タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. スイスチャ-ド(西洋ふだん草) 「アイデアル」

スイスチャ-ド(西洋ふだん草) 「アイデアル」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「スイスチャ-ド(西洋ふだん草) 「アイデアル」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 葉の軸が赤、白、黄色、中間色にも分かれる西洋ふだん草です。

特性

1.葉の軸が赤、白、黄色、中間色にも分かれる西洋ふだん草です。
2.菜類が不足する夏にも収穫でき、ビタミンA、ミネラルが豊富で風味があります。
3.カラフルで花壇の縁どりや鉢植にも使えます。

圃場準備

酸性土に非常に弱いので、播種の2週間ほど前に10a当たり苦土石灰1200~200kgを施します。また、播種の1週間ほど前に完熟堆肥2000~3000kgと有機配合肥料60kgを目安として施します。

播種

10cm前後で収穫する場合は、条間15cm、株間2cmに1~2粒まきとし、収穫まで間引きません。
30cmくらいの大株にする場合は、条間60cm、株間30cmに2~3粒まきとし、株が大きくなるにしたがって順次間引きます。

管理

和名が西洋不断草ともいうように、暑さ、寒さに強く、暖地では周年栽培できるほど、つくりやすい野菜です。排水の悪い畑では、高畝にして湿害を防ぐようにします。生育が旺盛で栽培期間も長いので、肥料切れを起こさないように、潅水と追肥をします。中耕は除草を兼ねて行いますが、土寄せは葉のつけねに土が入らないように気をつけます。

病害虫防除

発芽後、土が湿りすぎていると立枯病が発生しやすくなります。発芽後は水をやや控え、乾燥気味に管理します。窒素肥料が多いと、病虫害の発生が多くなる傾向があります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、根がよく張る土づくりをします。根が健全に育てば、地上部も健全に育ち、病虫害にも強くなります。ヨトウムシは見つけしだい捕殺します。

収穫

10cm前後の若いときに収穫して他の野菜と混ぜると、カラフルなサラダになります。また、30cmぐらいの大株にして、外葉をかき取り収穫し、あえ物、おひたし、油炒め、汁の具などに利用します。

栽培暦

スイスチャ-ド(西洋ふだん草) 「アイデアル」
品目 スイスチャード
原産地 地中海沿岸
科・属名 アカザ科アカザ属

スイスチャ-ド(西洋ふだん草) 「アイデアル」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.