サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2011>
  4. ペチュニアとカリブラコアの属間雑種『スーパーカルⓇ ピンクスプラッシュ』と『同 ライトピンク』の苗出荷を開始

ニュースリリース|2011

2011年01月31日

ペチュニア※1とカリブラコア※2の属間雑種※3では珍しい、淡いピンクの花色が登場
『スーパーカル ピンクスプラッシュ』と『同 ライトピンク』の苗出荷を開始
ペチュニアとカリブラコアのよさを兼ね備えた画期的品種『スーパーカル』シリーズの新色

サカタのタネは、ペチュニアとカリブラコアの属間雑種『スーパーカル』シリーズに『スーパーカル ピンクスプラッシュ』と『同 ライトピンク』を追加し、2011年春からポット苗の出荷を開始します。2008年の発売以来、好評を博している『スーパーカル』シリーズは、梅雨など、日本の高温多湿の環境下でもよく育ち、春から晩秋まで花径4~6cmの花を次々と咲かせます。『スーパーカル』シリーズも含めた既存のペチュニアとカリブラコアの属間雑種では、これまで人気の高い淡いピンクの花色はほとんどありませんでした。『スーパーカル ピンクスプラッシュ』は、サクラのような淡いピンク色を実現した品種です。あわせて、輝きとツヤのある明るいピンク色の『同 ライトピンク』も加わり、同シリーズのラインアップは6色6品種とさらに充実します。『スーパーカル』シリーズは、全国の園芸店、ホームセンターでは、オープン価格で2011年3月中旬から出荷開始、オンラインショップを含む当社通信販売では、3株1組を1,200円(税込み小売価格)で4月上旬から順次発送、サカタのタネガーデンセンター横浜では、3月19日から1株399円(税込み小売価格)で販売します。販売形態は、1株9cmポット苗です。初年度目標金額は、シリーズ合計で1,300万円です。

 
写真は『スーパーカル ピンクスプラッシュ』


『スーパーカル』シリーズは、当社が育種工学技術を駆使し10年以上の歳月をかけて育成した、ペチュニアとカリブラコアの属間雑種です。ペチュニアは、花形、花色、草姿が豊富で、過湿条件に強いという特長があります。一方、カリブラコアは、輝きのある花色と花弁の強さ、花数の多さに加え、雨の後の花の回復力に優れていて、触ってもべたつかないなどの特長があります。『スーパーカル』シリーズは、このような両者の長所を併せ持つ「いいとこどり」の品種です。また、園芸品種のペチュニアやカリブラコアに付与させた短日期の開花性もそのまま受け継いでいるため、4月中旬から11月中旬ごろ(昼温15度、夜温10度くらい)まで長期間花を楽しめます。

『スーパーカル』シリーズは、「ペチュニアにはない色合いが楽しめる」「花つきがよい」「高pHでもよく育つ」などといった点から高い評価をいただいており、その販売株数は、国内では発売から3年目で約2.5倍、海外にいたっては4年目で3.7倍にまで上昇しています。

『スーパーカル ピンクスプラッシュ』は、ペチュニアとカリブラコアの属間雑種では珍しい、淡いピンク色の表現に成功した品種です。ピンクは、春の花壇材料のなかで人気の高い花色ですが、なかでも淡い色合いはサクラを思わせることから国内で需要が多く、『スーパーカル』シリーズにも同花色の追加が望まれていました。同品種の開発担当者は「淡色系の育種は、親となる系統の花色から影響を受けやすいため難しいのですが、特に今回は日本人好みの繊細なピンク色を出すのに苦労しました。既存の同シリーズの各色と比べて、組み合わせの回数とそれに要した時間は3倍以上です」と話しています。5年以上の歳月を経て完成した『スーパーカル ピンクスプラッシュ』は、当社の技術を結集して育成した待望の品種です。さらに、同属間雑種ならではの輝きとツヤをもった明るいピンクの花色と、じゅうたんのように広がるクリーピング性が特長の『同 ライトピンク』も同時発売します。
これまで『スーパーカル』シリーズは、「スーパーカル ネオンローズ」「同 パープル」「同 ブルー」の濃色系と、従来のペチュニアにはないユニークカラー「同 テラコッタ」の4色で展開していました。『スーパーカル ピンクスプラッシュ』『同 ライトピンク』のピンク系2品種を追加することにより、従来品種と組み合わせた寄せ植えのカラーバリエーションがよりいっそう広がります。『スーパーカル』シリーズのラインアップは6色6品種と充実し、今後さらなる売上の拡大を図っていきます。

※1 ペチュニア:
学名:Petunia sp.ナス科ペチュニア属の非耐寒性多年草の草花。品種育成が活発に行われ、花形、花色も多彩で、花壇・鉢物材料として広く用いられている。

※2 カリブラコア:
学名:Calibrachoa sp.ナス科カリブラコア属の非耐寒性多年草の草花。葉は細長く、ペチュニアを小さくしたような花をたくさんつける。ペチュニア(ペチュニア属)とは別属の植物だが、ペチュニアの仲間として扱われることが多い。また、非耐寒性多年草扱いだが、株が大きくなれば-5℃の気温にも耐えることができ、 夏の暑さにも強い。日本では1994年ごろから販売され近年花壇・鉢物材料として広く用いられている。

※3 属間雑種:
種内の品種間には見出せない形質を他の属から導入するため、異なる属間で交雑を行うこと。

■『スーパーカル』シリーズの概要

◆特 長
①ペチュニアとカリブラコアの属間雑種。花径4~6cm、草丈20~30cm。
②4月中旬から11月中旬ごろ(昼温15度、夜温10度くらい)まで花を咲かせる。
③土質を選ばず栽培できる。
④雨上がりのムレに強く丈夫なので、花壇やコンテナに好適。
⑤ペチュニア特有のべたつきがないので、手入れが簡単。

◆ラインアップ (全6色6品種)
 

品 種 品種特性
スーパーカル ネオンローズ  「ネオン」のような光り輝く鮮やかな濃いローズの花色
スーパーカル パープル 鮮やかで深みのある紫の花色
スーパーカル テラコッタ シックなアプリコット色をベースに複雑なグラデーションが楽しめるユニークな花色
スーパーカル ブルー  人気の高い濃い青色で中心部に向かってさらに濃さが増す花色
スーパーカル ピンクスプラッシュ  ペチュニアとカリブラコアの属間雑種では珍しい、淡いピンクの花色
スーパーカル ライトピンク 輝きとツヤのあるピンクの花色。じゅうたんのように広がるセミクリーピングタイプの草姿も特徴

◆栽培のポイント  

鉢の場合は、直径18cm以上のものを用意し、プランターや花壇の場合には株間を30~40cm空けて植えつける。土は、赤玉土に腐葉土を3割、排水性を高めるパーライトなどを2割程度混ぜて土づくりを行うか、市販の花用培養土を使う。元肥は、リン酸分の多いものを施す。

水やりは、過湿を避け土の表面が乾いてきたら行う。春から秋にかけて長期間次々と花を咲かせるので、追肥は1週間に1回、水やりの際に花用液肥を処方どおりに薄めて施す。

伸びすぎた枝は適度に切り詰め、梅雨時には、全体のボリュームが3分の1になるくらいまで切り戻しをする。この作業により新しい花枝が伸びて、夏から秋にかけてさらに多くの花を咲かせる。

◆販売形態、ルート、価格、時期 
 

形 態 販売ルート 価 格  販売開始
ポット苗 各色単品 全国の園芸店・
ホームセンター 
オープン 2011年3月中旬から
3株1組セット   当社通信販売
(オンラインショップを含む)
 1,200円
(税込み小売価格)
同年4月上旬から順次発送
各色単品  サカタのタネ
ガーデンセンター横浜
399円
(税込み小売価格)
同年3月19日から

※販売形態は9cmポット苗

◆販売目標   

『スーパーカル』シリーズ全体(6色6品種)で1,300万円
(2011年3月~2012年2月期の1か年、国内のみ)

◆『スーパーカル』シリーズについて

「ペチュニアとカリブラコアの長所をあわせもった、これまでにない新しい植物をつくりたい」というコンセプトのもと、10年以上の歳月をかけて開発したのが『スーパーカル』シリーズです。異なる属同士の植物のため、通常は交配ができませんが、当社の育種工学技術を駆使し、新たに育成した属間雑種です。

『スーパーカル』シリーズの特長は、花つきがよく、花径4~6cmの形のよい美しい色の花を次々に咲かせ、マウンド状と呼ばれる半球状のこんもりとした美しい草姿になり、梅雨時などの多湿な日本の環境下でもよく育つという点です。特に植物にとっての高pH(7.0程度)の土壌でも、同シリーズは枯れにくい特性があるため、土質をあまり選ばず栽培することができます。pH7.0は中性ですが、一般的に植物の好適なpHは6.0~6.5にあり、pH7.0前後は生育のためには高いpHということになります。また、園芸品種のペチュニアやカリブラコアに付与させた短日期の開花性もそのまま受け継いでいるため、春から秋まで花を楽しめます。

さらに、従来のペチュニアは花がら摘みなどの手入れの際に、花や茎に触ると分泌物で指や園芸バサミがべたべたに汚れてしまいますが『スーパーカル』シリーズは、そのようなペチュニアの欠点も解決しています。同シリーズの花弁はベルベットのようななめらかな手触りがあり、花がら摘みも苦になりません。これらの特長は、属間雑種ならではのメリットです。

『スーパーカル』シリーズの花色に対する評価はとても高く「スーパーカル ネオンローズ」は「第3回(2008-2009)ジャパンフラワーセレクション」のカラークリエイト特別賞を受賞しています。

なお、品種名は「カリブラコアを超えた」画期的な品種ということから命名しました。


◆品種登録

【農林水産省品種登録出願中】
○品種登録済み

農林水産植物の種類 登録名 商品名 登録番号 登録日
ペチュニア×カリブラコア属 kakegawaS89 スーパーカル® ネオンローズ   19359 2010年3月16日
ペチュニア×カリブラコア属 kakegawaS90 スーパーカル® パープル   19360 2010年3月16日
ペチュニア×カリブラコア属 kakegawaS91  スーパーカル® テラコッタ   19361 2010年3月16日
ペチュニア×カリブラコア属  SAKPXC006  スーパーカル® ブルー  20229   2011年1月25日

○品種登録申請中

農林水産植物の種類 出願名 商品名 出願番号 出願日
ペチュニア×カリブラコア属 SAKPXC009 スーパーカル® ライトピンク  25260 2010年10月8日
ペチュニア×カリブラコア属 SAKPXC008 スーパーカル® ピンクスプラッシュ  25261 2010年10月8日

 

 
写真は『スーパーカル  ライトピンク』

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.