タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. レタス 「オーディブル」

レタス 「オーディブル」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「レタス 「オーディブル」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 肥大力にすぐれる厳寒期どり向けビッグベイン病耐病性品種

特性

・「サリナス」タイプのビッグベイン病耐病性品種。
・厳寒期どりの中早生品種。外葉の生育が旺盛で、玉も肥大力がある。
・生育が旺盛なものの結球性にすぐれ、大玉になるので加工用としても好適。
トンネル栽培だけでなく、ベタがけ栽培にも適する。
・ビッグベイン病の発生圃場だけでなく、未発生圃場での栽培にも適する。

適応性

1月下旬~2月中旬どりが最適な厳寒期どり用品種。低温での生育が旺盛で根も強く、干ばつや過湿条件下でも生育が安定します。
早まきや遅まきは、草勢が強くなりすぎて玉の形状が乱れてしまうことがあるので、播種期には注意します。

播種

最適発芽温度は18~20℃で、15~25℃の範囲であれば十分な発芽率が得られると言われています。「オーディブル」の播種期である9月下旬~10月は年によって残暑が長く厳しかったり、ハウス内での育苗では育苗床の温度が上がりすぎてしまうことがあります。育苗床の温度が高くなりすぎると休眠に入る可能性があるので、とくに発芽するまでの温度に気をつけます。

肥培管理とトンネル管理

「オーディブル」は草勢が強く、生育が旺盛な品種です。多肥栽培や蒸し込み栽培は、玉の形状が乱れる可能性があるので、施肥とトンネルの温度管理に注意してください。
厳寒期どり栽培は定植後気温が下降していく作型なので、生育が緩慢になりがちです。そのためにも活着から結球期までにしっかり根を張らせ、外葉の生育をスムーズにするのが秀品率を高めるポイントとなります。
トンネル被覆は外気温平均で8℃を下回るころを目安に行い、外葉形成期は20~25℃、結球開始から中期は20℃からやや涼しめを目標にトンネル管理を行ってください。通常品種のトンネル被覆時期より5日~1週間程度遅らせて被覆をすると適度に生育を抑えられ、その後の生育の調整がしやすく秀品率を上げるポイントとなります。
また蒸し込み気味のトンネル管理では、尻の部分の形状が乱れることがあるので、積極的に換気を行うと形状が安定します。

病害虫対策

ビッグベイン病耐病性ですが、全く発病しないということではなく、菌密度の高い圃場や排水の悪い圃場では発病する可能性が高くなります。このような圃場では、土壌消毒や薬剤処理、排水改善など、総合的な対策をとることが必要になります。
また土壌水分が多い状態での被覆状態はトンネル内の湿度が高くなり、灰色カビ病や菌核病などの病害が発生することがあるので、被覆前の防除を徹底することや換気を行うと、病害の発生を未然に防ぎやすいです。

収穫

玉がしまり過ぎないよう適期での収穫を心がけて、新鮮なレタスを消費者の皆様にお届けしましょう。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。
※栽培暦のマーク説明はこちら

レタス品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますレタス品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
レタス 「オーディブル」
サカタ育成
品目 レタス
原産地 中近東内陸、小アジア
科・属名 キク科アキノノゲシ属

レタス 「オーディブル」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

ペレット5000粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.