タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ハクサイ 「富風」

ハクサイ 「富風」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ハクサイ 「富風」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 耐病性抜群65日から100日ぐらいまで、いつでも収穫できる品質極良種

特性

1. 軟腐病、ウイルス病、べと病、白斑病にとくに強いです。草勢も強くつくりやすいです。
2. 播種後65日(2㎏)から収穫でき、100日ぐらい(4~5㎏)まで裂球せず肥大するので、圃場に置くことができる収穫期の幅が広い中早生品種です。しかも品質はいつでも変わりません。
3. 草姿はやや開張性。耐寒性は中程度から若干弱いほうに属します。
4. 球は葉重型で尻張りのよい大球円筒形、肉質やわらかく、品質すぐれます。

適応性

一般の秋ハクサイとしては、軟腐病に強いので、8月5日以降からの早まき・早どりに適し、そのまま収穫を遅らせればさらに肥大するので、大玉、多収向けとなります。すなわち10月上旬~12月下旬の長期間収穫にも好適します。とくに暖地では1月下旬までも長く収穫できるので後半は極大玉多収をねらえます。
包被円筒形なので、西南暖地の冬期の雨による球の腐敗も少なく、好まれるタイプです。
土壌適応性は広いですが、保水力のある砂壌土、または壌土に最適です。

土づくり

有機質に富み保水力のある土づくりが大切です。完熟堆肥や市販の有機質肥料を施用します。未熟堆肥の直前施用は病害虫発生の要因となるのでさけます。未熟堆肥を施用する場合、「バイオ21」と米ぬかを混ぜ、3~4日おきに切り返しを2、3回行うと、堆肥が発酵し完熟堆肥になります。
適正酸度は、pH6.0前後なので、年1回苦土石灰などで調整します。

肥料

土壌診断をもとに適正な肥料設計を行うことが望ましいです。標準として元肥10a当たり窒素成分で15㎏程度とします。追肥定植2週間後、結球始めに10a当たり窒素成分で2㎏程度施用します。12~2月収穫の場合、収穫間際に肥料切れを起こしやすいですので、もう1、2回施用します。元肥と同時に微量要素剤を施用するとホウ素欠乏症などの予防に効果があります。

播種

128穴トレーを使用し、1穴2粒まきとし発芽をそろえます。間引きは本葉1枚時までに早めに行います。

定植

60×40~45㎝株間を標準とします。

病害虫防除

コナガ、アブラムシなどの防除で注意すべき点は、同じ系統の農薬を使い続けないことです。同じ農薬を使い続けるとその農薬に対する耐性が早くつきやすくなります。JA、農業改良普及センターなどと相談したうえでローテーションを組んで防除に努めましょう。

収穫

一般地で年内いっぱいに収穫する場合も、播種後約65日から収穫でき、その後も草勢が衰えることなく、耐病性も強く、裂球もなく、球の肥大が進み、次第に大玉となります。長期にわたっていつでも収穫できる在圃性のきわめて長い画期的なタイプのハクサイです。
尻張りのよい円筒形品種でダンボール出荷用にも適します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ハクサイ品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますハクサイ品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
ハクサイ 「富風」
サカタ交配
品目 ハクサイ(白菜)
原産地 中国
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ハクサイ 「富風」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 絵袋詰 20ml
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.