タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ニラ 「大葉にら」

ニラ 「大葉にら」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ニラ 「大葉にら」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 葉幅の広い濃緑葉で、休眠が浅いので刈り込み回数が多く、一度植えると数年は収穫できます。

特性

1.葉幅の広い濃緑葉で、休眠が浅いので刈り込み回数が多く、一度植えると数年は収穫できます。
2.ネギの仲間で特有の香りをもち、ビタミンAが豊富な健康野菜です。

定植準備

酸性土を嫌うので植えつけの2週間以上前に10q当たり苦土石灰100~150kgを畑にすき込み、土を中和します。植えつけの1週間ほど前に完熟堆肥3kg、有機配合肥料150gを目安に施します。生育期間が長いので肥料は緩効性のものを使います。

播種

種皮がかたく吸水しにくいので、発芽まで乾燥しないように注意します。10~15cm間隔を目安にスジまきし、発芽後は株間1~2cmになるように間引きます。苗の様子を見ながら、ときどき薄い液肥などを施します。春まきは初夏、秋まきは翌春に条間50cm、株間25cmで1か所に5株ほどまとめて深植えにならないように植えつけます。

管理

冬は地上部が枯れますが、根株で越冬し、春になると萌芽してきます。収穫後に追肥するだけで、年に3~5回収穫することができます。追肥後、水やりをすると肥料の効きがよくなります。夏は株元に敷きワラをして乾燥を防ぎます。3~4年たつと株が大きくなり、込み合って葉も細く薄くなってきます。根を切らないように掘り上げて、3本くらいずつに株分けします。

病害虫防除

窒素肥料が多すぎると、過繁茂になって風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。水はけをよくし、密植を避け、風通しをよくしてさび病や白斑葉枯病などの発生を予防します。病葉は切りとり、持ち出し処分します。アブラムシが5月の乾燥で多発し、葉に群生して生育を阻害することがあります。アブラムシは急速に増加するので、早期発見、早期防除に努めます。

収穫

1年目、9月上旬ごろに捨て刈りし、翌春に20cm以上に伸びたら株元を2~3cm残し収穫します。収穫しすぎると、株を弱めてしまうので、刈り取りは年に4~5回を目安とし、収穫後には液肥化成肥料を施します。2年目以降、トウ立ちしてくるので、蕾は早めに摘みとり、炒め物に利用します。

栽培暦

ニラ 「大葉にら」
品目 ニラ(韮)
原産地 中国西部
科・属名 ネギ科ネギ属

ニラ 「大葉にら」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.