タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. チンゲンサイ 「青帝」

チンゲンサイ 「青帝」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「チンゲンサイ 「青帝」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 生育旺盛で強健、早生。そろいよく、とくにトウ立ち遅い

特性

1. 草姿立性で株元の張りがよく、荷姿よく商品性が高いです。
2. 発芽時より生育旺盛で、そろいがよく早生で強健です。夏まきをはじめ、周年栽培しやすいです。
3. とくにトウ立ち遅く、低温下でも生育もよいので、秋の遅まきから春まきで最も特性を発揮します。
4. 葉、軸とも繊維分が少なくてやわらかく、油いため、煮食、漬物、汁の実など、幅広い料理に向きます。

適応性

生育適温としては、20℃前後の温暖な気候が最も適します。
高温には比較的強いですが、生育の前半に寒冷紗トンネルを利用することで、病害虫も少なく、よい成績を上げることができます。低温にはやや弱いですが、トンネル、ハウスの利用により、冬期でもよくできます。
土壌の適応性が広く、一般野菜の栽培地帯なら、ほとんどのところで栽培できます。

播種量

10a当たり6~8デシリットルをまきます。

播種期

露地栽培ではサクラが開花したら播種できます。早まきほどトウ立ちの危険が高いので注意します。秋の遅まきは初霜の40日前までに行えば安全です。
トンネル栽培は、一般に年内どりや早春まきではよいですが、冬栽培ではパオパオ90などを併用しないと凍害を受けるおそれがあります。また冬期はトンネルやパオパオ90などを併用して凍害を防ぎます。
トンネル、ハウスともに最低気温をマイナス2~3℃以上に保ち、最高気温は24~25℃をめどに換気を行います。

圃場

一般に幅120~150㎝、通路60㎝、高さ10㎝ぐらいの床栽培が行われており、株数が多く収穫できます。

栽植距離

高温期は15×15㎝、低温期は12×12㎝以上とします。

播種及び育苗

一般的には直まきが多く、バラまきまたは1穴3粒の点まきとし、本葉2~3枚ごろまでに1株に間引きます。移植栽培の際は、ポットまきし、本葉3~5枚で定植します。マルチ利用は生育促進と泥よけ効果があり、収穫調整が容易となります。

肥料

元肥中心で、10a当たり各成分13㎏程度を標準とし、高温期は少なめ、低温期は多めに施します。堆肥施用は効果が高いです。

病害虫防除

害虫防除にはパオパオ90、寒冷紗などを用いたトンネル密閉栽培が効果的です。被覆資材は収穫1~2週間前に除去し、葉色や光沢などの品質向上をはかります。

収穫

1株重100~150gぐらいでの出荷が多いです。株元から収穫し、開いた下葉を2枚ほど除去して、2~3㎏詰めダンボールに入れて出荷します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

チンゲンサイ品種特性表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますチンゲンサイ品種特性表.pdf
チンゲンサイ 「青帝」
サカタ交配
品目 チンゲンサイ(青梗菜)
品種 チンゲンサイ
原産地 中国
科・属名 アブラナ科アブラナ属

チンゲンサイ 「青帝」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 缶詰 2dl
絵袋詰 20ml ペレット 5000粒
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.