サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2016>
  4. 生物多様性条約に基づく『サンパチェンスⓇ』の遺伝資源利用に合意

ニュースリリース|2016

2016年03月28日

生物多様性条約に基づく『サンパチェンス』の遺伝資源利用に合意
インドネシア政府(IAARD)と当社、技術的なサポートや売上の一部を還元
 
 

サカタのタネとインドネシア政府は当社が世界的に販売している園芸用草花『サンパチェンス』=写真=について、生物多様性条約(Convention on Biological Diversity、以下CBD)に基づき、遺伝資源を利用していくことで正式に合意しました。園芸用植物のカテゴリーでのCBDに基づいた資源国と種苗会社の合意は、世界でもまだ数例しか知られていません。2015年11月、両者の代表者が合意文書に調印しました。
 


サカタのタネが販売している『サンパチェンス』は、生物多様性条約に基づき、インドネシア農業研究開発庁(Indonesian Agency for Agricultural Research and Development、以下IAARD)と共同で開発された園芸用草花です。『サンパチェンス』はインドネシア国内に自生するインパチェンス属の野生種を育種素材として利用しています。同庁とサカタのタネは2000年代初頭、この野生種の利用に関する基本合意をしており、サカタのタネが研究開発を進めてきました。基本合意以降、サカタのタネはCBDに基づいて同国の遺伝資源を利用してきました。

『サンパチェンス』は2006年の販売開始以来、2016年現在、日本やヨーロッパ、北米、南米など世界中に広まりつつあります。同商品の売り上げの一部は遺伝資源へのアクセスと利益配分の契約(Access and Benefit-Sharing、以下ABS)に基づき利益配分が行われており、これまでサカタのタネは『サンパチェンス』の売上金の一部をインドネシア政府に還元しています。また今回の合意を受け、当社は同国に技術的な支援も提供していきます。2014年にインドネシア政府とサカタのタネは協力体制を新たにし、新しい基準に基づく遺伝資源の共同調査を実施しました。2016年以降も両者は同国内でCBDに基づいた共同調査を続けていきます。インドネシア政府とサカタのタネは、今後も遺伝資源の利活用についてよりよい協力体制を構築する努力を続け、人類のかけがえのない財産である生物多様性の保全と活用に貢献していきます。
 

■生物多様性条約とサカタのタネの取り組み

当社ではこれまでも生物多様性条約に基づいた遺伝資源の開発に努めてきました。2007年11月に発売されたゴマノハグサ科の園芸用植物「メカルドニア イエロークロサイト」は、アルゼンチン国立農牧技術院(INTA)とサカタのタネの植物遺伝資源探査事業に基づき探査され、当社が開発した草花です。同商品の売り上げの一部は、生物多様性条約における遺伝資源へのアクセスと利益配分の契約に基づき、アルゼンチンに還元されており、同国の生物資源の保護に役立てられています。

なお、今回の『サンパチェンス』の交渉に際しては、一般財団法人「バイオインダストリー協会」(JBA)の協力を受けています。またインドネシア農業省と農水省の間で結ばれた了解覚書(MOU:Memorandum of Understanding)は、本合意の大きな後ろ盾となりました。

■インドネシア農業研究開発庁への技術支援について

当社は今後5年間、インドネシア鑑賞植物研究所(Indonesian Ornamental Crop Research:IOCRI)に対する育種サポートを行います。当社のブリーダーがIOCRIに育種技術をレクチャーするほか、両者はインドネシア国内の新たな遺伝資源の発掘に向けて共同収集、共同評価・選抜を行っていく予定です。なお当社のサポートによってIOCRIが新しく得た優良な品種については、当社に優先的に商品化する権利があります。

■『サンパチェンス』について

『サンパチェンス』はツリフネソウ科インパチェンス属の種間雑種で、サカタのタネの育種により開発された園芸用草花です。現在、世界で約30品種が販売されています。その最大の特徴は、画期的な生育の旺盛さ、夏場の高温と強い日差しに耐える高い耐暑性、長期間、鮮やかな花を楽しむことができる開花持続性です。大きさは1株を鉢植えにした場合、約60㎝、露地植えでは約1mの大株になります。色はオレンジ色、白色、ピンク色、赤色などがあり、非常に鮮やかです。また根がよく張るため、強風で倒れてもすぐに回復するほか、風雨にあたっても花が長もちします。こうした特徴から、一般家庭での利用はもちろん、公園の花壇や公共機関の植栽などにも向いています。2006年の販売開始以来、『サンパチェンス』の高いパフォーマンスは日本、北米、欧州、南米など世界中の園芸愛好家や造園家から評価されています。全世界での累計販売総数は1億本を越えており、園芸用植物の新たなスタンダードとして世界的に普及し始めています。

■『サンパチェンス』の受賞歴

「Euroflora2006」(2006、イタリア):金賞受賞
「第1回(2006-2007)ジャパン フラワーセレクション」(2006、日本):ベスト・フラワー賞など受賞
「第2回(2007-2008)ジャパン フラワーセレクション」(2007、日本):フラワー・オブ・ザ・イヤー受賞
「Outstanding Varieties Competition」(2008、アメリカ):Best in Class : Bedding Plant受賞
「Four Oaks Trade Show」(2008、イギリス):Best Plant Introduction Bedding or Pot Plant受賞
「Royal Horticultural Society」(2009、イギリス):Award of Merit受賞
「Euroflora 2011」(2011、イタリア):most prominently FIRST PRIZE in category (Impatiens)受賞
「Royal Horticultural Society」(2014、イギリス):Award of Garden Merit受賞
「Royal Horticultural Society」(2014、イギリス):People’s Choice Award受賞
「All-America Selections 2015」(2015、アメリカ):AAS Flower Award Winner受賞

 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.