タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 中玉トマト 「シンディーオレンジ」

中玉トマト 「シンディーオレンジ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「中玉トマト 「シンディーオレンジ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 甘みが強く、フルーツのような食感を楽しめるオレンジ色の中玉トマト

特性

1.萎凋病(F:R-1、2)、ToMV(Tm-2a)、半身萎凋病、葉かび病、斑点病に抵抗性で、ネマトーダに耐虫性の中玉トマトです。
2.果実は硬玉で裂果の発生が少なく、房どりも可能です。1果重は約40~50g、果形は豊円で、果色は鮮やかなオレンジ色で、テリがあります。食味は酸味が控えめで甘みを感じやすく、フルーツのような食感です。
3.草勢はやや強く、スタミナがあります。節間は非常に詰まりますが、小葉のため草姿はすっきりとします。
4.下段はシングル花房で、上段からダブル花房となります。1花房あたり8~12果程度着果します。

適応性

夏秋・促成栽培に最も適し、抑制栽培も可能です。

育苗管理

播種床の地温は25~28℃とし、播種後14日くらいの本葉1.5枚時に移植をします。葉と葉が接触するころに苗広げをし、育苗面積を十分にとります。肥料不足のときは液肥などで追肥をします。

定植準備

作付け前に圃場の土壌診断をし、適正な肥料設計を立てます。元肥量は圃場により異なりますが、10aあたり成分量で窒素10~12㎏、リン酸12~15㎏、カリ10~15㎏を標準とします。

定植・栽培管理

定植は第1花開花ごろを基本とします。灌水は、1段果実肥大期ごろを目安に草勢を見て行います。追肥は3段花房開花ごろを目安に行います。

病害虫防除

青枯病の汚染が激しい圃場では「サポート」「レシーブ」などを、褐色根腐病、青枯病の汚染圃場では「マグネット」「ブロック」などを用いて接木栽培を行います。また、近年は黄化葉巻病、うどんこ病やすすかび病の発生が多くなってるので、防除を徹底してください。

栽培上の注意点

草勢は初期やや強いですが、早生着果性がよいので、適期の灌水、追肥による樹勢の維持を心がけます。
・温度管理は最低夜温10~11℃で管理し、マルハナバチを使用する場合12℃程度を確保するようにします。従来の品種と比較して花粉の稔性はよいです。
裂果に強く、果肉が厚く、日もち性がよいので、黄色~オレンジ色に着色してからの収穫を心がけます。
・抑制栽培などの高温期の栽培や多肥栽培では、花数が多くなり、小玉傾向となることがあるので、状況によっては花数を制限します。
・低温期の越冬長段取り栽培などでは、ダブル花房となり、第1果がやや奇形果となることがあるので、適宜摘果するようにします。また、トマトトーン処理の場合はやや薄めの濃度で行うようにします。

栽培暦


※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

中玉・ミニトマト品種特性表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きます中玉・ミニトマト品種特性表.pdf
中玉トマト 「シンディーオレンジ」
サカタ交配
品目 トマト
原産地 中南米
科・属名 ナス科トマト属

中玉トマト 「シンディーオレンジ」を買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰1000粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.