タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. レタス 「ガーデンレタス ミックス」

レタス 「ガーデンレタス ミックス」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「レタス 「ガーデンレタス ミックス」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 見て美しく、食べておいしいニューリーフレタス

特性

1. さまざまな葉形や赤と緑の葉色があり、見た目の美しいリーフレタスです。
2. サラダの彩りのほか、花壇の縁どりや寄せ植えなどのガーデニングにも使えます。
3. 大株にして収穫するほか、ベビーサラダにも向いています。
4. 高温期では、赤色が薄くなります。

1.レッドオーク

葉形は切れ込みの大きい細葉で、葉色は赤です。

2.グリーンオーク

葉形は切れ込みの大きい細葉で、葉色は緑です。

3.フリンジーグリーン

葉縁がフリル状に縮れる緑色リーフレタスです。

4.フリンジーレッド

葉縁がフリル状に縮れる赤色リーフレタスです。

ミックス

上記4品種のほか、葉が濃緑色で長卵形のタイプのコスレタスが入り、5種類の種子がミックスされています。

適応性

ベビーレタスで収穫する場合、温暖地では3月上旬~6月上旬と、8月中旬~10月下旬に播種して、30~50日で収穫できます。大株で収穫する場合は、温暖地では2月下旬~4月下旬と9月上旬~10月下旬に播種して、50~90日で収穫できます。

土づくりと肥料

酸性土を嫌うので、畑には前もって苦土石灰を10a当たり90~100㎏施しておきます。肥料は元肥が中心で、10a当たり成分量で、窒素、リン酸、カリを20~25㎏を標準とし、高温期では少なく、低温期では多く施します。ベビーレタスで収穫するときは、その半量とします。

播種

発芽・生育適温は15~25℃です。夏は高温のため発芽しにくいので、涼しいところで発芽させます。
発芽には光が必要ですので、覆土は種子が隠れる程度に薄くかけます。
ベビーレタスとして利用する場合は直まき、大株、あるいはガーデニングに使う場合は育苗します。露地に直まきした場合は、雨でたたかれないように、パオパオ90などで被覆します。

育苗と定植

育苗にはセルトレーを使用すると便利です。
畑に定植するときは、株間25㎝で定植します。ガーデニングに使うときには、セルトレーの苗を9㎝ポットに鉢上げし、ある程度株ができてから定植します。

収穫

ベビーレタスとしては、7㎝くらいに伸びたものを刈りとりながら収穫します。大株にした場合は、株ごと切りとるか、きれいな下葉からかいて収穫します。
長日期は抽だいしてくるので、食用としては早めに収穫しますが、観賞用としては、円垂形の立体的な草姿を楽しむことができます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

レタス 「ガーデンレタス ミックス」
品目 レタス
原産地 中近東内陸、小アジア
科・属名 キク科アキノノゲシ属

レタス 「ガーデンレタス ミックス」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 絵袋詰 20ml
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.