タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ハナナ 「早陽1号」

ハナナ 「早陽1号」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ハナナ 「早陽1号」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 耐暑性・耐病性(べと病抵抗性:R-1)強く、抽だいも安定し栽培容易な洋種系一代交配種。

特性

1.耐暑性耐病性(べと病抵抗性:R-1)強く、抽だいも安定し栽培容易な洋種系一代交配種。
2.生育旺盛で葉柄太く、株張りのよい多収品種です。
3.草姿は半立性、葉は長楕円葉で縮み少なく、濃緑色で葉肉厚く、根部の着色は洋種としてはすぐれています。
4.抽だいは洋種としては特に晩抽ではないが生育が早いので4~5月まきでも抽だい前に収穫期になります。

適応性

花菜は半耐寒性の植物のため、特に太平洋岸の暖地から一般平地までが適します。

栽培環境・土づくり

地力の低下は病気や障害の発生につながり、品質低下の原因になります。完熟堆肥やバイオエース等の有機物を積極的に施して、土づくりを心がけます。10a当たり苦土石灰100kg、完熟堆肥2000kgと有機配合肥料80kgを目安として施します。湿害に弱いので、水田では20cm以上の高うねにします(根こぶ病の軽減にもなります)。

播種

60㎝のうね幅で、条間20~25cmの2条まきにします。順次間引きして、本葉5枚ごろまでに株間15~20cmとします。点まきでもよいです。長期収穫をねらう場合は、株間を35cmほどに広くして大株にします。

管理のポイント

よい花茎をたくさん出させるには、良質の堆肥と有機質肥料を十分に施すことが必要です。収穫後の追肥化成肥料を施用します。

病害虫防除

根張りがよいため寒害、風害にも強い品種です。害虫はアブラムシ、コナガ、アオムシなどですが、ナバナへの登録農薬はきわめて少ないです。無農薬栽培には害虫よけにネット、またはべたがけ資材を全面に覆います。病気は立枯病、白さび病、菌核病などで、早期発見と早期防除が肝要です。

収穫

8月中旬まきで10月中旬からトウ立ちが始まります。茎が伸びて蕾が膨らんだ開花前が収穫適期です。とくにカルシウムやビタミンAの効力にすぐれ、今注目の抗酸化食品として優秀な緑黄色野菜です。

栽培暦

ハナナ 「早陽1号」
サカタ交配
品目 ハナナ(花菜)
原産地 諸説
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ハナナ 「早陽1号」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

ハナナ 「花娘」ハナナ 「花飾り」

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.