タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ナス 「黒福」

ナス 「黒福」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ナス 「黒福」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 上物率が高く安定多収入の中長系ナス

特性

1. 草勢強く、早生性、耐暑性があります。
2. 草姿は立性で、節間はやや長いですが、枝折れや倒伏の心配はありません。
3. 果形は首太の長卵形で、収穫期全般を通じて乱れ少なくよくそろい、上物率高く多収です。
4. 果色は光沢の強い濃黒紫色で、果皮はやわらかく味もよいです。
5. 土壌病害予防のため連作はさけ、発病地では土壌消毒、接木が必要です。

適応性

トンネル早熟栽培から露地栽培、露地抑制栽培に適します。

播種

播種用土には排水性、保水性、通気性にすぐれ適度な肥料成分を配合された無病土のスーパーセルトップVなどが適します。播種は、セルトレーの場合、主に200穴または288穴のものを使用します。播種後は十分に灌水し、播種床が乾燥しないように注意します。播種床の地温は発芽まで昼間30℃、夜間22℃の変温で管理すると発芽がよくそろいます。

育苗

播種後5~6日で発芽するので、その後は徒長しないように温度を徐々に下げ、灌水量もコントロールします。本葉2枚前後でポットに鉢上げします。深植え移植直後の多灌水は、病気の発生原因となるので注意します。鉢上げ直後は地温23℃で管理し、徐々に管理温度を下げ、苗広げをし、光線不足や、高温多湿を避け、よくしまった苗に仕上げます。

施肥

耕土は深く耕し、有機質肥料と暖効性肥料を混用し、長期間根に十分な酸素を供給できる土に仕上げておきます。全施肥料は土壌、栽培期間によって異なりますが、長期栽培では10a当たり成分量で窒素50~60kg、リン酸45kg、カリ40~60kgくらいを標準とします。

定植

畝幅1.8~2.0mのベッドをつくり、定植の7日前ぐらいにマルチを張って地温を上げ、温暖無風の日に株間60~80cmの間隔で植えます。

一般管理

誘引整枝は栽培期間によっても異なりますが、草勢をコントロールしやすいV字型整枝がよいです。3本仕立て後5~6番花くらいまでは放任栽培とし、この時点で5~6本の強い枝を主枝とし、残りの枝は花上1葉残し摘芯します。摘芯した側枝から果実を収穫するときに、切りもどし剪定を行い、以後繰り返します。また、ナスは水分を多く必要とする作物であり、過乾、過湿はさけ、常に通路部が湿っている状態にしておきます。梅雨明けの高温乾燥期には、地温の低下を兼ねて敷ワラか畝間に灌水します。

病害虫防除

土壌伝染性の青枯病、半枯病、半身萎凋病は、耐病性台木に接木して回避します。また病害虫が発生する前から、圃場の排水の改善や通風の確保などで耕種的防除を行います。なお、農薬は必要に応じて登録のあるものを使用基準に従って使用します。

収穫

果は13cm前後(80~100g)をめどに適期に収穫します。収穫は商品価値を落とさないように、なるべく早朝の日の出ないうちに行います。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ナス 「黒福」
サカタ交配
品目 ナス(茄子)
原産地 インド東部
科・属名 ナス科ナス属

ナス 「黒福」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 絵袋詰 20ml
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.