タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. キュウリ 「霜しらず地這」

キュウリ 「霜しらず地這」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「キュウリ 「霜しらず地這」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 支柱立てのいらない、地這づくり用の品種です。

特性

1.支柱立てのいらない、地這づくり用の品種です。
2.暑さに強く、春きゅうりが終わるころから盛んになりだします。
3.枝分かれが多く、果実は子づるや孫づるに着きます。

播種・育苗

3号(9cm)ポリ鉢にタネを2~3粒ずつまき、本葉が1~2枚のころ、1本に間引き、本葉が3~4枚くらいの苗に仕立ててから植えつけます。あるいは、遅霜の心配がなくなってから、90cm間隔で4~5粒ずつ直まきし、本葉が3~4枚になったころに1本に間引きます。水やりは午前中に行い、夕方にはポリ鉢の表面が乾く程度の量とします。

定植準備

植えつけの2週間ほど前に10a当たり苦土石灰約150kg、1週間ほど前に完熟堆肥約1000~2000kg、有機配合肥料約100kgを施します。うね幅180cm、株間90cmを目安として畑を作ります。キュウリの根は比較的浅く広がるので、元肥も浅層に全面的に混合するように施します。高温期の栽培でもよく育ちます。晩春から初秋までいつでもタネまきできる品種です。

定植後の管理

支柱を立てないで、カボチャやスイカのように地面にはわせて栽培します。厚めに敷きワラをして、その上にはわせます。親づるは本葉6~8枚を目安に芯を止め、子づるを4本程度伸ばします。子づるを15~20節で摘芯し、孫づるに果実をつけさせます。キュウリは浅根性で乾燥に弱いので、畑が乾いたら小まめに水やりをします。株をよく見て、果実をとり損なわないようにします。

病害虫防除

うどんこ病は、葉にうどん粉をふりかけたような白いカビが生じます。ひどくなると株が枯れます。密植を避け、日当たりと風通しをよくします。降雨や多湿で、べと病が発生しやすくなるので、水はけの悪い畑では高うねにします。アブラムシは葉に群生、吸汁して生育を阻害するだけでなく、ウイルス病を媒介するので、寒冷紗や防虫ネットを張って育苗するなど早期防除に努めます。

収穫

果実がやや短めで、ふくらんできたら収穫の適期です。早めの収穫を心がけ、とり残しのないように注意します。とくに草勢が弱ったときは、若どりして株の回復をはかります。

栽培暦

キュウリ 「霜しらず地這」
品目 キュウリ(胡瓜)
原産地 インド(ヒマラヤ)
科・属名 ウリ科キュウリ属

キュウリ 「霜しらず地這」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.