タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 小カブ 「みふね」

小カブ 「みふね」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「小カブ 「みふね」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 高品質と耐病性を兼ね備えるおいしい小カブ

特性

1.生育は早生で秋~春まきに適します(関東温暖地) 。
2.根部は肥大よく、尻もまとまっています。ひげ根も少ないです。
3.肌は白色でテリがあります。玉ぞろいがよく、肉質はやわらかめで食味はよいです。
4.草姿立性で、葉の大きさは中程度、葉色は濃いです。葉軸は太くしっかりしているので結束しやすいです。
5.白さび病、根こぶ病、萎黄病に対して耐病性をもっています。

適応性

おもに9月下旬まきから4月まきに適します。10月中旬以降の播種はパンチフィルムを利用したトンネル栽培、11月下旬まきから2月下旬まきまではトンネル栽培もしくはハウスを利用した栽培が望ましいです(基準関東温暖地)。
複数の根こぶ病レースに対し幅広く耐病性を示しますが、近年レース分化が進んでいると報告されているので注意が必要です。発病した場合は抜き取り焼却処分します。すき込むと感染源を増やすことになるのでやめます。

栽培のポイント

施肥量は元肥中心に10aあたり窒素、リン酸、カリそれぞれ8kgを基準としますが、土質や前作の残効を考慮します。また高温期は5割減、低温期は2割増施肥します。追肥は生育状況に応じて少量施します。また、バイオエースなどの有機質肥料を施用することにより甘み、風味が増します。ただ生育は緩慢になるので、施肥量すべてを変えるのではなく一部を有機質肥料にします。
栽植密度は15×15cmを標準とします。高温期は若干広めにとります。
コナガ、アブラムシなどの防除には透明寒冷紗などのトンネル被覆栽培が効果的です。それでも虫害は完全に防げないのであわせて薬散を行いますが、使用農薬、使用回数などは各JA、各県の農業改良普及員に相談しましょう。

栽培暦


※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培のマーク説明はこちら

カブ品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますカブ品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
小カブ 「みふね」
サカタ交配
品目 カブ(蕪)
原産地 中央アジア、ヨーロッパ南西部
科・属名 アブラナ科アブラナ属

小カブ 「みふね」を買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

缶詰1dl 絵袋詰20ml
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.