サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2008>
  4. オランダの種苗会社・バリノバ社の鉢物ガーベラ育種部門を買収

ニュースリリース|2008

2008年06月09日

オランダの種苗会社・バリノバ社の鉢物ガーベラ育種部門を買収
世界No.1の販売シェアを持つ鉢物用ガーべラ市場での地位をより強固に
 

サカタのタネは、このたび当社のヨーロッパ現地法人ヨーロピアン・サカタ・ホールディング(European Sakata Holding S.A.S.、所在地:フランス・ニーム、社長:Alain Sicard アラン シカール)を通じ、オランダの種苗会社・バリノバ社(VARINOVA B.V. 、所在地:オランダ ベンコル エン ローデンレイス、社長:バート・ガイヤー Bart Kuijer)との間で、7月1日付にてサカタのタネがバリノバ社の持つ鉢物ガーベラの育種部門を買収することで合意しました。これにより、サカタのタネが世界No.1の販売シェアを持つ『鉢物用ガーベラ』の市場における地位がより強固なものになります。正式譲渡は2008年7月1日の予定です。


バリノバ社のロゴマーク

鉢物用ガーベラは、鉢物のみならず花壇などにも広く使われる草花です。全世界で多くの鉢物が流通し、当社は「フェスティバル」シリーズを有しています。今回の買収合意により当社の鉢物ガーベラに加えられるバリノバ社の鉢物ガーベラの「カメレオ」と「デュロラ」の両シリーズは、「フェスティバル」シリーズにはないマイクロサイズ(極小輪)で小鉢栽培と密植栽培に向き、特に「デュロラ」は90%以上の効率で八重の花が咲くのが特長です。これにより、鉢物ガーベラ市場で世界をリードする当社の地位はより確固たるものになります。

また、品種とともにバリノバ社のガーベラ育種資源と育種ノウハウが加わります。今後、鉢物ガーベラの新品種開発を積極的に推進し、当社の取引先や消費者にとって有益となる相乗効果を狙います。

■バリノバ社(VARINOVA B.V.)の概略
バリノバ株式会社は、デルイター社のシクラメン育種部門がマネージングバイアウトにより2000年に創立された。 鉢物ガーベラとシクラメンの育種・種子生産・種子販売を専門とし、画期的な草花の開発に注力している企業。 www.varinova.com

所在地:オランダ、ベンコル・エン・ローデンレイス Noordersingel 58-b 2651 LW Berkel en Rodenrijs the Netherlands
設立:2000年7月
従業員:10名
事業内容:花の種子の育種、生産、販売
代 表 者:社長:バート・ガイヤー(Bart Kuijer)

■バリノバ社の鉢物用ガーベラの主要品種
鉢物用ガーベラ(Gerbera)は、室内での観賞用に切り花用ガーべラ品種から改良されたわい性で大輪の鉢物用品種。特に花立ちが多く、葉も鉢物用に適するよう改良がされています。赤、黄、ピンク、オレンジ、ローズ、パステル調など花色も豊富で、一重のほかに八重咲き種もあります。「カメレオ」シリーズは5~9cmポットのサイズで栽培でき、マイクロサイズ(約5cm)の花が多く咲く特長。ご家庭の卓上、デスクの上、寄せ鉢などに使える商材です。「デュロラ」シリーズは、9~11cmポットサイズで栽培でき、ミニサイズ(約7cm)の八重の花が咲く株が90%以上と効率で栽培できる特長があり、その八重の花の美しさはもちろんのこと、八重の花の構造上、たいへん花もちがよく、生産者、生花店、花を楽しむ方に望まれる特性を有しております。


主力シリーズ:「Kameleo(カメレオ)」

 

主力シリーズ:「Durora(デュロラ)」

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.