感温性保水ポリマーを使用することで、10日間程度、雨が降らなくても無かん水での管理が可能。

4.抜群の肥効持続性と基盤内の環境を好適な状態で保つ
…植物体の根が分泌する有機酸により少しずつ溶け出す根酸溶解肥料により肥料分が半年程度持続し、根圏に分布する善玉の土壌微生物(有効微生物)を効率よく増殖させる根圏溶出型肥料により基盤材の環境を好適な状態に保つ。

5.薄層タイプの基盤材でありながら、美しい芝生の屋上緑化を実現
…多孔質なため通水、通気性に優れた「シラスバルーン」、保水性に優れた感温性保水ポリマー、さらに、当社独自の微生物土壌改良材や根圏溶出型肥料および根酸溶解肥料を配合することで、厚さ5cmの薄層タイプながら、植物が生育しやすい土壌環境を創出。これにより広範な種類の植物の栽培を可能にし、今まで栽培が難しかった薄層タイプの基盤材での芝生の栽培ができるようになった。

6.基盤材の減量が小さい
…主原料の「シラスバルーン」は、無機物質のためそのもの自体は変化しにくく、経時による基盤材の減量がほとんどない。

7.施工が極めて容易で、防根シートも不要
…設置はコンテナを並べビス止めをし、必要に応じてワイヤーで固定する。またコンテナ底面は根が張り出しにくい構造のため設置床面が傷みにくく、養生コンクリート上では防根シート敷設も基本的に不要でコスト減につながる。

8. 断熱性、難燃性に優れる
…空気層を多く含む「シラスバルーン」自体の特性により、ビル内部の冷暖房効果を高める断熱効果や防災につながる難燃性にも非常に優れる。

9.排水口などの詰まりが起きにくい。
…コンテナから土壌が漏れ出しにくいので、排水口などの詰まりが起きにくい。

◆製品仕様
製品名:屋上緑化基盤材『エコカーペット』
植栽の種類:芝生(ノシバ・コウライシバ)
大きさ:1ユニット 厚5cm×縦30cm×横30cm
重 量:約5~6kg/ユニット ※最大含水時
原材料:
基盤材=
シラスバルーン
バイオAソフト(微生物土壌改良材)
根圏溶出型肥料
根酸溶解肥料
イモ焼酎粕発酵物
感温性保水ポリマー
コンテナ=再生PET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂

◆価格(税込希望小売価格)
ノシバ(野芝)栽培適地:全国  6ユニット1セット11,970円
コウライシバ(高麗芝)栽培適地:暖地・温暖地  6ユニット1セット11,340円
※送料別

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.