サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2014>
  4. カリフラワーのF1新品種『バージンロード』の種子を生産者向けに発売

ニュースリリース|2014

2014年03月31日

カリフラワーの供給量が少ない高温期に、高品質な純白花蕾を収穫できる
カリフラワーのF1新品種『バージンロード』の種子を生産者向けに発売
高温期のカリフラワー栽培に求められる「耐暑性」「早生性」「高品質」を兼ね備える画期的品種

サカタのタネは、高温期どりに最適なカリフラワーの極早生F1新品種『バージンロード』の種子を2014年6月下旬に発売します。本来、カリフラワーは冷涼な気候を好むため、高温条件下での栽培は難しく、夏場は一年の中で供給量が最も少なくなります。『バージンロード』は、高温期のカリフラワー栽培に求められる「耐暑性」「早生性」「高品質」を兼ね備える画期的品種です。同品種を使用することで、この時期の栽培で課題とされている湿害による草勢不足や、花蕾の表面が毛羽(けば)立つ「ファジー」の発生のリスクを大幅に軽減できます。極早生品種でありながら、生育が旺盛で大きな葉で花蕾を覆うため、手間のかかる軟白作業(次頁参照)を省くことができ、草姿は立性のため作業性にも優れます。花蕾は、純白で緻密、整ったドーム形をしています。『バージンロード』の種子の希望小売価格(税抜)※1は、2,000粒入り4,000円、ペレットシード※2 5,000粒入り11,800円で、全国の種苗店・JAルートを通じて販売します。

カリフラワーの青果はほとんどが国内産のため、周年での安定供給が常に求められています。当社は、『バージンロード』をカリフラワーの安定供給の一端を担う重要品種として積極的に拡販していきます。

※1 価格はすべて希望小売価格(税抜)です。価格の自主的な決定を拘束するものではありません。

※2 ペレットシード:(pelleted seed):
コーティング種子ともいう。細かな種子や形が不ぞろいな種子を、粘土など自然に溶ける被覆資材で包んだもの。粒子を大きく均一にしてあるので、播種機でまきやすくなる。


 
写真はカリフラワーのF 1新品種「バージンロード」の青果


本来、カリフラワーは冷涼な気候を好む作物です。高温期に栽培すると、花蕾の表面が毛羽(けば)立つ「ファジー」が起こりやすく、品質が著しく低下します。また、湿害を受けやすい性質があるため、雨の多いこの時期に栽培すると根が弱りやすく、葉がしおれ光合成ができなくなります。その結果、生育にばらつきが出たり、ひどくなると青果が収穫できなくなることもあります。この時期に栽培されている従来品種には「草姿が開張性のため、通路を遮ることで作業の妨げになったり、花蕾が露出することで日光に当たり黄色くなりやすい」「根が弱いため高品質の青果を安定して収穫できない」などといった課題がありました。このようなことから、夏場は、カリフラワーの供給量が一年の中で最も少ないのが現状です。

新品種『バージンロード』は、高温期のカリフラワー栽培に求められる「耐暑性」「早生性」「高品質」を兼ね備える画期的品種です。従来品種と比べて根が強いため、湿害を受けにくく高温条件下でも旺盛に生育します。定植後60日前後で収穫できる極早生品種で、寒冷地では5月上旬~6月上旬まき8~9月収穫、温暖地・暖地では7月上~下旬まき10~11月収穫に適しています。花雷は純白で緻密、直径12~14㎝、重さ約700g、整ったドーム形で、ファジーの発生が少ないことから、高品質な青果を収穫できます。

カリフラワーの栽培は、花蕾をより白く仕上げるため、通常は葉をひもでしばる(縛葉・ばくよう)、葉を内側に折る(折葉・せつよう)などといった黄化を防ぐ軟白作業がなされています。『バージンロード』は生育ぞろいがよく、大きな葉で花蕾を覆う性質を持つため軟白作業を省くことができ、草姿が立性のため従来品種のように葉が通路を遮ることも少なく、作業性にも優れます。

『バージンロード』を試作した生産者からは「草姿が立性で作業がしやすい」「従来品種と比べて根が強いので、安心して栽培できる」「花蕾の品質がよい」「こんなに暑い時期にカリフラワーを収穫できるとは思っていなかった(茨城の生産者)」などといった高い評価をいただいています。

なお『バージンロード』の品種名は、同品種の花蕾の純白さと、温暖地の秋の早出しに向く特徴が、結婚式で一番最初に登場する「バージンロード」とイメージが重なることから命名しました。

本品種が生産されることで、これまで少なかった高温期のカリフラワーの供給量を増やすことができることはもちろん、高値での青果取引も期待できます。カリフラワーの青果は、ほとんどが国内で生産されているため、周年での安定供給が常に求められています。当社は、同品種をカリフラワーの安定供給の一端を担う重要品種として、積極的に拡販していきます。

■カリフラワーのF1新品種『バージンロード』の概要

◆特 徴

①定植後60日前後で収穫できる極早生品種。
②根が強く、極めて耐暑性に優れる。
③草姿は立性で作業性がよい。また、花蕾に日光が当たりにくく栽培しやすい。
④草勢は旺盛、収穫そろいも良好。
⑤花蕾は純白で緻密、ドーム形で形状の安定性が高い。

◆希望小売価格(税抜)

2,000粒入り         4,000円 
ペレットシード5,000粒入り 11,800円  ※趣味園芸向け種子の販売は未定

◆種子発売時期・販売ルート

2014年6月下旬から全国の種苗店・JAを通じて生産者に販売

◆作型図

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.