タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ダイコン 「冬みね」

ダイコン 「冬みね」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ダイコン 「冬みね」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 2~3月どり、暖地露地越冬用の青首ダイコン

特性

1. 晩抽系の青首ダイコンであり、品質、外観とも秋系大根にちかく、ス入りも遅い。3月下旬くらいまでは抽だいの心配なく収穫できます。
2. やや黒葉のつまり葉、とくに耐寒性が強く、暖地無霜地帯での密植型露地越冬栽培および温暖地の霜よけトンネル栽培に最適です。
3. 根部は根長37㎝、根径7㎝で肌にテリがあり、尻部の肉づきがよいです。
4. 首部内部の青肉になりにくいです。

適応性

とくに暖地無霜地帯の露地越冬栽培に向いており、この作型では10a当たり10,000本以上の密植栽培になります。播種は9月下~10月中旬で、収穫が2月上~3月中旬となる。
また温暖地の霜よけトンネル栽培は9月下~10月中旬に播種し、途中12月に入って霜が降りるころにすそ換気の霜よけトンネルをかけます。収穫は1月中~2月下旬となり、秋ダイコンと春ダイコンのつなぎ役となります。

播種

畝間45~50㎝、株間20㎝ぐらいの1条畝が標準となり、極密植栽培になります。

施肥

堆廐肥は前作のときに入れておきます。十分分解させないと岐根の原因となるので注意します。苦土石灰は10a当たり60㎏を全面に散布し、耕起しておきます。肥料は成分量で10a当たり窒素10㎏、リン酸13㎏、カリ10㎏を標準とし、元肥として全面に施します。露地越冬栽培の場合、生育途中の12月と2月ごろに2回追肥をします。追肥の量は1回当たり窒素3㎏、カリ3㎏とします。

管理 〔暖地露地越冬栽培〕

この栽培は極密植することによりお互いの葉が重なりあい寒害を防いでいます。また生育期間が長く、肥料切れを起こしやすいので注意します。
寒くなる前の12月に追肥をし、葉を丈夫
につくり、気温上昇期前の2月には根や葉の生育を促進するために追肥を行います。
また、生育途中の厳寒期には光線透過率のよい不織布などをべたがけにすると葉の傷みが少なくなり、よりよい品物が生産できます。

〔一般地霜よけトンネル栽培〕

この栽培は年内のうちに8割くらいの生育をさせ、いかに凍害から守るかがポイントです。霜よけトンネルはベッドの高さ(15㎝くらい)に両すそを開放しておき、トンネル内が蒸れないように管理します。とくに厳寒期には外葉や首が凍害を受けやすいですので、寒いところでは不織布などをべたがけにしておくとよいです。本品種は耐寒性が強いのであまり囲いすぎると葉が軟弱になり、かえって寒害を受けることになるので注意します。マルチをすると肩こけの心配がありますので、露地で霜よけ栽培をするとよいです。

収穫

いずれの作型でも播種から収穫まで120日以上かかります。形状としては根重1.0~1.2㎏で尻部に肉がついたのを目安にします。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培のマーク説明はこちら

ダイコン品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますダイコン品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
ダイコン 「冬みね」
サカタ交配
品目 ダイコン(大根)
原産地 地中海沿岸、華南高地、中央アジア
科・属名 アブラナ科ダイコン属

ダイコン 「冬みね」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 缶詰 2dl
絵袋詰 20ml ペレット 5000粒
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.