サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2005>
  4. 人気野菜ミズナ(水菜)の新品種『水天(すいてん)』と『早生(わせ)水天(すいてん)』の種子を発売

ニュースリリース|2005

2005年05月18日

1株あたりの葉枚数が多く収量性に優れ、葉軸(葉柄)も極細・純白で食味がよく市場性が高い
人気野菜ミズナ(水菜)の新品種『水天(すいてん)』と『早生(わせ)水天(すいてん)』の種子を発売
収穫作業に多くの労力を費やすミズナ栽培において
生育速度やそろいの特性が異なる2品種をそろえ栽培規模に応じた効率のよい出荷を実現  

 
サカタのタネではミズナの新品種『水天』『早生水天』2種の種子を2005年6月1日より発売開始いたします。1株あたりの葉の枚数が多く収量性に優れ、葉軸(葉柄)が極細で純白、しかも食味もよく市場性が高いF1品種の『早生水天』は、『水天』に比べ約5日程度生育スピードが速く、そろいが非常に優れているため、特に一斉収穫が求められる大規模営利栽培に好適なタイプです。栽培上、収穫作業に多くの労力を費やすミズナ栽培において生育度合いの異なる2品種をラインナップすることにより、生産規模や出荷計画に応じた効率のよい高生産性を実現しました。価格(税込希望小売価格)は、2デシリットル入りで『水天』が1,585円、『早生水天』が5,775円、20ミリリットル入りで『水天』が231円、『早生水天』が619円で、初年度販売目標額は、3,000万円です。  


 

写真は『水天』(上)『早生水天』(下)の青果物 

ミズナは、アブラナ科の葉菜で、別名“キョウナ(京菜)”とも呼ばれるように、京都で古くから栽培され、漬物や鍋物などに関西を中心に親しまれてきました。最近では、独特のシャキシャキとした食感とくせの少なさがうけ、和洋中を問わず幅広い料理に合うことから、家庭の食卓はもとより、外食メニューやお惣菜売り場での定番野菜として全国に広まり周年で出回るようになりました。

また、ミズナは、栄養的にも優れ、ミネラルではカルシウム、リン、鉄などが、ビタミン類ではビタミンA・C・Eと葉酸が豊富に含まれる健康野菜でもあります。

近年、ミズナが幅広く普及するに至った大きな要因は、なんと言ってもミズナをサラダ用食材として生食で食べるようになったことです。このような消費者のサラダ需要に対する嗜好の変化に対し、市場は、ミズナに対して、水分が多く純白で極細な葉軸(葉柄)を持ち、しかも、スジっぽくなく歯切れがよいといった食味のよさが求めるようになりました。

市場のミズナ需要の変化に対し生産現場も従来品種による大株での収穫ではなく、密植栽培による小株収穫が主流になりました。これは、大株収穫用品種の持つ横開きの草姿では、密植栽培した場合、葉と葉が絡み収穫時に手間がかかり、青果物も傷みやすいため、生産性が著しく低いことがありました。それに対し、葉が地面に対しより垂直方向に立ついわゆる立性で小株な品種は、密植栽培に向き、フィルム包装による出荷がしやすいといった生産性の面で大きな利点があります。その上で、小株品種には、小株収穫でも収量性の高い分枝性に優れた特長が併せて求められています。

さらに、収穫作業に労力の多くを費やすミズナ栽培にとって営利栽培の規模や出荷計画に応じた効率のよい生産計画が必要となります。そのため、生育スピードやそろいなどが異なる品種のラインナップさせることが求められてきました。つまり、大規模営利栽培用には、一斉に収穫でき少しでも収穫期が早い、いわゆる早生品種が求められます。これは、播種時期をずらしながら、収穫適期の株を一斉に収穫し計画的に出荷する必要があるためです。
これに対し、営利栽培でも収穫作業の労力が限られる場合や適時収穫して利用する家庭菜園などでは、一斉に収穫するのではなく、収穫適期にある程度の幅がありゆっくり収穫できる晩生品種が求められています。

今回、当社が発売するミズナの新品種『水天』『早生水天』は、消費者が求める葉軸が純白で極細という高品質と、生産者が求める収量性や高い生産性を両立させる品種で、以下の特長を持っています。
 
1. 品質がよく食味に優れ、市場性が高い
…葉は鮮緑色で細く、葉軸(葉柄)は純白な極細で、水分が多く食味もよく、サラダなどの生食に好適で、市場性が高い。
2. 収量性が高い
…株張りがよく、1株あたりの葉枚数が多いため、小株出荷用に好適。
3. 効率のよい高生産性を実現
…晩生品種の『水天』に加え、生育スピード(収穫のための株全体のまとまり)が早い早生で、そろいのよさが抜群のF1品種の『早生水天』の2品種をラインナップしたことにより、生産規模や出荷計画に応じた効率のよい高生産性を実現。 
  
■『水天』『早生水天』作型図
◆『水天』  


◆『早生水天』  


※トンネル:保温や鳥害予防等を目的にビニールでトンネル状に覆う栽培方法
 
■種子価格 

  水 天 早生水天
2デシリットル缶
1,585円
5,775円
20ミリリットル袋
231円
619円

※いずれも税込希望小売価格
 
■種子発売時期
2005年6月1日より発売開始

■青果出荷時期
2005年7月上旬より主要青果市場へ出荷開始出荷が開始され、10月以降本格出荷 

■販売目標
初年度 3,000万円 
 
 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.