タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ダイコン 「天宝」

ダイコン 「天宝」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ダイコン 「天宝」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 肉質極良の極晩抽系青首ダイコン

品種の特性

1. 極晩抽の青首総太りダイコンです。
2. 低温時でも根の伸びがよく根長33~35㎝になり、肌にテリがあり青首が鮮明でそろいがよいです。春のマルチ栽培時でも根長38㎝ほどで極端に長根にはなりません。
3. 草姿はやや黄葉の立性・中葉でスッキリしているので管理しやすいです。

適作型

温暖地では12月上旬~4月上旬まきマルチトンネル栽培、暖地無霜地帯では9月末~10月中旬まき露地越冬栽培、冷涼地では3月中~4月下旬まきマルチトンネル栽培と4月末~6月上旬まきマルチ栽培に適します。

温暖地トンネル栽培 播種

条間30㎝×株間27㎝の3条まきが適します。この場合地温確保と排水を考えて20㎝程度の高畝にします。播種床の上部はかるく鎮圧しておくと発芽がそろい、岐根も少なくなります。

温暖地トンネル栽培 施肥

12月まきの場合、低温で肥効が悪いので10a当たり窒素10㎏、リン酸15㎏、カリ10㎏を標準とし、年明けまきの場合は地温が上昇し肥料も効きやすくなるので、窒素7㎏、リン酸10㎏、カリ7㎏を標準とします。

温暖地トンネル栽培 管理

トンネル栽培の場合、冬まきと早春まきでは管理の時期は若干ずれますが、栽培のポイントは3点に要約されます。
第1点は、播種から間引き(本葉5枚程度)まではトンネル内温度が32℃を上限の目安として十分保温し、花芽の分化をできるだけ遅らせます。
第2点は、生育中期にならしを行います。トンネルの両裾を10㎝ほど開放して、自然に外気が出入りできるようにします。ただし12月まきの場合、間引き作業が1月中旬~2月上旬の厳寒期に当たるため、寒害を受けやすくなるので、間引き前後には不繊布などの保温材をべたがけにし、株がしっかりするまで防寒をし、その後にならしを行います。
第3点は、生育後期、収穫直前になればできるだけ早くトンネルをはずし、外葉の伸びすぎを防ぎます。外葉が詰まってしっかりできていれば、マルチ表面に光が当たり、地温が上昇し根部の生育が順調にすすみ尻部の肉づきもよくなります。

暖地露地越冬栽培

この栽培では密植が多く生育期間も長いです。したがって肥料を順調に効かせることが一番大切です。12月末、2月はじめとこまめに追肥を行います。また若干寒い場所での栽培では不織布などをべたがけにして、葉、首の寒害を防ぐことが大切です。

寒冷地栽培

この品種は寒い時期の栽培のほうがよい形状にできるので、早い播種期に使うのがよいです。5月後半からの播種では、若干長形になります。また5月末~6月上旬の播種では、一般に黒芯などの生理障害が出やすいですので、微量要素を十分施し地温の上昇も防ぐように工夫します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培のマーク説明はこちら

ダイコン品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますダイコン品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
ダイコン 「天宝」
サカタ交配
品目 ダイコン(大根)
原産地 地中海沿岸、華南高地、中央アジア
科・属名 アブラナ科ダイコン属

ダイコン 「天宝」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 缶詰 2dl
絵袋詰 20ml ペレット 5000粒
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.