サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2016>
  4. 人気のガーデンプリムラ「アラカルト®」がリニューアル

ニュースリリース|2016

2016年09月07日

人気のガーデンプリムラ「アラカルト®」がリニューアル
花が大きく、さらに鮮やかな花色に、厳寒期でも休まずによく咲く

 

サカタのタネは、人気のガーデンプリムラ「アラカルト」をこのたびリニューアルし、ガーデンプリムラ『アラカルト シュシュ』(=写真=)シリーズとして2016年11月中旬から苗の販売を開始いたします。
 


『アラカルト シュシュ』シリーズは、従来の「アラカルト」の特徴であった寒さに強く丈夫な性質はそのままに、より花が大輪で花色が鮮やかになりました。ラインアップはレッド、ピンク、イエロー、ホワイトの4品種で冬場のガーデニングシーンによく合う温かみのある色合いとなっています。

『アラカルト シュシュ』シリーズは、従来のプリムラ(ジュリアン・ポリアンサ)よりも寒さに強く、丈夫で、厳寒期でも花が休むことがなく、よく咲きます。積雪や霜に強く、冬の定番花であるパンジーと同等の耐寒性をそなえています。さらに、気温が上昇しはじめる3月中旬頃には花がいっそう豪華に咲き誇ります。草丈が高いため、花材が少ない時期に寄せ植えの主役として活躍します。さらに降雨による泥はねで花が汚れる心配もありません。花茎が従来のプリムラよりも長いため、寄せ植えの際に立体感を出すことができガーデニングシーンでの活躍が期待されます。

『アラカルト シュシュ』シリーズは、全国の種苗店、園芸店、ホームセンターなどで11月中旬から発売します。実勢予想価格は10.5cmポット400円(税別)程度です。当社ガーデンセンター横浜では、11月15日から発売いたします。


■「アラカルト シュシュ」シリーズの概要

① 耐寒性に優れ、積雪や霜に強く、晩秋から春まで休まずによく咲く
② 「アラカルト」よりもさらに花径が大きく、鮮やかな花色のラインアップ
③ 従来のプリムラよりも草丈が高く、花材の少ない晩秋に寄せ植えの主役として活躍できる
④ 降雨による泥はねで花が汚れる心配がない


■「アラカルト シュシュ」シリーズの販売ルート、時期、形態、価格

全国の種苗店、園芸店、ホームセンターなどを通じて2016年11月中旬から発売開始。実勢予想価格は、10.5cmポットで、400円(税別)程度。当社ガーデンセンター横浜では、11月15日から発売いたします。


■「アラカルト シュシュ」シリーズのラインアップ 全4品種

品種名 特徴
アラカルト シュシュレッド 存在感のある鮮やかな濃い赤色
アラカルト シュシュピンク ビビットで愛らしいピンクの花色
アラカルト シュシュ イエロー 明るく発色のよい黄色
アラカルト シュシュ ホワイト クリームがかった白色


■積雪や霜のダメージからの回復力が高く、花壇需用でさらに真価を発揮

秋~冬に出回る草花は基本的に耐寒性が備わっています。しかし、耐寒性の強い植物であっても積雪で雪を被り、何日も雪の中に埋まった状態が続いたり、強い霜に数日間あたると株のダメージによってはそのまま枯死してしまうことがあります。『アラカルト シュシュ』シリーズは、このような状況下でも株が回復しやすく、厳寒期でも休まず花を次々と咲かせることから、プランター植えのみならず、花壇に植えても素晴らしいパフォーマンスが期待できます。
 


『アラカルト シュシュ』シリーズ
寄せ植えの降雪後の様子


■花材が少ない晩秋~冬の時期に、使いやすさと鮮やかな花色で活躍

晩秋から冬の花壇材料の定番といえばパンジー・ビオラ、従来品種のプリムラなどがあげられます。これらは色や形、多くのバリエーションがあり人気を博しています。一方で草丈が15~20cmと低いため寄せ植えや花壇での植栽では立体感を出すことが難しく物足りなさが残るのが現状です。また、この時期は春~初夏に比べ花の種類が少ないため、メインを飾れる花材選定に悩みがちです。


ガーデンプリムラ『アラカルト シュシュ』
シリーズと従来品種の草丈の比較


『アラカルト シュシュ』シリーズは、20~30cmとちょうどよい草丈のためさまざまな用途で使い勝手がよく、鮮やかな花色で存在感を発揮し、この時期のガーデニングで活躍が期待できます。

 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.