タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. アスパラガス 「ポールトム」

アスパラガス 「ポールトム」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「アスパラガス 「ポールトム」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント さび病や根から入るフザリウム菌に強く、株枯れが出づらいため非常に作りやすい品種です。

特性

1.さび病や根から入るフザリウム菌に強く、株枯れが出づらいため非常に作りやすい品種です。
2.秋口まで葉がもちます。収穫物は太めのよいものが取れます。

播種・育苗管理

2年目からの収穫をめざすには、2~3月に72穴トレーを使い2~3粒ずつ播種します。培養土は「スーパーミックスA」などを使うとよいです。発芽適温は25~30℃で、発芽までに15~20日必要です。発芽のそろったところで必ず1本に間引きします。発芽後は地温15~20℃、気温最高30℃、最低5℃で管理します。灌水はポットの地表面が乾いたら、底まで水がしみる程度に行います。育苗中3回程度液肥を施します。

定植準備

畑は重粘土やれき質土をさけます。また水田では排水をよくして根張りを促します。永年作物ですから植え付け前に腐熟有機物の投入とpH調整、リン酸の施用、深耕など基本的土づくりを行うことが大切です。
施肥量は10a当たり、完熟堆肥3000kg、窒素15kg、リン酸k20g、カリ15kgを標準とします。栽植本数は畝幅120~180cm、株間30~45cmの1条植えとします

定植準備

育苗日数90日程度でポット全体に根がまわって、霜の心配がなくなった頃、定植します。植えつけの深さは定植苗の表面が5cm程度隠れる様にします。株養成の良否が収量に大きく影響します。定植後は敷きワラなどで雑草防除と夏場の乾燥防止に努めます。

定植後の管理

茎葉は晩秋黄変したら地際部より刈りとり、地表面をバーナー等で焼却し、畑は清潔に保ちます。
2年目は春、萌芽前に年間施肥量(10a当たり窒素25kg、リン酸30kg、カリ25kg)の6割と堆肥を畝間に施し、浅く中耕し、株元へ土寄せします。2年目の収穫は10~15日にとどめます。3年目以降の収穫は萌芽後収量と品質の低下のようすを見ながら収穫打ち切り期を決定しますが、およそ30~60日です。収穫打ち切り後、茎葉をきれいに整理し、若茎の萌芽と同時に2~3回集中的に薬剤散布を行います。その後残りの肥料を施用し、敷きワラを行います。茎の高さが1m程度でかるく先をつまんで第1回の先刈りを行い、その後2~3回先刈りを行って130~150cmの高さにそろえます。倒伏防止のために誘引紐を設置したり、フラワーネットで誘引したりすると収穫や管理がしやすくなります。

病害虫防除

定植後は茎枯病、斑点病の予防が大切で、とくに収穫打ち切り直後、梅雨、秋雨時期を中心に集中的に防除に努めます。暖地では雨よけ栽培が効果的です

収穫

ポット育苗や暖地の露地まきでは2年目から多少収穫できますが、本格的な収穫をするためには、苗を植えつけた年と2年目は収穫せずに株を十分に生育させておき、3年目から収穫を開始します。収穫初年である植えつけ3年目の収穫期間は2~3週間を目安とします。ゆでておひたしにしたり、炒めものにするなど簡単な調理でアスパラガスの風味を楽しむことができます。

栽培暦

アスパラガス 「ポールトム」
品目 アスパラガス
原産地 南欧からロシア南部
科・属名 ユリ科アスパラガス属

アスパラガス 「ポールトム」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.