タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ナス 「マー坊®」

ナス 「マー坊®」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ナス 「マー坊®」 の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント とろけるおいしさ!赤紫色が鮮やかなナス

特性

1.果実は長さ25~30cm、太さ2~2.5cmのやや曲りのある細長タイプ。果重は約70g。果色は鮮やかな赤紫色で、日に当たることでより濃い紫色になる。
2.最大の特長はすぐれた食味。皮、肉質ともにやわらかく甘みがある。油との相性がとてもよく、加熱調理をするととろけるような食感になる。
3.着果性がよく、1株から20~40本程度収穫できる。栽培方法も従来のナスと変わらず、露地でもつくりやすい。草勢はややおとなしく、定植後の管理がしやすい。草丈は露地栽培で、1~1.5m前後になる。

栽培のポイント

栽培方法は従来のナスと同じです。「マー坊」は乾燥や温度変化などのストレスを受けると果実が曲がりやすくなります。曲がりや傷の少ない青果を収穫したい場合は、ハウスでの栽培をおすすめします。

元肥施肥量は、圃場、栽培期間により異なりますが、ハウス栽培では10aあたり成分量で窒素10kg、リン酸20kg、カリ10kgを標準とします。(露地栽培の場合、1~2割増やします。)
追肥は1番果収穫時から始め、以後10~14日ごとに窒素とカリを主体に10aあたり2~3kg程度施します。
・畝幅1.8~2.0m、株間50~60cmの間隔で定植します。
誘引整枝は栽培期間によっても異なりますが、草勢をコントロールしやすいV字型の3本仕立てにし、老化葉や重なっている葉の摘葉を行って樹の内側まで光が当たるようにします。
・水分が不足すると果実が硬くなったり、曲がりやすくなるので十分な水やりを心がけます。
・収穫は果実の太さ2~2.5cmを目安に行います。

作型図

販売促進ツール

店頭で目を引き、鮮度保持にも役立つオリジナル青果袋や、品種の特長を消費者にわかりやすく伝えるダウンロード用青果POPをご用意しております。

調理のポイント

その名のとおり「麻婆茄子」などの炒め物にぴったり!揚げたり焼いたりしてもとてもおいしいです。
「マー坊」の赤紫色はとても繊細で、調理過程で茶色く変色してしまいます。普通に食べてもおいしいですが、鮮やかな色を残すためには、以下のように下ごしらえをしてから料理するのがおすすめです。

○素揚げして
切った「マー坊」を高温(180~200℃)の油で20~30秒揚げます。

○電子レンジで簡単に
切った「マー坊」に多めの油をからめ、深めの耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ(500W)で約2分(※)加熱します。 ※「マー坊」1本分の加熱時間の目安です。

ナス 「マー坊®」
サカタ交配
品目 ナス(茄子)
原産地 インド東部
科・属名 ナス科ナス属

ナス 「マー坊®」 を買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰500粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.