サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2015>
  4. 当社園芸情報誌「園芸通信」を電子版にリニューアル

ニュースリリース|2015

2015年03月20日

当社園芸情報誌「園芸通信」を電子版にリニューアル
通信販売会員向け紙媒体を電子版に移行、デジタル化で利便性向上

 


サカタのタネは2016年1月、当社の通信販売をご利用いただいている会員向けの園芸情報誌「園芸通信」を『園芸通信 電子版』にリニューアルします。雑誌や書籍の電子版が定着しつつある現状を受け、デジタル媒体の特徴を生かしたコンテンツの充実や「サカタのタネ オンラインショップ」と連動した利便性の向上、またこれまで園芸になじみが少なかった30~50代の新規ユーザーが利用しやすいかたちを整えることで、園芸趣味の裾野拡大を狙ったものです。現在発行している印刷版「園芸通信」は、2015年12月1日発行の2015年12月号をもって終了し、『園芸通信 電子版』に移行します。「園芸通信」のリニューアルにともない、現在の会員組織「サカタ友の会」についても同年12月31日をもって終了し、特典内容などを変更した新しい会員組織に移行していきます。2016年1月1日に『園芸通信 電子版』を「サカタのタネ オンラインショップ」上で公開しますが、会員様以外の方は期間限定の閲覧となります。続けて購読するには新しい会員組織への登録(有料:会費未定)が必要です。

「園芸通信」はサカタのタネが発行している花と野菜の月刊情報誌です。最新品種や栽培技術などを紹介するほか、第一線で活躍中の園芸研究家による記事などを掲載しています。園芸愛好家向けの情報は、品目、品種、生育環境、生育段階別などそれぞれで必要とされる内容が異なるため、緻密さと量が求められます。デジタル化により、品種や品目ごとの検索、関連情報へのリンク、動画コンテンツの追加などが可能になり、現在の写真と文章のみの情報より分かりやすく、細かい情報発信が可能になります。スマートフォンなどの携帯端末で閲覧することで、屋外での作業中に手順を確認することなどもできます。

『園芸通信 電子版』では、「園芸通信」のコンセプトはそのままに、ウェブメディアの特性を最大限に活用します。新たに当社お客様相談室が行っている園芸相談で蓄積されたQ&A情報や当社の品種ごとの膨大な栽培情報などをコンテンツ化する予定です。従来の栽培関連情報や園芸研究家のコラムなどを読めるようにするとともに、リンク機能や検索機能を活用して用語解説や関連情報を容易に閲覧できるようにします。今年9月下旬に「園芸通信」誌上や「サカタのタネ オンラインショップ」上で、新しい会員制度の詳細をお伝えする予定です。

なお当社では月刊の園芸情報誌「園芸通信」のほかに、サカタのタネの商品をご購入いただける花と野菜の通販カタログ「家庭園芸」「ガーデン Time」をそれぞれ年2回、計4冊発行していますが、両誌については今後も印刷媒体として発行します。また2015年6月より並行して電子カタログ化も図り、「サカタのタネ オンラインショップ」上からも閲覧できるようにし、カタログとしての利便性をいっそう高めていきます。

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.