タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. スイカ 「金山」

スイカ 「金山」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「スイカ 「金山」 の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント トンネル栽培および露地栽培に適し、トンネル栽培での着果性も高く、栽培しやすいです。

特性

1.トンネル栽培および露地栽培に適し、トンネル栽培での着果性も高く、栽培しやすいです。
2.果重6~7kgのやや腰高型で球ぞろいがよく、肉質は適度にしまり日もち性がよいです。
3.糖度11~12度で食味よく、成熟までの日数は6~7月収穫で開花後43~45日が目安です。

適応性

親づる1本と子づる2本の3本に仕立てます。極端な低節位に着果したものは摘みとり、15~25節に着果させるようにします。つるが伸び始めたら敷きワラをします。つるボケの心配は少ないですが、元肥の窒素肥料は控えめとし、果実がこぶし大になったころ化成肥料を施します。

畑の選定

梅雨期を経て、高温・乾燥期の栽培になるので、梅雨期に地下水が高くなると通気性がわるくなり、根張りが浅くなって、その後の乾燥で被害を受けて草勢が急激に衰えやすいため、排水のよい畑を選んで作付けし、根が深く張るように心がけることが大切です。

施肥

スイカの施肥には、骨粉、米ぬか、菜種油かすなど有機質肥料が用いられますが、これは、3成分の割合がよいこと、肥効がゆるやかなため、草勢のバランスがよく、着果・品質・甘みが増すためで、元肥は有機質を主体にした肥料設計が大切です。

栽培暦

スイカ 「金山」
サカタ交配
品目 スイカ(西瓜)
原産地 南アフリカ (カラハリ砂漠)
科・属名 ウリ科スイカ属

スイカ 「金山」 を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.