タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ツケナ 「はまみなとべかな」

ツケナ 「はまみなとべかな」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ツケナ 「はまみなとべかな」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント そろい、尻張りよく、収穫幅の広いF1品質

特性

1. そろいの非常によいF1品種です。
2. 淡黄緑色で光沢があり、肉質はやわらかいです。白軸で尻張りがよく、立性で結束しやすいです。
3. 初期生育はやや遅いですが、収穫適期以降の伸びもゆっくりで、収穫幅が広くなっています。
4. トンネル、ハウスを利用すれば周年栽培ができ、回転の早い軟弱野菜として近郊地帯に向きます。

適応性

温暖地の場合、播種期は露地栽培で3月下旬~9月下旬、ハウスやトンネルを利用すれば10月上旬から3月中旬にかけて随時播種できます。高温期の栽培では、寒冷紗を使った被覆栽培をすると、乾燥防止や害虫の予防になり、品質のよいものがとれます。
土壌の適応性は広く、一般の野菜栽培地帯ではほとんどのところで栽培できますが、とくに保水、排水のよい有機質に富んだ土壌が最適です。

土づくり

生育日数の短い短期間作物で、周年栽培が容易なために連作になりやすいです。連作の害は比較的少ないですが、収量低下の原因になるので輪作を行い、有機質を十分施して土壌の改良をはかります。

肥料

10a当たり窒素、リン酸、カリ、それぞれ12~15㎏を標準とし、元肥主体に施します。高温期はとくに栽培日数が短いので1/2~2/3程度に減らすことをおすすめします。

播種

幅120㎝程度の平床をつくり、条間20㎝程度のスジまきをします。乾きやすい畑では低めに、湿りの多い畑では高めに床をつくります。
発芽をそろえることが良品多収、省力、一斉収穫につながるので、種子を均一にまき、土も薄く均一にかけます。乾いている畑では鎮圧をしっかり行います。
本葉2~3枚ごろまでは乾燥させないよう、とくに注意します。

間引き

第1回目は発芽がそろった時点で密生部を間引きます。その後、本葉3~4枚のころに3~5㎝程度の株間になるように間引くと、尻張りのよい、よくそろった高品質のものができます。

収穫

ベカナのなかでは収穫期間の長い品種ですが、収穫が遅れると品質が低下するので、適期を逃さないように注意し、草丈20~25㎝で一斉収穫します。大株、小株を選別し、病虫害葉を除いて出荷市場の規格に合わせて(普通1束200gくらい)結束し、箱詰めして出荷します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ツケナ 「はまみなとべかな」
サカタ交配
品目 ツケナ(漬け菜)
原産地 中国、日本
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ツケナ 「はまみなとべかな」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 缶詰 2dl
絵袋詰 20ml  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.