サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2010>
  4. ニーハイタイプのキンギョソウF1品種『スピーディーソネット』シリーズを開発、種子と苗を発売

ニュースリリース|2010

2010年11月11日

花苗の流通品目が少ない3月から出荷可能な、ニーハイ(ひざ丈)タイプのキンギョソウF1品種
『スピーディーソネット』シリーズを開発、種子と苗を発売
イエロー、ピンク、ホワイト、クリムソン(濃赤色)の4色4品種

サカタのタネは、ニーハイ(ひざ丈)タイプのキンギョソウのF1新品種『スピーディーソネット』シリーズを開発し、全国のJA・種苗店を通じて2010年11月23日から苗を、2011年4月30日から種子を、生産者向けに発売します。『スピーディーソネット』シリーズは、短日開花性に優れることから、春出荷では、既存の「ソネット」シリーズより栽培期間が最長で約1か月短く、花苗が品薄の3月中旬から出荷できます。草丈の低い品目が多いなか、当社では、花壇を立体的に仕立てられる同品種を花市場の活性化を担う戦略品種として位置づけています。ラインアップは、イエロー、ピンク、ホワイト、クリムソンの4色4品種です。『スピーディーソネット』シリーズの税込み希望小売価格は、各品種ともプラントプラグ※2は406穴セルトレー5,292円(360本保証) 、ペレットシード※1 1袋1,000粒入り4,200円です。花苗は、2011年4月以降に順次市場へ出荷される予定です。3年後(2013年)のニーハイタイプのキンギョソウ全体の売上目標金額は1,500万円です。


 

写真はキンギョソウ『スピーディーソネット』シリーズ(左から、イエロー、ピンク、クリムソン、ホワイト) 

キンギョソウ(金魚草:学名Antirrhinum majus)は、地中海沿岸原産のゴマノハグサ科(近年のAPG植物分類ではオオバコ科)キンギョソウ属の植物です。名前のとおりキンギョの形に似た愛らしい花が特徴で、英名はスナップドラゴン(竜の口)、属名のAntirrhinum はラテン語で「鼻」を意味し、いずれも語源は特異な花の形からきています。キンギョソウには、切り花用の高性品種や、花壇や鉢植え用の中高性品種(ニーハイタイプ)、わい性品種などがあり、花弁の形や花色にもさまざまなバリエーションがあります。なかでも、花壇・鉢植え用キンギョソウの市場取扱ポット数は、上位300位のうち14位※3で安定した人気があります。

当社では、ひざの高さまで成長するニーハイタイプのキンギョソウのラインアップとして、1987年から「ソネット」シリーズをアメリカやヨーロッパなどで販売しています。同シリーズは、従来品種に比べて茎がかたく、株をしっかりと支えることができることや、花穂が大きくボリューム感のある点が高く評価され、発売から20年以上経った現在も一般家庭用や公共用の花壇材料として広く使われています。一方、国内では、1988年から同シリーズを販売していますが、海外とは対照的に知名度は低く、花壇・鉢植え用キンギョソウのなかでのニーハイタイプのマーケットシェアは約5%※4しかありません。

『スピーディーソネット』シリーズは、既存の「ソネット」シリーズよりも短日期の開花が最長で約1か月早いので、花苗の流通が少ない3月中旬から出荷できます。これまでにも3月に出荷可能なニーハイタイプのキンギョソウはありましたが、早生性を追求するあまり、茎が弱く倒れやすいことが課題とされていました。『スピーディーソネット』シリーズは、短日開花性に優れ、茎はかたく、分枝性がよく、草丈はしっかりとれ、大きな花穂を保つことから、バリエーションの少ない早春から梅雨入りまでの花壇を豪華に彩る画期的な品種です(秋出荷の場合は、9月下旬~12月に開花し厳冬期を挟んで春から再び咲き始める)。

なお、『スピーディーソネット』シリーズの分枝をより旺盛にするためには、根量が多くなるよう栽培することが大切です。そのことから、花苗生産者に対して深鉢での花苗出荷を推奨していきます(直径10.5cmポットの標準の高さは9cm、容量は570cc、推奨する深鉢の規格は、高さ12cm、容量は810cc)。このような花苗を一般家庭の花壇などで植えつけることで、草丈45cm前後に成長した時点で切り花にしても、側枝が次々と分枝して開花することから、長期間キンギョソウを楽しむことができます。

『スピーディーソネット』シリーズの花色は、『同 イエロー』が明るくさわやかな黄色、『同 ピンク』が鮮やかな桃色、『同 ホワイト』が純白色、『同 クリムソン』が発色のよい濃い赤色の4色です。

『スピーディーソネット』シリーズの発売により、既存の「ソネット」シリーズとのリレー出荷で、3月中旬~6月中旬、9月下旬~11月中旬の長期にわたりニーハイタイプのキンギョソウの出荷が可能となります。パンジー、プリムラなど草丈の低い品目が多いなか、当社では、狭いスペースでも立体的に豪華な花壇に仕立てられる両シリーズを花市場の活性化を担う戦略品種として位置づけています。『スピーディーソネット』シリーズの発売と「ソネット」シリーズの拡販により、現在約5%しかないニーハイタイプのマーケットシェアを、3年後の2013年には20%にまで引き上げることを目標としています。

当社では、今年4月にクリーピングタイプ※5の花壇苗用キンギョソウ「ポッピンキャンディー」シリーズ、8月にはペンステモン※6咲きの切り花用キンギョソウ「ファルファレ」シリーズを発表するなど、キンギョソウのラインアップを次々と拡充しています。花色が色鮮やかでボリューム感のあるキンギョソウの魅力を通じて、今後も花市場の活性化を図っていきます。

※1 ペレットシード(pelleted seed):
コーティング種子ともいう。細かな種子や形が不ぞろいな種子を、粘土など自然に溶ける被覆資材で包んだもの。粒
子を大きく均一にしてあるので、播種機でまきやすくなる。

※2 プラントプラグ苗:
育苗用セル成型培養土「プレフォーマ*・プラントプラグ」(以下「プラントプラグ」)を使用した花と野菜の生産者向け苗。「プラントプラグ」は、ピートモスとココヤシ繊維を混合した培地をトレー内で固化・成型させたもの。 (1)トレーからの抜き取りが簡単で、移植作業の大幅な省力化が可能 (2)根づまりが起こりにくく、根の活力がたいへん旺盛なため、スムーズな活着、健全な生育を実現 (3)若苗での移植ができ、苗本来のパフォーマンスを最大限に引き出せる、などの特長がある。
*「プレフォーマ」はジフィー プロダクツ インターナショナル社の登録商標です。

※3 :出典元「2009年における花き品種別流通動向分析調査」

※4 :財団法人日本花普及センターのデータから算出。

※5 クリーピング(ほふく)タイプ:
茎や枝がカーペットのように地表にはうように生育する性質。花壇、寄せ植え、ハンギングバスケットなどに向く。

※6 ペンステモン:
ペンステモンとは本来、ゴマノハグサ科(近年のAPG植物分類ではオオバコ科)の園芸植物で、花色や、花の大きさなどバリエーションが豊富で、花形は釣り鐘を上向きにしたようなものが一般的。ヨーロッパで広く栽培されているが、蒸し暑い気候に弱く日本ではあまり栽培されないためなじみのない花。

■キンギョソウ『スピーディーソネット』シリーズの概要

◆特  長

①短日開花性に優れるニーハイ(ひざ丈)タイプのキンギョソウ。
②株張りがよく、分枝性があり、茎がかたく、ボリューム感のある花穂ができる。
③草丈45cm前後で、スペースの限られた花壇を立体的に仕立てられる。
④花壇で育てたものを切り花にすることもでき、分枝が旺盛なため、主枝の花を採った後も側枝が再び開花する。

◆ラインアップ  (4色4品種)
 

品 種 特 徴
イエロー 明るく爽やかな黄色。
ピンク  鮮やかな桃色。
ホワイト 純白色。
クリムソン 発色のよい濃い赤色。

◆栽培のポイント

①比較的暑さや寒さに強い一年草。秋のタネまきが基本。夏まき栽培では高温期育苗となるため気温を下げる工夫が必要となる。低温期の栽培では加温室で栽培管理し、最低温度(ボイラー設定温度)は10℃前後とする。

②1週間程度で出芽する。発芽後は水を控え、徒長や立枯病などの病気を避け、日あたりのよい環境で管理する。育苗中は水やりの代わりに適宜規定の倍率に希釈した液肥を施す。高温、過湿は生育が極端にわるくなり病気の発生を引き起こすので注意する。

③培養土、または消毒済み用土に土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性がよく活性力のある配合土を使用する。

④ポットが小さいと分枝性がわるくなるので、深鉢に定植する。定植後は温度、水やり、株間などでコントロールし徒長を防ぐ。

⑤全栽培期間を通しアブラムシ、スリップス、オンシツコナジラミに注意する。

◆作型図 
 

※ 生産者の方が出荷するための作型です。

◆販売価格(税込み希望小売価格)  

各品種とも、
プラントプラグ苗  406穴セルトレー(360本保証) 5,292円
ペレットシード        1,000粒                         4,200円

※営利以外の一般向けプラントプラグⓇ苗、ペレットシードの販売は未定

◆発売時期

全国のJA・種苗店を通じ、
プラントプラグ苗は、2010年11月23日に受注開始、順次出荷。
ペレットシードは、2011年4月30日に受注開始、同年6月1日から出荷。

◆花苗出荷開始時期

2011年4月(2012年以降は3月中旬)ごろから本格的に市場へ出荷され、全国の園芸店、ホームセンターなどで販売される予定。

◆3年後の販売目標   

ニーハイタイプのキンギョソウ『スピーディーソネット』シリーズと「ソネット」シリーズの合計で1,500万円
(2013年1月~12月の1か年)

◆当社キンギョソウ取扱品種一覧

花壇、鉢植え用・わい性品種(クリーピングタイプも含む)

シリーズ名 草丈(cm) 特 徴
フローラルシャワー  約20  暑さ、寒さに強い四季咲き性品種。花期が長い。
フローラルカーペット 約25 春~初夏の花つきポット苗出荷に好適。
ポッピンキャンディー 10~15 草幅40~50cmにもなるクリーピングタイプ。

花壇、鉢植え用・中高性品種(ニーハイタイプ)

シリーズ名 草丈(cm) 特 徴
ソネット 約45  分枝性があり、花穂が大きく見栄えのする品種。
スピーディーソネット  約45 短日開花性に優れ、「ソネット」シリーズより約1か月早い3月中旬からの花苗出荷が可能。

切り花用・高性品種

シリーズ名  草丈(cm)  特 徴
アスリート 70~130  早生性、茎伸長性に優れ、採花後の開花も早い。
メリーランド  70~130  切り花用キンギョソウの定番品種。花色も豊富。
サカタのタネ育成切り花用 70~130 周年栽培が可能。茎が丈夫で花穂が大きい。
リリアン 70~130  小輪ペンステモン咲き品種。花もちがよい。
トールバタフライ 60~130  ペンステモン咲き品種。茎が丈夫。
ファルファレ 70~130  花色が鮮明な大輪ペンステモン咲き品種。

 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.