タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ネギ 「石倉一本太」

ネギ 「石倉一本太」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ネギ 「石倉一本太」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 関東で広くつくられる根深太ネギです。軟白部は太く、長さ30cm以上にもなります。

特性

1.関東で広くつくられる根深太ネギです。軟白部は太く、長さ30cm以上にもなります。
2.やわらかくておいしく、寒さが厳しくなるとさらに甘みが増し、冬の味覚として利用されています。
3.ビタミンの多いアルカリ性野菜で、カルシウム、鉄、カリウム、亜鉛などの無機物およびビタミンA、ビタミンC が含まれています。におい成分のアリシンがビタミンB1を活性化します。

圃場準備

ネギは湿害を受けやすいので、排水のよい畑を選びます。定植1カ月前に苦土石灰や堆肥を施し、深く耕うんしておきます。施肥量は10a当り成分量で窒素20~30kg、リン酸15~25kg、カリ20~25kgで、元肥3、追肥7の割合で施します。追肥土寄せごとに、生育に応じて3~5回に分施します。

播種

発芽、生育適温は20℃前後で、特に春まき栽培に適します。リン酸は苗質の良否に影響を与えるので、苗床には多めに施します。播種は幅1m、高さ10cmの播種ベッドに10cm間隔に条まきします。本葉2葉展開時、2cm間隔くらいに間引きます。定植は畝幅85~100cm、深さ15~20cmの溝を切り、株間3~5cmに定植します。不良苗を除き、苗の大きさ
をそろえて定植すると、その後の管理が容易になります

管理

溝の中にワラや枯れ草を入れて、根が乾燥するのを防ぎます。軟白部分をつくるために、生育を見ながら4~5回の土寄せを行います。ネギの根は酸素を好むので、土寄せは一度に多くしないで、強風で倒伏しない程度の軽いものにとどめます。追肥土寄せの際に、化成肥料を株に触れないように施します。最終の土寄せの後の追肥は必要ありません。

病害虫防除

さび病は、葉に橙色の小斑点が生じます。春から秋に発生し、夏の被害は少ないです。肥料切れや窒素過多で多発します。病葉はとり除いて処分します。ネギだけでなく、タマネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウなどのユリ科作物の連作は避けます。登録農薬(殺菌剤)を散布する場合は、ネギの葉面は農薬がつきにくいので、必ず展着剤を使用します。

収穫

根元まで掘り起こし、軟白部を傷つけないように注意して引き抜きます。皮むきは、ネギについている土が白っぽく乾いてからすると楽にできます。

栽培暦

ネギ 「石倉一本太」
品目 ネギ(葱)
原産地 中国西部
科・属名 ネギ科ネギ属

ネギ 「石倉一本太」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.