サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2011>
  4. 高級志向の球根ブランド『BellFlow(ベルフロウ)』2011年春の新商品2品目11品種を発売

ニュースリリース|2011

2011年01月17日

(株)サカタのタネと(株)花の大和の共同開発による、高級志向の球根ブランド
『BellFlow(ベルフロウ)』2011年春の新商品2品目11品種を発売
ポットと土がセットされているのですぐに栽培でき、ギフト用としても好適

株式会社サカタのタネ(社長:坂田宏、本社:横浜市都筑区、以下サカタのタネ)と株式会社花の大和(社長:吉田明史氏、本社:奈良県天理市、以下花の大和)は、高級志向の球根ブランド『BellFlow(ベルフロウ)』を2010年秋から展開しています。そして、2011年春の新商品として、一つの球根からさまざま色合いの花が咲くダリア『夢色ダリア』5品種と、球根から育てられる観葉植物であるカラジューム『ハートフルカラジューム』6品種の合計11品種を発売します。昨年秋に販売したラナンキュラス「カクテルラナンキュラス」は、ジフィーポット(そのまま植えられる鉢)と土つきですぐに栽培が始められる手軽さが受け、同ブランドで一番の人気商品となっています。今回は、夏の花の定番であり品種数が豊富なダリアと、観葉植物のなかでも人気があり、球根植物で比較的栽培が簡単なカラジュームをラインアップしています。『夢色ダリア』は2011年1月下旬から、『ハートフルカラジューム』は同年3月中旬から園芸店、種苗店を通じて販売します。1球1セットの税込み希望小売価格は、『夢色ダリア』が各600円、『ハートフルカラジューム』が各500円です。

写真は『BellFlow』2011年春の新商品『夢色ダリア 富雅』(イメージ)

サカタのタネと花の大和は、2010年秋から「美しく咲く花を厳選して提供していく」をコンセプトに、球根の新しい価値を創造するブランド『BellFlow』を展開しています。初回の2010年秋は、ラナンキュラス「カクテルラナンキュラス」やアマリリス「ポットアマリリス」など4品目を販売しました。ラナンキュラス「カクテルラナンキュラス」は、天然素材からできたジフィーポット(そのまま植えられる鉢)と土に球根がセットされた商品です。ポットと土が付いていることですぐに栽培を始められ、育てた苗はポットを外さずに一回り大きなポットにそのまま植えつけられるので根傷みしにくく、使用している球根も希少性があり高品質なため、同ブランドのなかで一番の人気商品となっています。そのことから、2011年春の新商品は、夏の花の定番であり品種数が豊富なダリアと、涼しげで大きな葉が特徴のカラジュームの2品目を、いずれも同仕様で販売します。両品目とも、ほかの球根植物と比べて発芽適温が高く、春に室外で球根を植えつけると温度が足りず発芽しないことがあるため、とくに初期成育時は室内の栽培に向いています。

ダリア『夢色ダリア』は、3~4万品種あるダリアの品種のなかでも、一つの球根からいろいろな色合いの花を咲かせる珍しい品種(5品種)を取り上げています。また、品種によって、球形の「ポンポン咲き」や、花弁の先がとがったものなど、花形もさまざまです。切り戻しをするとわき芽から次々と花を咲かせるので、花壇やプランターだけでなく切り花としてもおすすめです。『夢色ダリア』の商品名は、一つの球根から多様な花色が楽しめるという特徴から「夢が広がる」という意味をこめて命名したものです。

カラジューム『ハートフルカラジューム』は、「球根から観葉植物を育てる」という楽しみ方を提案する商品で、ホワイト、ピンク、レッドなどバラエティーに富む6品種をラインアップしています。観葉植物は、庭のない家庭でも室内で手軽に緑が楽しめることから、世代を問わず親しまれていますが、そのほとんどが挿し木や株分けで増やす種類のものです。カラジュームは、園芸初心者でも簡単に栽培できる数少ない球根観葉植物の一つです。鉢植えのまま利用するだけでなく、切り葉にしてほかの植物と合わせてフラワーアレンジに利用すると、メインの花がよりいっそう引き立ちます。『ハートフルカラジューム』の商品名は、大きく広がるハート形の葉が温かみを感じさせることから命名したものです。

球根ブランド『BellFlow』は、今後も毎年春と秋の年2回、ラインアップの追加や見直しを図りながら販売していきます。サカタのタネと花の大和では、『BellFlow』の販売展開を通じて近年下降傾向となっている球根市場を活性化すべく、積極的に拡販に取り組んでいきます。

■球根ブランド「BellFlow」・2011年春の新商品の概要

◆ダリア『夢色ダリア』5品種:各600円(税込み希望小売価格)
・一つの球根からいろいろな色合いの花を咲かせる。
・品種によって、球形の「ポンポン咲き」、花びらの先がとがったものなど咲き方が多彩。
・切り戻しを行うとわき芽から次々と花を咲かせ、6~10月の長期間楽しめる。
・花壇やコンテナだけでなく、切り花にもおすすめ。
・草丈:100~150cm
・形態:10cmジフィーポット、土(ピートモス)約200mlに1球入り 
・生産地:日本(兵庫)
・出荷時期:2011年1月下旬~

ラインアップ  (5品種) 

品種名 特 徴
富雅(ふうが)  ピンク、ホワイト、イエローの花弁が混ざったとても珍しい品種。同じ品種とは思えないさまざまな色の花が咲く。
染玉(そめだま) 淡いピンクや鮮やかな赤色など、幾通りもの花色が楽しめる球形のポンポン咲き品種。
夕陽  まるで秋の夕日のような美しい花色。イエローからオレンジのグラデーションが楽しめる。
雪の舞  イエロー地にホワイトの花びらが不規則に入り、まるで雪が舞っているかのような花色が魅力。
花笠乙女 長めの花びらが幾重にもなるとても豪華な花姿。コントラストが艶やかな紅白の花色。

◆カラジューム『ハートフルカラジューム』6品種:各500円(税込み希望小売価格)
・ホワイト、ピンク、レッドなど、バラエティーに富む葉色と、温かみのある大きく開いたハート形の葉が特徴。
・草丈:30~40cm
・形態:10cmジフィーポット、土(ピートモス)約200mlに1球入り
・生産地:インド
・出荷時期:2011年3月中旬~

ラインアップ (6品種) 

品種名 特 徴
アーロン ホワイトの葉にグリーンの縁どりが特徴的。
キャンディダム 透き通るような葉にグリーンの葉脈が際立つ。
ファイヤーチーフ 熱帯アマゾンを連想させるエキゾチックな雰囲気が魅力。
ファニーマンソン 燃え上がる炎のような赤とグリーンのコントラストが鮮やか。
フレイダ ヘンプル やさしい色合いが人気の品種。
ホワイト クイーン 変化に富んだ葉色にシャープな赤い葉脈が個性的。

■『BellFlow』ブランドについて

近年、国内における球根市場を取り巻く状況は厳しく、1995年に小売価格で推定約350億円あった市場規模が年々減少し、2010年には15年前と比べ150億円以上も落ち込んでいます。 

その理由としては、88年に始まった球根の隔離検疫代替制度※1による価格の大幅な下落、それに伴う国内球根生産農家の減少、91年のバブル崩壊と99年以降のガーデニングブームの沈静化など、さまざまな要因があげられます。このような市場の減退に伴い、サカタのタネ、花の大和の両社においても球根関連の売上高は徐々に減少し続けてきました。

そのような状況のなか、サカタのタネと、球根の取扱量でトップクラスの実績をもつ花の大和は球根小売事業における業務提携を2007年9月に締結し、球根の仕入および、加工業務の一元化を進め、コスト低減をはじめとした効率化を図ってきました。業務提携により2社の取扱量を合わせると国内球根小売市場のトップシェアとなりましたが、リーマンショック以降の経済情勢の悪化で花き市場の規模は縮小を続け、球根事業も全体の売上高、小売単価ともに下落傾向に陥っており、市場環境は引き続き厳しい状況です。

サカタのタネと花の大和では、経済情勢の影響を受けにくい高級志向の需要層をターゲットにした球根ビジネス展開を検討し、ターゲットに合致する品目、品種の選定や、パッケージなど商品開発を共同で実施しました。そこで、2010年秋「美しく咲く花を厳選して提供していく」をコンセプトに立ち上げたのが、球根の新しい価値を創造するブランド『BellFlow』です。ブランド名の『BellFlow』は、フランス語のBell(美しい)と英語のFlower(花)を組み合わせた造語です。

『BellFlow』は、ギフト用としても利用できる付加価値の高い商品として希少性がある高品質の球根を提供し、栽培の失敗を防ぎ十分に花の美しさを楽しめるよう品種の特性に合わせたセット内容にするなどさまざまな工夫を凝らしています。さらに、両社ホームページ、パッケージに印字している2次元コード※2において、詳細な栽培情報が得られる特集コンテンツを開設し、購入後のサポートも行っています。同ブランドは、毎年春と秋の年2回、ラインアップの追加や見直しを図り展開しています。

※1 球根の隔離検疫代替制度:
外国から輸入される球根のうち、オランダ産11品目(チューリップ、ユリ、アイリス、フリージア、アマリリス、ヒヤシンス、クロッカス、グラジオラス、アリアム、ダリア、ベゴニア)、ニュージーランド産2品目(チュ-リップ、ユリ)、チリ産1品目(ユリ)とベルギー産2品目(ベゴニア、ユリ)について、それぞれ生産国内において現地の検査機関が日本側の定めた検査を行うことにより、日本での隔離栽培を免除する制度。つまり、現地において両国間の合意のもとに検査を実施し、「植物検査証明書」が発行されたものについては、輸入検査の際に検疫対象病害虫の付着が認められなかった場合、日本での隔離栽培を免除するもので、検査で不合格となった植物については、「消毒」「廃棄(積み戻し)」などの措置がとられる。

※2 2次元コード:
ここではおもに携帯電話で利用されている「2次元コード(マトリックス方式)」いわゆるQRコードのこと。

 
カラジューム『ハートフルカラジューム』の商品パッケージ(イメージ)

【株式会社サカタのタネの概要】
会 社 名:株式会社 サカタのタネ
所 在 地:横浜市都筑区仲町台2-7-1
創  業:1913(大正2)年7月(坂田農園)
      株式会社設立1942(昭和17)年12月
代表者名:代表取締役社長 坂田 宏(さかたひろし)
資 本 金:135億円(2010年5月末)
従業員数:621名(2010年5月末)
事業内容:種苗業
売 上 高:465億1,800万円(連結:2010年5月期)

【株式会社花の大和の概要】
会 社 名:株式会社 花の大和(はなのやまと)
所 在 地:奈良県天理市嘉幡(かばた)町 655番地
創  業:1920(大正9)年
      株式会社設立1934(昭和9)年(大和農園)
代表者名:代表取締役社長 吉田明史(よしだともふみ)
資 本 金:5,500万円(2010年5月末)
従業員数:53名(2010年5月末)
事業内容:種苗業。日本でいち早くオランダからチューリップの球根を直輸入し、本格栽培に乗り出すなど、この分野の草分け的存在。以来90年、 園芸用種苗の専門企業として、球根、種子、宿根草、花木苗の生産・開発、ならびに卸売業に一貫して取り組む。なかでも、チューリップ、スイセン、ユリは、品質、取扱量とも国内のトップクラスと高い評価を得ている。 また、近年は緑化事業にも力を入れ、総合園芸企業を目指す。
売 上 高:35億5,100万円(2010年5月期)
 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.