タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. カボチャ 「雪化粧®」

カボチャ 「雪化粧®」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「カボチャ 「雪化粧®」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 粉質で食味のよさには定評がある白皮品種

特性

1.果実は2.3㎏前後の偏円形、果皮は白色です。
2.果肉は淡い黄色です。ゆでると鮮やかな黄色となり、強粉質です。
3.草勢は非常に強いです。雌花着生性は遠成りですが、1つる1果は着果します。
4.開花後35日ごろから果肉は強い粉質になりますが、開花後50日前後で粉質度、食味とも最高となります。
5.収穫後の腐敗や肉質の劣化が少なく、日もちはよいほうです。
6.収穫直後は煮くずれしやすいので、1か月程度貯蔵します。

適応性

洋種系カボチャは果菜類のなかでは冷涼な気候を好みます。草勢が非常に強いので、トンネル・露地栽培での粗放栽培に向く品種で、収量性よりも品質を重視した品種です。土質の適応性は広く、好適pHは5.8~6.8で、耐乾性、吸肥性もあり、やややせ地のほうがつくりやすいです。

育苗

発芽温度は、25~28℃です。発芽をはじめたら新聞紙をとり、十分に換気をして床温を18~20℃に下げ、徒長を防ぎます。子葉が7分展開したころに、10~12㎝ポリ鉢移植します。移植床は播種と同時に準備し、適温・適湿にしておきます。夜間の最低気温は本葉1~1.5枚展開時までは10~15℃、本葉2枚後は8~10℃、地温は14~15℃で管理します。また、灌水も移植活着後は控えめとし、かための苗に育てます。
育苗後半は、十分に光線を当てるため、葉が重ならないよう早めにずらしを行います。定植の数日前から灌水し、新根が旺盛に発生し始めたころを見計らって定植します。

施肥

施肥量は土質、前作などの残効により一概に決められませんが、草勢が強いので元肥は10a当たり窒素5㎏前後、リン酸15~18㎏、カリ10~13㎏を標準とします。とくに窒素肥料は「みやこ」の4割程度とし、つるバランスを見ながら追肥します。

定植

栽植密度は畝間4m、株間1mの2~3本仕立て(10a当たり約250株)。定植の5~7日前からトンネルまたはマルチをかぶせて、定植時に14~15℃以上の地温を確保するように努めます。露地栽培では、定植直後の風による被害を防ぐために、パオパオ90などの被覆資材を使うとよいです。

定植後の管理

トンネル栽培では活着促進を目的に定植後7日程度は密閉管理をします。密閉が長びくと高温で枯死しないまでも、雌花着生不良、花落ち部が大きくなるなど子房の奇形を招きます。そこで、定植後、33℃を超えないよう早めに換気をします。なお、最低気温は8~10℃を確保します。

着果

雌花は、13節前後とやや遠成りですが、1つる1果は着果します。側枝の発生も旺盛なので、着果節までの側枝は必ず除去します。13節前後の着果で2.3㎏前後の果実が収穫できます。

収穫

開花後40日程度で十分な食味となりますが、この品種の特長を出すには、開花後50日程度おくと、粉質で甘みも強く最高の品質となります。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

カボチャ品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますカボチャ品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
カボチャ 「雪化粧®」
サカタ交配
品目 カボチャ(南瓜)
原産地 北アメリカ
科・属名 ウリ科カボチャ属

カボチャ 「雪化粧®」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 缶詰2dl
絵袋詰1dl 絵袋詰20ml
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.