サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2011>
  4. ペチュニア『よそおい(粧) はつべに』と『同 くちべに』の苗出荷を開始

ニュースリリース|2011

2011年01月31日

※現在、本商品は販売を中止しております

 

当社の栄養系ペチュニアでトップの売上を誇る「ほおべに」に、待望の姉妹品種が新登場
ペチュニア『よそおい(粧) はつべに』と『同 くちべに』の苗出荷を開始
暑さや雨に強く、ピンク色の花をたくさん咲かせる

サカタのタネは、ペチュニア『はつべに』と『くちべに』を開発し、ユニークな色合いと育てやすさから人気の高い「ほおべに」も含めた3品種を合わせて『よそおい(粧)』シリーズとして、2011年春から新たに展開します。『よそおい』シリーズは、こんもりとまとまった草姿にピンク色の花を咲かせるペチュニアです。従来のペチュニアと比べて耐暑性があり、雨にあたっても株が傷みにくく、春から晩秋まで花が咲き続けます。『よそおい はつべに』は、「ソメイヨシノ」を思わせる日本人好みの淡いピンク色で、『同 くちべに』は濃く鮮やかなピンク地に薄いピンクのしぼりが星の形に入る2色咲きの品種です。「同 ほおべに」も『くちべに』と同様、ピンクの2色咲き品種ですが『くちべに』はより地の色が濃く、その幅を広くしたため、コントラストが際立ちます。『よそおい』シリーズは、全国の園芸店・ホームセンターでは、オープン価格で2011年3月上旬に出荷開始し、オンラインショップを含む当社通信販売では、3株1組を1,380円(税込み小売価格)で4月上旬から順次発送、サカタのタネガーデンセンター横浜では、3月4日から1株399円(税込み小売価格)で販売します。販売形態は、1株9cmポット苗です。初年度販売目標金額は、シリーズ合計で3,000万円です。

 
写真はペチュニア『よそおい(粧) はつべに』

2005年に発売したペチュニア「ほおべに」は、濃いピンク地に薄いピンクのしぼりが星の形に入る2色咲きのユニークな品種です。こんもりとしたマウンド状の草姿となり、花つきがよく、4月上旬から11月中旬ごろ(昼温15度、夜温10度くらい)まで長期間花を楽しめます。さらに、ほかのペチュニアと比べて暑さに強く、雨にあたっても株が傷みにくいという特長もあります。これらのことから同品種の評価は高く、現在、当社の栄養系ペチュニアのなかでトップの売上を誇っています。

そしてこのたび「ほおべに」の姉妹品種『はつべに』と『くちべに』を開発し、この3品種を『よそおい(粧)』シリーズとして2011年春から展開していきます。

『よそおい はつべに』は、清涼感のある淡いピンク色の品種で、初めて化粧をした少女のイメージから命名しました。淡いピンク色は「ソメイヨシノ」を思わせることから日本人にとても人気が高い花色です。『同 くちべに』は、鮮やかで濃いピンク地に薄いピンクのしぼりが入った2色咲きで、その名のとおり口紅をひいた華やかな女性をイメージさせる花色です。「ほおべに」と比べて地のピンク色が濃く、その部分の幅を広くしたため、中心の薄いピンク色とのコントラストがよりはっきりとしています。

『よそおい はつべに』と『同 くちべに』は、「ほおべに」と同等の美しい草姿や耐暑性、耐雨性などの特長を継承しながら、新しい花色を創出するという目標を達成する過程で困難を極め、商品化に至るまで5年以上の歳月を要しました。

『よそおい』シリーズは、花壇苗のなかでも人気が高いピンク系の花色に加え、丈夫で栽培しやすいことから、ペチュニア市場の活性化を図る品種として積極的に拡販するとともに、今後、さらに品種育成を進め花色のラインアップを充実させていく予定です。

■ペチュニア『よそおい(粧)』シリーズの概要

◆特 長

①花径5~6cm、草丈5~15cmのペチュニア。
②花つきがよく、4月上旬から11月中旬ごろ(昼温15度、夜温10度くらい)まで咲き続ける。
③枝は暴れることなく広がり、こんもりとした美しい草姿になる。
④従来のペチュニアに比べて耐暑性に優れ、雨に強く株傷みも少ない。

◆ラインアップ (全3色3品種)

品 種 品種特性
よそおい ほおべに® 濃いピンク地に薄いピンクのしぼりが星の形に入るユニークな2色咲きの品種
よそおい はつべに  ソメイヨシノを思わせる清涼感のある淡いピンク色
よそおい くちべに  鮮やかな濃いピンク地と薄いピンクのしぼりのコントラストが美しい

◆栽培のポイント  

鉢の場合は、直径18cm以上のものを用意し、プランターや花壇の場合には株間を30~40cm空けて植えつける。土は、赤玉土に腐葉土を3割、排水性を高めるパーライトなどを2割程度混ぜて土づくりを行うか、市販の花用培養土を使う。元肥は、リン酸分の多いものを施す。

水やりは、過湿を避け土の表面が乾いてきたら行う。春から秋にかけて長期間次々と花を咲かせるので、追肥は1週間に1回、水やりの際に花用液肥を処方どおりに薄めて施す。

伸びすぎた枝は適度に切り詰め、梅雨時には、全体のボリュームが3分の1になるくらいまで切り戻しをする。この作業により新しい花枝が伸びて、夏から秋にかけてさらに多くの花を咲かせる。

◆販売形態、ルート、価格、時期  

形 態 販売ルート  価 格 販売開始
ポット苗 各色単品 全国の園芸店・
ホームセンター
オープン 2011年3月上旬から
3株1組セット   当社通信販売
(オンラインショップを含む)
1,380円
(税込み小売価格) 
同年4月上旬から順次発送
各色単品 サカタのタネ
ガーデンセンター横浜
399円
(税込み小売価格)
同年3月4日から

 ※販売形態は9cmポット苗

 ◆販売目標   

『よそおい(粧)』シリーズ全体(3色3品種)で3,000万円
(2011年3月~2012年2月期の1か年)

◆品種登録

○品種登録申請中

農林水産植物の種類 出願名 商品名 出願番号  出願日
ペチュニア SAKPET092  よそおい はつべに   25262 2010年10月8日 
 ペチュニア  くちべに  よそおい くちべに  25123  2010年8月24日

ご参考:ペチュニアについて

ペチュニア(学名Petunia sp.)は、ナス科ペチュニア属の非耐寒性多年草の草花です。さまざまな花色があり、生育が旺盛で育てやすく次々と花を咲かせるため、園芸初心者にも人気の高い品目です。当社では、創業当初からペチュニアの品種開発に取り組んでおり、世界初の100%八重咲きとなる「オールダブルペチュニア」(1934年に全米審査会初入賞)をはじめ、数々の品種を育成してきました。現在の主力品種は、タネから育てる実生系のスタンダードタイプの「バカラ」(1991年発売)や、クリーピング(ほふく)タイプ※1の「クリーピア」(1997年発売)、栄養系では、カリブラコアとの属間品種※2「スーパーカル」(2008年発売)などのシリーズがあります。現在当社では、国内のペチュニア市場の約50%のシェアをもっています(販売数量ベース、当社推定値)。

※1 クリーピング(ほふく)タイプ:
茎や枝がカーペットのように地表にはうように生育する性質。花壇、寄せ植え、ハンギングバスケットなどに向く。
※2 属間雑種:
種内の品種間には見出せない形質を他の属から導入するため、異なる属間で交雑を行うこと。

 


ペチュニア『よそおい(粧) くちべに』

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.