タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ハラペーニョ 「エンジョイ」

ハラペーニョ 「エンジョイ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ハラペーニョ 「エンジョイ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 乾燥と病気(タバコモザイクウイルス)に強く、長い間たくさん収穫できるので、家庭菜園向きです。果実はシワのないきれいな形で、重さ25gほどの濃緑で果肉の厚いハラペーニョです。

特性

乾燥と病気(タバコモザイクウイルス)に強く、長い間たくさん収穫できるので、家庭菜園向きです。果実はシワのないきれいな形で、重さ25gほどの濃緑で果肉の厚いハラペーニョです。

育苗管理

播種後、発芽までの地温は30℃を目安にし、発芽後は日中の気温28℃、地温は28℃から徐々に下げて25℃程度で管理します。発芽後10~15日、本葉2枚くらいのとき鉢上げします。移植後の温度管理は活着を促すためはじめの地温は28℃にし、生育にしたがい20℃まで下げていきます。活着後は夕方にポットの表面が白く乾く程度の灌水とし、生育に応じ液肥などを施し肥料切れを防ぎます。定植の1週間前までにはマルチをしておき、地温確保を心がけます。外気が十分に暖かくなってから(15~16℃)畑に植えつけることが大切です。

定植準備

完熟堆肥の施用や深耕を心がけ、排水性と保水性、通気性や保肥性を兼ね備えた土づくりをめざします。未熟堆肥の施用は作物の生育を阻害するため、「バイオ21」を利用した優良なボカシ堆肥や、無臭性微生物肥料「バイテクバイオエース」、「金の有機」などの有機肥料を積極的に利用することをおすすめします。
元肥は10a当たりの成分量で窒素15~20kg、リン酸20~25kg、カリ15~20kgを標準とします。
うね間150~180cm、株間50~60㎝(放任栽培の場合は80cm)を目安として畑をつくります。

栽培管理

第1花の開花1~2日前の若苗が定植適期です。定植後は第一分枝の下を仮支柱で誘引し、倒伏を防ぎます。樹を旺盛に作るために、活着後は第1~2花を摘花すると良いです。
仕立て方は、主枝3~4本仕立てとすることで収穫がとぎれず、整枝や防除などの管理も容易になります。放任栽培も可能ですが、勢いの強い主枝を杯状に誘引し、株内部の採光性と通風性を確保することで秀品率が上がり、病害虫の発生を減らすことができ、さらに収穫や整枝の作業性もよくなります。7月以降の乾燥をさけるため、株元から畝間に厚めに敷きワラなどをします。
追肥は収穫開始頃から2~3週間おきに施します。1回の施肥量は10a当たり窒素成分で2~3kg程度とします。「銀の有機」などの有機質肥料の投入も効果的です。肥料切れすると果実が小さくなりやすいので、早めの追肥を心がけます。
栽培期間が長く、病虫害の発生があるので、早めの防除が大切です。

栽培管理 病害虫防除

ミナミキイロアザミウマはごく少数でも大きな被害をもたらすため、粘着トラップなどで早期に防除します。ヨトウムシ、アブラムシの被害も受けやすいので、早期に発見して薬剤を散布します。

収穫

開花後15日くらいで実が大きくなり始め、さらに5~10日で果実の尻部にヒビが入り始めたら収穫します。果長6cm、重さ25gくらいが収穫適期です。次々と実がなるので、株を疲れさせないためにも早めの収穫を心がけると、長期にわたり収穫出来ます。赤く熟させてから収穫することもできますが、収量は少なくなります。ピーマンの枝は折れやすいので、収穫は必ずハサミを用いて行います。ビタミンA、Cが多く含まれ、カロテンも豊富です。

栽培暦

ハラペーニョ 「エンジョイ」
サカタ交配
品目 ハラペーニョ
原産地 熱帯アメリカ
科・属名 ナス科トウガラシ属

ハラペーニョ 「エンジョイ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.