タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ブロッコリー 「緑帝」

ブロッコリー 「緑帝」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ブロッコリー 「緑帝」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 「緑嶺」と同熟期で、より花蕾品質すぐれた中生品種

特性

1.熟期は「緑嶺」とほぼ同じ中生品種で、播種後105~110日で収穫となります。
2.栽培適応性が広く、夏まき秋冬どりのほか、秋まき春どり、春まき初夏どりなど種々の作型に使えます。
3.葉は濃緑、細めで草姿は若干立性となり、よくそろい、細菌性黒斑病や黒腐病に強いです。
4.花蕾形よく、花蕾粒小さく、よくそろい、「緑嶺」よりアントシアンの着色が少ないので花蕾色がよいです。

適応性

一般地の夏まきでは7月中旬~8月中旬に播種し、10月下旬~12月下旬に収穫します。春まきは1月下旬~3月上旬に播種し、5月中旬~6月中旬に収穫します。高冷地では3~4月に播種し、6月中旬~7月下旬に収穫する栽培型と、6月中旬~7月下旬に播種して9月中旬~11月上旬に収穫する2つの栽培型に適します。このほか暖地では11月上~中旬に播種して翌年の4~5月にかけて収穫する秋まき春どりもできます。この作型では2月まきのように加温育苗の必要がなく、施設、労力面で楽な作型です。
土壌は水田から火山灰土まで各種土壌に適応します。

播種

通風、日当たりのよい場所を選びます。播種用土は排水がよく、保水力のあるものを使用し、10cm間隔にスジまきとします。薄まきしてがっちりした苗をつくります。播種後は十分灌水し、寒冷紗のトンネルなどで覆い、発芽まで乾燥させないようにします。

育苗

播種後15日前後、本葉2枚ごろが移植の適期です。1.2m幅の移植床を短冊型につくり、条間を15cmずつとり、1条に10株植えるのが、管理の面からも適当です。

定植

播種後30~35日で、本葉5~6枚の若苗を定植するのがよいです。栽植距離は7月中旬まきなどの早い時期のものは茎葉が大きくなるので、条間70cm、株間40㎝程度が適当で、遅い作型や春まき栽培では比較的小ぶりにできるので、条間60㎝、株間40㎝程度でよいです。

一般管理

定植後は、中耕と除草を兼ねて、植えつけ後15~20日に第1回の追肥を行うと同時に、株元に土寄せをして、風で苗が振りまわされるのを防ぎます。

施肥

堆肥など有機質肥料のほか、苦土石灰を10a当たり80~100kg全面に施して耕し、その後、窒素15kg、リン酸18kg、カリ15kg程度を元肥として施します。後の追肥も入れて10a当たり窒素23kg、リン酸18kg、カリ20kgを標準とします。

収穫

本種はしまりのよい豊円な花蕾で、花蕾粒も小さくくずれが遅いので、大型の花蕾になっても形が整っています。しかし、あまり大きな花蕾で出荷しても値段が安くなるので、直径12~13cmになったとき収穫します。

栽培暦


※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ブロッコリー品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますブロッコリー品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
ブロッコリー 「緑帝」
サカタ交配
品目 ブロッコリー
原産地 地中海沿岸
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ブロッコリー 「緑帝」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 絵袋詰20mℓ
ペレット5000粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.