タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ハクサイ 「ちよぶき85」

ハクサイ 「ちよぶき85」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ハクサイ 「ちよぶき85」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 根こぶ病に幅広い耐病性をもち、耐寒性にすぐれる黄芯系秋まき中生品種

特性

1.秋まきで播種後80~85日ほどで収穫できる中生品種です。
2.外葉は鮮緑色で頭部はよく抱被します。草姿は立性で結束の作業性にすぐれます。
3.球形は胴張りする砲弾型で、球長30㎝前後、球重3.0㎏前後になります。
4.球内色は全体に黄色がまわりカットしたときの見栄えがよいです。肉質がやわらかく、甘みも乗りやすく、食味、品質がよいです。
5.結球性が安定しており、そろいがよく収穫作業性にすぐれます。秋まき冬どりの作型で利用できます。
6.ゴマ症や石灰欠乏症によるチップバーン、アンコなどの生理障害にも強くつくりやすいです。
7.根こぶ病は従来よりも幅広いレースに対して耐病性を示します。べと病耐病性です。

適応性

本品種は一般地の8月下旬まき12~1月収穫、暖地の9月上中旬まき12~1月収穫の栽培で利用できます。べと病耐病性で、根こぶ病には幅広い耐病性を示します。また、石灰欠乏症にも強く、根張りも強いので水田裏作などの重い土壌にも適応します。

播種、育苗、定植

8月、9月まきの栽培では、本葉3枚程度で定植するように心がけます。苗の管理は徒長防止のため高床にします。灌水は天候を見ながらになりますが、過剰な灌水、午後2時以降の灌水も徒長の原因となるのでさけます。老化苗を使うと定植後の活着、生育がわるくなり石灰欠乏症の原因ともなるので注意します。定植後の極度な低温や乾燥もわき芽発生の原因となるので注意が必要です。

肥培管理

定植前に元肥を施用します。10a当たり窒素成分で15~18㎏を標準とします。有機肥料、微量要素材をあわせて施用してください。追肥は10a当たり窒素成分で2~3㎏で2~3回に分けて施します。1回目は定植10日ほど後で株元に施します。2回目は定植20~30日後(結球始め)で畝間に施し、除草も兼ねて中耕します。

収穫

頭部を押さえてかたくなり中身がある程度しまっていたら収穫です。収穫遅れは、石灰欠乏症や球内の退色によって品質が低下するので適期収穫を心がけます。

病害虫対策

暑い時期の育苗ではハイマダラノメイガ(シンクイムシ)、コナガ、ヨトウムシの被害が発生しやすくなります。苗床の入口には寒冷紗などを張って極力害虫の侵入を防ぎます。定植後は、害虫が大きくなり農薬が効きにくくなる前に早めの防除を心がけます。性フェロモンを利用したフェロモントラップを圃場に設置するのも減農薬につながる技術として有効です。

生理障害対策

石灰欠乏症などの生理障害は、圃場に十分な石灰、ホウ素があっても発生します。原因としては、老化苗の定植、過剰な施肥、過湿、結球期の極度な乾燥、気温の変化などで根の働きがこじれ、必要成分を十分吸収できない際に発生します。これにはハクサイの根張りをよくつくることが大切です。圃場へバイテクバイオエースなどの有機質肥料や、完熟堆肥を投入し健全な土づくりを心がけることによって、生理障害の発生を軽減させます。また、有機質に富んだ圃場のハクサイは風味がよく、品質の向上にもつながります。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ハクサイ品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますハクサイ品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
ハクサイ 「ちよぶき85」
サカタ交配
品目 ハクサイ(白菜)
原産地 中国
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ハクサイ 「ちよぶき85」を買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰20ml  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.