サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2014>
  4. 栽培学習キット『サスティナエコポット』を全国の中学校へ販売

ニュースリリース|2014

2014年02月10日

サカタのタネと山崎教育システムの共同開発
栽培学習キット『サスティナエコポット』を全国の中学校へ販売
新学習指導要領実施による中学校の技術・家庭科での「生物育成」必修化を契機に協業

株式会社サカタのタネ(社長:坂田 宏、本社:横浜市都筑区)と山崎教育システム株式会社(社長:山崎 正氏、本社:東京都東村山市)は、栽培学習キット『サスティナエコポット』を共同開発し、山崎教育システムが代理店を通じて全国の中学校に販売します。『サスティナエコポット』は、ビニール鉢、圧縮培養土、育苗ポット、受け皿、肥料、ワークシートなどが1セットになっています。実際に農業生産で使われている容器や、リサイクル原料の受け皿、天然植物素材が原料の培養土などを採用しており、授業を通じて環境問題に対する社会の取り組み、農業や産業の仕組み、種苗についての知識を学びながら実践的な栽培体験ができる画期的な教材です。本商品の受注は2014年2月中旬から、発送は3月中旬から行います。税込み小売価格は1セット980円です。

この協業は、文部科学省が定める新学習指導要領において、中学校の技術・家庭科で「生物育成に関する技術」が2012年4月に必修化したことで、今後より実践的で質の高い植物栽培の教材が求められると見込んだためです。植物に関する豊富なノウハウを持つサカタのタネと、長年にわたり中学校向け技術・家庭科教材の開発・販売で高い実績を持つ山崎教育システムの強みを融合し、協業することで「生物育成」分野における学校教材事業の拡大を目指します。

 


写真は栽培学習キット『サスティナエコポット』のキット内容(左)と完成物(右・野菜はリーフレタス)
※キット内容はイメージです。

文部科学省が定めた中学校の新学習指導要領は、2012年4月から全面実施されています。その一環として、技術・家庭科で「生物育成に関する技術」を学ぶことが義務づけられ、野菜や花などの植物の栽培、または飼育の授業が必修となりました。

サカタのタネでは、以前から学校での植物栽培の実習用に種子や培養土、肥料などを販売してきた実績はありましたが、新学習指導要領の導入により生物育成教材の市場が拡大したことで、今後より実践的で質の高い植物栽培の教材が求められると予測しました。そして学校教材事業に注力すべく、2012年に新設した小売商品統括部法人営業課が中心となり検討を進めてきました。ところが、学校教材では栽培学習キットの提供以外に、教師用指導書や生徒用ワークシートといった「教える」「学べる」ためのソフトウェアが不可欠となります。また各学校への営業活動、販売チャネルについても独自に新規開拓するにはノウハウが不足しています。

一方、山崎教育システムでは、より質の高い生物育成授業を可能にする教材開発を行うために、植物全般の専門知識を持つパートナーを模索していました。
このような背景から、サカタのタネと山崎教育システムの戦略の方向性が合致し、両社が持つノウハウを融合させ、「生物育成」用の学校教材の共同開発、販売を協業していくことになりました。なお、山崎教育システムが種苗メーカーと協業するのは今回が初めてです。

その第1弾として、栽培学習キット『サスティナエコポット』を2014年2月中旬に全国の中学校に向けて発売します。同栽培学習キットはビニール鉢(容量3L)、水をかけると膨らむ圧縮培養土「ココヤシブロック」(吸水用のビニール袋付き)、育苗ポット「ココヤシポット」、受け皿、肥料といった園芸資材のほか、氏名などを記入するラベル、生育状況を記録するワークシートがセットになっています。さらに、希望する学校には教師用マニュアルも無償で提供します。

ビニール鉢は、実際の農業生産でも使われている本格資材で、底部分が二重構造になっているため通気性と保水性に富み、植物の順調な生育を促します。また、使用後は可燃物として廃棄できる栽培容器や、天然植物素材であるココヤシ果実の殻を原料とした培養土と育苗ポット、リサイクル100%のPET(ポリエチレンテレフタレート)を原料とした受け皿を採用しています。このように同商品は、環境に配慮しながらさまざまな学びの要素を盛り込んだ実践的な栽培体験ができる、画期的な教材です。種子は別売り(税込み小売価格20円)で、授業を行う時期に合わせてミニトマトやリーフレタス、ハツカダイコンなどから選択できます。

なお、商品名の「サスティナ」は、英語の「sustainable=持続可能な」から命名しています。

教材の企画および開発は両社で行い、園芸資材などの商品調達はサカタのタネが、教師用指導書や生徒用ワークシートの制作、および営業・販売は山崎教育システムが担当します。また、教師用指導書にサカタのタネのお客様相談室の電話番号を付記することで、専門知識を持ったサカタのタネの社員が直接お電話で先生からの質問にお答えするなど、栽培指導の強力なバックアップ体制を整えています。

今後は、よりコンパクトな簡易タイプの栽培キットや、十分なスペースや日照が確保できないような場合にも対応できる電照機能付栽培キットなど、多種多様な学習環境、教育現場のご要望に合わせた教材ラインアップを拡充していく予定です。初年度(2014年4月~2015年3月)の納品ベースでの売上目標は約1,000万円、3年後の2017年度には5,000万円の売上を目指します。

■栽培学習キット『サスティナエコポット』の概要

◆内 容

圧縮培養土(ココヤシブロック)直径135㎜  1個
圧縮育苗ポット(ココヤシポット)直径42㎜ 1個
圧縮培養土吸水用ビニール袋                  1枚
ビニール鉢(3L)                            1枚
名札シール                                              1枚
受け皿                                                      1枚
肥料(プロミック)                                  1袋
ワークシート                 1セット
※ご希望により教師用マニュアルを無償提供

◆販売ルート・発売時期・価格

山崎教育システムが代理店を通じて全国の中学校に販売。
受注は2014年2月中旬から、発送は3月中旬から開始。
980円(税込み小売価格)
※趣味園芸用の販売は未定。
 



写真は『サスティナエコポット』を使用して栽培した、(左から)ガーデンレタスミックス、ハツカダイコン、ミニトマト
 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.