サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2015>
  4. 人気のヒマワリ ビンセント®シリーズに新品種『ビンセント®(2型)ネーブル』発売

ニュースリリース|2015

2015年10月22日

人気のヒマワリ ビンセント®シリーズに新品種『ビンセント®(2型)ネーブル』発売
これまでにない濃く鮮やかなオレンジ色で、花首が硬く、幅広い用途に向く



サカタのタネは、花が上を向いて咲き、花色が鮮やかで小売店で人気のヒマワリ「ビンセント」シリーズに待望の新色『ビンセント®(2型)ネーブル』(=写真=)を追加し、種子の発売を開始します。

「ビンセント」シリーズは、ヒマワリに情熱を注いだ画家ゴッホ(Vincent van Gogh)にちなんで命名されました。花が上を向いて咲き、花弁の重ねがよく、花色が鮮やかなシリーズです。止め葉が小さく、花首が硬いため切り花出荷に適しています。高温期でも高品質な美しいスタイルで出荷でき、花束やアレンジメント、ブライダルブーケや装飾など幅広い用途に向いています。さらに、日長にほぼ中性のため、長日条件下では草丈が伸びすぎず、短日条件下でも草丈が十分に確保できます。播種後は生育環境にもよりますが、約50日~60日で開花します。

『ビンセント®(2型)ネーブル』は、これまでの同系色のヒマワリにはない濃く鮮やかなオレンジ色が特徴です。花弁はすっきりとしたシャープな形をしており、発色がよい品種です。存在感があり、目を引きます。発芽率がよく、特に花首が硬く丈夫で、一斉に開花するため、出荷ロスが低く、試作いただいた生産者からは「とても作りやすい」と高い評価をいただきました。初夏から夏のイメージが強いヒマワリですが、近年では暖色系の色合いから敬老の日ギフトやハロウィンなどオータムシーズンの装飾にも使われるようになってきており、『ビンセント®(2型)ネーブル』は花色の濃さからこのような用途にもおすすめです。

『ビンセント®(2型)ネーブル』の種子は、2016年3月より全国のJA・種苗店ルートを通じて1袋、1,000粒入りで販売を開始し、希望小売価格は4,860円(税込)です。



 

■「ビンセント」シリーズの概要

① 日長の影響をほとんど受けず、一年を通じて開花し、年間を通して作付けが可能。
② 発芽ぞろいがよく生育旺盛で採花ロスが少ない。
③ 止め葉(花のすぐ下の葉)が小さいので、花が葉で覆い隠されることがない。
④ 花首が丈夫で花が上に向かって咲くため、アレンジメントや花束に向いている。
⑤ 切り花用ヒマワリの需要最盛期である3~11月に高品質な切り花を容易に栽培できる。
⑥ 時期を問わず花弁数が多く重ねもよいので、ボリューム感がある。
⑦ 無花粉なので花もちがよく、周囲を汚さない。
⑧ ヒマワリに情熱を注いだ画家ゴッホ(Vincent van Gogh)にちなんで命名。


■「ビンセント」シリーズのラインアップ (全5品種、5色)

品 種 花 色
ビンセント®(2型)ネーブル 今までにない濃いオレンジ色に黒芯。シャープですっきりとした花弁。
シリーズ中、特に花首が硬い。開花日数は50日前後。
ビンセント®(2型)オレンジ 温かみのあるオレンジ色に黒芯。花弁の幅が広く、可愛らしい丸弁が特徴。開花日数は55日前後。
ビンセント®(2型)クリアオレンジ さわやかなオレンジ色に緑芯。花弁が長めのゴージャスな花形。開花日数は55日前後。
ビンセント®(2型)タンジェリン とても濃いオレンジ色の黒芯。シャープですっきりとした花弁。
開花日数は55日前後。
ビンセント®(2型)ポメロ さわやかな黄色に濃い茶芯。花弁の幅が広く、可愛らしい丸弁が特徴。清涼感があり、特に夏期出荷に向く。開花日数は50日前後。


■ヒマワリ「ビンセント」のロゴマーク




■作型図

 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.