タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. メロン 「プリンスPF」

メロン 「プリンスPF」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「メロン 「プリンスPF」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 「プリンス」より一回り大きく、やや腰高で肌のきれいな果実です。

特性

1.「プリンス」より一回り大きく、やや腰高で肌のきれいな果実です。
2. 草勢が強く、うどんこ病やつる割病に耐病性があるので、長期にわたって果実をとるのに向きます。

栽培環境

昼間27~30℃、夜間17~20℃前後が適温です。土質は特に選びませんが、水はけがよく有機質に富んでいるのが理想的です。10a当たり苦土石灰を100~150kg、完熟堆肥腐葉土を2000~3000kg、有機または化成肥料を80~120kg施します。うね幅200~250cm、株間75~100cmを目安とし、ポリマルチを張り、敷きワラをします。泥はねを防ぐので、病気にかかりにくくなり、雑草防除にも効果的です。植えつけ時の地温は16℃以上を確保します。

タネまき~植えつけ

市販の育苗用土などを入れた12cm程度のポリ鉢に深さ1cmほどの穴を作ってタネをまき、覆土して軽く押さえてから潅水します。発芽まで25~30℃に保ちます。育苗時は昼温が30℃を超えないようにするとともに、夜温が15~20℃になるよう調節します。タネまき後40~45日で苗を仕上げ、植えつけ前にできるだけ早く本葉4~5枚で親づるの芯を摘んでおきます。植え付けは根鉢をくずさないように浅植えし、潅水します。この時、晩霜のおそれがある時はホットキャップをかぶせて保温します。

管理のポイント

子づるが20cmほど伸びたとき、3~4本残してほかは摘みとります。各子づるの3~4節目までの孫づるはかきとり、残した孫づるは2葉残して芯を摘み、果実をならせます。その後、形のよい果実を選び、各子づるに2~3個残します。子づるの先は20節程度で芯を摘み、わき芽は込みすぎない範囲で、できるだけ残す方が株が疲れず、最後までおいしい果実が収穫できます。

病害虫・生理障害

日当たり、風通し、排水のよい畑で栽培して、病害虫が発生しないようにします。窒素肥料が多いと、過繁茂になって風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。病害はつる枯病、べと病など、害虫はハダニ類、アブラムシなどの被害があるので、それぞれ早めに防除を行ってください。害虫防除には定植前に、定植穴への殺虫剤の粒剤施用も効果的です。連作は避けましょう。

収穫・保存・利用

交配日を記入したラベルをつけておき、日数がきたら試しどりをして収穫期を判断します。独特の芳香が漂い、ヘタと果実の間に離層が出始めたら収穫の適期です。収穫が遅れると過熟になり、アルコール発酵や肉質劣化が起こります。

栽培暦

メロン品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますメロン品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
メロン 「プリンスPF」
サカタ交配
品目 メロン
原産地 アフリカ、インド
科・属名 ウリ科キュウリ属

メロン 「プリンスPF」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.