サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2012>
  4. トルコギキョウ『アンバーダブル』シリーズに『アンバーダブル パープル』と『同 バーボン』が登場

ニュースリリース|2012

2012年11月05日

「琥珀※1」を思わせる高級感のある独特の花弁と花もちのよさが人気のトルコギキョウ『アンバーダブル』シリーズに
『アンバーダブル パープル』と『同 バーボン』が登場
幅広い作型に対応できる紫色の早生品種と、秋出荷に好適な茶色の晩生品種

サカタのタネは、中輪八重咲きF1品種『アンバーダブル』シリーズに、『アンバーダブル パープル』と『同 バーボン』を追加し、2品種の種子と苗を2012年11月19日から生産者向けに販売します。個人育種家の佐瀬昇(させ・のぼる)氏と当社が共同開発した「アンバー」ブランドは、一重咲きの「アンバー」と八重咲きの『アンバーダブル』の2シリーズからなり、「琥珀」を思わせる高級感のある独特の色合いと光沢、そして花もちのよさから、好評を博しています。『アンバーダブル パープル』は、幅広い作型に対応できる同シリーズ初となる紫色の早生品種、『同 バーボン』は秋出荷に好適なシリーズ待望の茶色の晩生品種です。『アンバーダブル パープル』『同 バーボン』の税込み希望小売価格は、各品種ともペレットシード※2 1袋3,000粒入りで31,500円、プラントップ※3は406穴セルトレー9,597円(320本保証)です。なお、切り花は2013年5月ごろから市場へ出荷される予定です。初年度販売目標金額は「アンバー」ブランド合計で2,000万円です。


写真はトルコギキョウのF1新品種『アンバーダブル パープル』(左)と『同 バーボン』(右)

トルコギキョウ「アンバー」は、トルコギキョウの世界でよく知られる個人育種家の佐瀬昇氏と、当社の共同開発により誕生した品種ブランドです。「アンバー」ブランドには、琥珀を思わせるブラウン系をはじめ、黒紫系のシックな色合いや、光沢のある緑色などの花色があります。まるでロウ細工を施したかのような独特な質感の花弁が特徴のトルコギキョウです。また花もちにも大変優れ、当社での試験(室温20℃、湿度70%)で、「アンバー」は従来品種より2~5日長いという結果が出ています。独特な花弁の質感と花もちのよさは、この花がもつ「変形雌ずい(雌しべ)」という受粉しにくい構造を生ずる形質の遺伝子と関係しています。当社は、佐瀬氏の長年にわたるこの育種成果の権利保護を支援すべく、米国において2005年4月12日に「変形雌ずいを有するユーストマおよびその育種方法」を登録し(登録番号:US6,878,866)、日本でも2008年6月6日に特許を取得(特許第4133011号)、これにより、本特許登録に該当する遺伝素材と育種権利は法的保護下に置かれています。

「アンバー」ブランドには、2005年に発表した一重咲きの「アンバー」シリーズを皮切りに、2007年に八重咲きの『アンバーダブル』シリーズを、2010年にはホワイト地に幅のあるグリーンの覆輪が特徴の「アンバー グリーンリップ」と、涼しげなグリーンの花色とボリューム感のある花形をもつ「アンバーダブル ミント」を発表するなど、次々と新たな品種を投入しています。
『アンバーダブル パープル』は、同シリーズでは初となる紫色の早生品種です。「アンバー」特有の光沢感のある花弁とシックな紫の花色が相まって、フラワーアレンジメントなどでその個性と魅力がいっそう引き立ちます。一般的なトルコギキョウの早生品種は、草丈がとりにくく、分枝しづらい傾向があります。同品種は、早生品種でありながら伸長力があり、分枝が旺盛なので、ボリュームのある切り花がとれます。また、早生品種で通常行われる春から夏の出荷のみならず、秋出荷にも対応できます。

『アンバーダブル バーボン』は、同シリーズ待望の茶色の晩生品種です。同シリーズの茶色品種としては、早生の「アンバーダブル マロン」と中生の「同 ワイン」があります。茶色は円熟した秋の季節をイメージさせることから、これらの品種の秋需要も根強いものがあります。しかしながら、秋出荷においては「アンバーダブル マロン」には枝数が少なく草丈がとりづらいなどの傾向が、「同 ワイン」には、花弁数の減少や花形が乱れるなどの傾向があり、栽培しづらいことが課題となっていました。そのため、「アンバーダブル」シリーズの茶色の晩生品種の登場が求められていました。新品種『アンバーダブル バーボン』は、早生や中生品種では栽培しづらい寒地、寒冷地の7月下旬~11月上旬出荷、温暖地、暖地の10月下旬~12月下旬出荷に好適で、花弁数が減ったり花形が乱れることもなく、さらに草丈がとりやすいため、茶色のトルコギキョウの需要が最も高まる秋に高品質な切り花を出荷できます。早生の「アンバーダブル マロン」、中生の「同 ワイン」、そして晩生の『アンバーダブル  バーボン』を組み合わせることで、長期間にわたり安定して茶色品種を供給できます。

新色2品種の追加により「アンバー」ブランドは、一重咲きの「アンバー」シリーズが5品種、八重咲きの『アンバーダブル』シリーズが5品種で合計10品種となります。ラインアップが充実したことから、同ブランドの販売をさらに強化していきます。

■トルコギキョウ『アンバーダブル パープル』『同 バーボン』の概要

◆特 徴

『アンバーダブル パープル』
①早生中輪八重咲き品種。花径約7cm。光沢のある紫の花色。
②早生品種でありながら、草丈がとりやすく、分枝が旺盛。
③春から夏にかけての出荷だけでなく、秋出荷にも対応できる。

『アンバーダブル バーボン』
①晩生中輪八重咲き品種。花径約6cm。円熟した秋の季節をイメージさせる茶の花色。
②高温期でも花弁数が減りにくく、花形が乱れにくい。
③草丈がとりやすく、ボリュームのある切り花がとれる。

◆栽培のポイント  

1.栽培環境
施設栽培

2.管理のポイント
発芽適温は21~23℃。育苗時の高温管理は、定植後のロゼット※4を引き起こすことがあるので注意する。通常、セル成型トレーにあらかじめ十分湿らせたタネまき用培養土を詰めてから、タネまきする。好光性種子のため覆土はせず、タネまき後は光が十分ある条件で管理する。出芽までは絶対に乾かさないようにする。

育苗期間中は肥料切れに注意し、週に1回の割合で規定倍率に希釈した液体肥料を施すとよい。高温管理のほか、乾燥、過度の水やりによる根の傷みもロゼットを誘起する原因となるので注意する。生育適温は15~30℃で、変温管理が望ましい。植えつけ前には定植床の温度を整え(冬季は暖め、夏季は冷やし、地温20℃前後を目標とする)、十分に水やりしておく。定植床のpHは6.5前後、土壌条件はEC※5 0.5程度が望ましい。植えつけ直後から根付くまでは定植床を乾燥させないようにする。

根付いてからは水やりを徐々に減らし、根が深く張るように心がける。生育途中は適宜整枝、摘蕾を行い、草姿を整える。チップバーン※6、ブラスチング※7の発生を防ぐために循環扇などを用いハウス内の換気をよくするとともに、できるだけ光があたるよう管理する。

全期間を通して、アブラムシ類、スリップス類によるウイルスの被害を防ぐため、定期的に殺虫剤を散布する。フザリウム菌などによる立枯病は、発生後の有効な対策がないので、植えつけ前の土壌消毒を徹底する。

※1 琥珀(こはく):
数千万年前におもにマツなどの樹脂が固まって地中に埋もれてできた、樹脂の化石。ジュエリーの世界でもルビーやダイヤなどの鉱石系とはカテゴリーが違う別の魅力をもつ存在。色は黄、赤、緑、青、黒など幅広く、その独特の深い色つやが世界中で珍重されている。ブランド名の「アンバー」は、琥珀の英名「amber」によるもの。ヨーロッパで琥珀は幸運を呼ぶジュエリーとして珍重され、「琥珀を贈る」ことは「幸福を贈る」というメッセージをもち、積年の愛が花開くとされている。また、イギリスでは「琥珀婚」といい、結婚10周年目に琥珀を贈る習わしがある。

※2 ペレットシード(pelleted seed):
コーティング種子ともいう。細かな種子や形が不ぞろいな種子を、粘土など自然に溶ける被覆資材で包んだもの。粒子を大きく均一してあるので、播種機でまきやすくなる。

※3 プラントップ苗:
育苗用セル成型培養土「プレフォーマ*・プラントプラグ」(以下「プラントプラグ」)を使用した花と野菜の生産者向け苗。「プラントプラグ」は、ピートモスとココヤシ繊維を混合した培地をトレー内で固化・成型させたもの。①トレーからの抜き取りが簡単で、移植作業の大幅な省力化が可能②根づまりが起こりにくく、根の活力がたいへん旺盛なため、スムーズな活着、健全な生育を実現③若苗での移植ができ、苗本来のパフォーマンスを最大限に引き出せる―などの特長がある。
* 「プレフォーマ」はジフィー プロダクツ インターナショナル社の登録商標です。

※4 ロゼット(rosette):
植物体が生育環境に適してないときに伸長成長を止め、休眠に似た姿でいること。

※5 EC:
電気伝導度(electrical conductivity)の略。肥料や有機物(種々の有機酸や肥料成分)が含有されているとその含有量によって電流の流れる量は多くなることを利用した、肥料濃度を表す単位。

※6 チップバーン(tip-burn):
葉の先が茶色に変色し、最終的に枯れてしまう現象。窒素過多、カルシウム欠乏で起きる。

※7 ブラスチング(blasting):
蕾(つぼみ)が成長を止め、開花することなく枯れてしまう現象。

◆作型図

◆販売ルート
 
全国の種苗店、JAを通じて生産者に販売

◆販売価格(税込み希望小売価格)および出荷開始時期  

ペレットシード   3,000粒        31,500円
(2012年11月19日から順次出荷開始)

プラントップ苗  406穴セルトレー  9,597円(320本保証)
(2012年11月19日から受注開始、2013年3月から出荷開始)

※営利以外の一般向け種子、苗の販売は未定

◆切り花出荷開始

2013年5月ごろから主要生花市場へ出荷され、全国の有名フラワーショップなどで販売される予定。

◆初年度販売目標(種子と苗合計)   

「アンバー」ブランド全体(全7色10品種)で2,000万円
(2012年11月~2013年10月期の1か年)

■『アンバーダブル』シリーズのラインアップ (5品種)
 

品 種  品種特性
アンバーダブル ミント  涼しげなグリーンの花色。春~夏の出荷に好適。八重咲きイエローの通常花が20%以内の比率で出現。
アンバーダブル マロン  淡いグリーンがかかった茶色の花色。早生品種で早春~夏の作型が主体。八重咲きピンクの通常花が20%以内の比率で出現。色幅がある。
アンバーダブル ワイン  ボルドー色の花色。シリーズ内で唯一の中生品種。夏~秋の出荷が可能。八重咲きローズピンクの通常花が20%以内の比率で出現。
アンバーダブル パープル  光沢のある紫の花色。早生品種でありながら草丈がとりやすく、春から夏にかけての出荷のみならず秋出荷にも対応可能。八重咲きブルーの通常花が20%以内の比率で出現。
アンバーダブル バーボン  「アンバー」ブランド待望の茶色の晩生品種。秋出荷に最適。高温期でも花弁数が減りにくく、花形が乱れにくい。八重咲きローズピンクの通常花が20%以内の比率で出現。色幅がある。


 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.