タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ミニキュウリ 「サラ」

ミニキュウリ 「サラ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ミニキュウリ 「サラ」 の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 果色よく省力型のハウス抑制用ミニキュウリ

品種の特性

1.7月上旬~8月下旬まきのハウス抑制およびハウス半抑制、トンネル、露地栽培に適します。
2. 高温長日下でも、主・側枝ともほぼ100%の雌花が着生します。側枝・孫枝ともに太く短いため、高温期の栽培でも過繁茂になることなく、整枝作業が軽減できます。
3. 果長は12~13㎝(20~30g)で果ぞろいがよく、高温時でも尻細果の発生はきわめて少ないです。
4. 果色は濃緑色で、いつの時期でも光沢よく、食味もよいです。

育苗管理

床土は完熟堆肥を十分に含み、排水と通気がよく、リン酸の肥効が高いものが望ましいです。
播種はプラントベッドなどを使用し、播種床の厚さは5~6㎝は必要です。抑制栽培では高温となるため、根の量が少なくなりやすいので、十分に苗の間隔を広げ、徒長させないことが上作多収のポイントとなります。
本種は、光沢の強い品種ですが、ブルームレス台木の「つやかEX」に接木すると、さらに高品質の果実が収穫できます。
育苗日数は18~20日ほど、展開葉数3.5枚前後の苗が定植適期です。

定植準備

土壌の通気、保水、排水をよくするために、10a当たり完熟堆肥を3~4t程度入れ、深耕を行います。元肥は、土壌分析の結果に基づきますが、一般のキュウリに比べ、成分で20~30%ほど減らし、生育初期には栄養成長になりすぎないようにします。また元肥は、油、骨粉などの有機質肥料緩効性肥料を主体とします。
日射量も多く、高温となる抑制栽培では、密植は禁物であり、10a当たり1,200本程度の栽植密度が標準となります。

定植から活着まで

定植時は、ポットに十分灌水を行い、活着をスムーズに行わせます。定植活着するまでは、株元およびハウス内の通路などに散水を行い、急激なしおれや芯焼けを防止します。活着後は灌水をなるべく控え、根を深く広く張らせます。主枝ピンチまでに、根の張る範囲が決定されるので、地上部の徒長に注意し、根を広く張らせることが、上作の要点です。

活着後の管理

4~5節までの側枝は早めに摘除します。本種は、側枝が短い方なので、上下段の側枝は1節、中段は2節止めを原則とします。主枝のピンチ後は、必ず力強い成長点を3本程度は残し、草勢の維持をはかります。孫枝は10月上旬ごろまで1~2節止めとし、それ以降は半放任とします。
摘葉は比較的早い時期から行う方がよく、老化葉および若い展開中の葉に覆いかぶさるような葉は、早めに摘除します。1回の摘葉は2~3枚を限度とし、もし1回に多量の摘葉を行った場合は、同時に摘果(尻太果、尻細果など)を行い、草勢の維持に努めます。
外気温が12℃以下になったら、夜間ハウスの天窓、サイドを閉め、ハウス内の温度を保つようにします。

追肥と灌水

追肥は果実の肥大を確認してから行い、1回に10a当たり窒素を2~3kg程度で草勢を見ながら施します。灌水は、1番果肥大開始ごろから本格的に始めますが、一度に多量の灌水をすると根を傷める原因となるので注意します。

病害虫対策

抑制栽培ではウイルス病の発生を招きやすいので、育苗床、本圃のまわりを寒冷紗で囲い、アブラムシ、オンシツコナジラミなどの防除に努めます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

キュウリ品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますキュウリ品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
ミニキュウリ 「サラ」
サカタ交配
品目 キュウリ(胡瓜)
品種 ミニキュウリ
原産地 インド(ヒマラヤ)
科・属名 ウリ科キュウリ属

ミニキュウリ 「サラ」 を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰 350粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.