サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2012>
  4. 上野恩賜公園内の水上花壇に「サンパチェンスⓇ」植えつけ

ニュースリリース|2012

2012年06月21日

29 回全国都市緑化フェアTOKYO~TOKYO GREEN 2012 に協賛
上野恩賜公園内の水上花壇に「サンパチェンス」植えつけ
小学生らによる田植え・花植え体験イベントを7月8日に開催

サカタのタネは「第29回全国都市緑化フェアTOKYO~TOKYO GREEN 2012~」に参加し、7月8日に上野恩賜公園内(東京都台東区)で行われる同フェアのプレイベントにて、水質浄化などの機能性でも注目されている草花「サンパチェンスⓇ※1」を植えつけます。
 
同フェアは、緑豊かな潤いある都市づくりを目ざし、毎年、全国の都市で開催されています。東京での開催は28年ぶり2度目。9月29日から10月28日までの間、「緑の風がふきぬける東京」をテーマに、都内6つの公園をメイン会場として開催されます。

同日は花の植栽に先立ち、「東北復興への想いや祈り」をデザインコンセプトにした「東北『農』の庭(共助のガーデン)」で田植えイベントが行われます。地元の小学生が苗を植え付けるほか、福島県喜多方市の子供たちが同地方の伝統行事の田植え踊りを披露します。

当社はこうした同フェアの趣旨に賛同し協賛するものです。本機会を通じて、都市の美化に貢献するだけでなく、日々の生活に潤いと元気をもたらす植物の魅力と可能性を感じてもらえればと考えています。
 

「サンパチェンス」水上花壇の満開時のイメージ
(イベント当日は苗を植えつけるためこの写真とは異なります)

今回、植栽される「サンパチェンス」は暑さに負けず、夏、秋と咲き続ける元気でたくましく、鮮やかな草花です。機能面にも優れており、当社と岡山大学との共同研究の結果※2、水質浄化の能力が高いことが分かりました。また、二酸化窒素(NO2)やホルムアルデヒド(HCHO)の浄化能力、それに二酸化炭素(CO2)の吸収能力が従来の花き園芸植物よりも高いことも分かっており※3、「環境浄化植物」と呼ばれ人気があります。

こうした特徴を生かすべく、同公園内のウォータースペース「水の庭」(花の噴水)に特製のプランターで〝水上花壇〟を作成し、約280 株を栽培します。緑化は一般的には花壇や街路脇などの地上空間がメインですが、今回はこれまで、あまり注目されてこなかった水上に焦点を当てました。「サンパチェンス」は美しさや涼感で来園者を楽しませてくれると同時に、大気や水質に対する効果も期待できます。見た目によく環境に優しい、新しい緑化の形を提案します。

なお、「サンパチェンス」は生育旺盛で非常にスタミナがある植物です。花を咲かせながら、グングン大きくなります。天候や生育環境にもよりますが、成長すると一抱え以上の大きな株となり、無数の花を咲かせます。11 月下旬まで咲き続けます。

※1 サンパチェンス:
当社が開発したインパチェンス属の種間雑種。二酸化窒素、ホルムアルデヒドの浄化能力、二酸化炭素の吸収能力が、従来の花き園芸植物に比べて高い(共同研究:東京大学博士・農学 浦野 豊氏)。また、水中に溶けた窒素やリンといった栄養塩類の高い浄化能力がある(共同研究:岡山大学環境理工学部の沖陽子教授)。

※2 :岡山大学環境理工学部の沖陽子教授との共同研究の結果による。水中に栄養塩類が増え富栄養化になると、植物プランクトンが増殖しアオコや赤潮などが発生する。その結果、水中の溶存酸素が減少し、魚介類に影響を与える。現在、湖沼や内湾では、生活排水などの人為的な要因で、急速に富栄養化が進んでいることが問題になっている。研究では、「サンパチェンス」が窒素やリンの除去速度において、水質浄化能力が高いことで知られているヨシと同等の数値を示すとともに、窒素やリンの体内含有率はヨシを上回った。

※3 :浦野豊氏(東京大学博士・農学)との共同研究の結果による。なお、実験結果から「サンパチェンス」のCO2吸収能力は、従来の花き園芸植物よりも高いことが判明しているが、地球温暖化という現象は、CO2のみならず複数の要因が関わる地球レベルの極めて大きい事象である。したがって、「サンパチェンス」のCO2吸収能力だけをもって、それが温暖化対策につながるというものではない。

■実施概要
名称:第29 回全国都市緑化フェアTOKYO ~TOKYO GREEN 2012~
「東北『農』の庭(共助のガーデン)」田植え・花植え体験イベント

日時:7月8日(日)13:00~14:20 ※雨天時決行/荒天時中止
「サンパチェンス」植えつけは13:40 ごろ

場所:上野恩賜公園会場 竹の台エリア

プログラム:
13:00 主催挨拶
13:05 イベント趣旨説明
13:20 田植え体験
小学生による苗の植え付け、福島県喜多方市の子供たちによる田植え踊り
13:45 「サンパチェンスⓇ」植えつけ
子供たちとともにサカタのタネ代表取締役社長、坂田宏も参加し、苗の植えつけ
を行います
14:05 参加児童らによる記念撮影
14:15 閉会

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.