サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2015>
  4. スピーディベジタブルシリーズに新商品『袋で育てるはじめてセット』発売

ニュースリリース|2015

2015年10月16日

スピーディベジタブルシリーズに新商品『袋で育てるはじめてセット』発売
栽培容器付き、初心者でもワンコインで簡単に家庭菜園をスタート!



サカタのタネは、園芸初心者でも気軽に家庭菜園がはじめられる、「スピーディベジタブル」シリーズに栽培容器(袋)付きの新商品『袋で育てるはじめてセット』(=写真=)を2015年11月上旬から発売します。袋状の栽培容器を広げて乾燥培養土を入れ、ぬるま湯で土をもどし、タネ(別売)をまくだけで簡単かつ省スペースで家庭菜園がはじめられます。
 



当社は、1度のタネまきで1包分のタネを使い切りできるミニサイズの絵袋入り種子シリーズ「スピーディベジタブル」を2014年6月に発売、好評を博しています。『袋で育てるはじめてセット』はそのシリーズ関連商品として位置づけ、「スピーディベジタブル」1/2包~1包分のタネをまくのにちょうど良い栽培容器のサイズと土の容量としています。『袋で育てるはじめてセット』は、縦横93mm、厚さ23㎜の紙製のパッケージと直径約105㎜、高さ約90mmのPPフィルム製の栽培容器(袋)、固形土がセットになっています。栽培容器は葉物のグリーンに合うオレンジ色をベースにした清潔感のあるシンプルデザインで、窓辺やキッチンなどにも馴染みます。固形土は約400ccのぬるま湯で膨らみ、10分程度でタネがまける状態になり土の準備で手が汚れることもありません。あとは袋の底に水抜き穴を開けて適当な受け皿に置き、タネをまくだけでレタスなどの葉物野菜(※根菜類の栽培は不適)の栽培が簡単に楽しめます。土には初期肥料が含まれているため、水を適宜与えるだけで収穫出来ます。また培養土はココヤシ繊維が主成分のため、使用後は乾かしてから栽培容器と一緒に可燃ゴミとして捨てることもできます(居住する自治体の取り決めに基づいた処理が必要)。

『袋で育てるはじめてセット』の価格は300円(税抜き希望小売価格)で、全国のホームセンターなどのほか、サカタのタネ ガーデンセンター横浜で販売を開始します。絵袋入り種子シリーズ「スピーディベジタブル」(税抜き希望小売価格150円/袋)と組み合わせればワンコイン500円以下で家庭菜園がはじめられます。当社では手軽で簡単に栽培が楽しめる商品を多数ラインアップしており、今後も園芸初心者層の開拓に積極的に取り組んでいきます。

 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.