タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ダイコン 「冬しぐれ」

ダイコン 「冬しぐれ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ダイコン 「冬しぐれ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 尻のまとまり、そろいがよく、在圃性抜群のおいしいダイコン

特性

1.地上部は立性・小葉で耐寒性があり、密植栽培しやすいです。
2.根形は尻がよくまとまり、曲がり少なく、そろいがきわめてよいです。
3.早くから根形がまとまり、生育がゆっくりなので収穫幅があります。
4.肩張りしない円筒形の品種なので箱詰め作業がしやすいです。
5.青首内部が青肉になりにくく肉色は純白で、生食はもちろんおでんなどの加工にも向きます。
6.甘みが強く、食味がよいです。
7.低温期収穫となりますが、他品種と比べひび割れしにくいです。

土壌と肥料設計

元肥を少し控えめにし、追肥をこまめに行います。収穫間際の肥料切れは葉の耐寒性が落ちるので、十分注意します。排水性のわるい圃場では、肌の障害が問題になることがあります。この場合、堆肥や緑肥などの施用により土壌改良を行うことや、圃場を選ぶことが必要です。

播種

栽植密度は、地域や作型によって異なりますが、標準は畝間50㎝、株間25㎝です。

管理

生育後期は霜害・凍害が発生しやすい時期であり、肥料切れはそれらを助長し、根の肥大不足や肌の老化などの品質低下をまねくことがあるので、追肥をこまめに行います。また霜が降り始めたら、べたがけ被覆やトンネル被覆を行うことで霜害・凍害による症状を軽減できます。
病虫害防除については、早期の殺菌剤と殺虫剤の散布を心がけます。

収穫

収穫適期を過ぎてもス入りの心配が少なく、良質のダイコンが収穫できますが、収穫期を極端に遅らせると葉の枯れや各種障害が出やすくなるので注意します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培のマーク説明はこちら

ダイコン品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますダイコン品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
ダイコン 「冬しぐれ」
サカタ交配
品目 ダイコン(大根)
原産地 地中海沿岸、華南高地、中央アジア
科・属名 アブラナ科ダイコン属

ダイコン 「冬しぐれ」を買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

缶詰2dl 絵袋詰20ml
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.