タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ロケット 「オデッセイ」

ロケット 「オデッセイ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ロケット 「オデッセイ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 1.日ざしの強い場所より、比較的明るい日陰で栽培したほうが、やわらかい葉になります。
2.播種時期が長いので、時期をずらして少しづつまくと順に収穫ができます。
3.生育するにつれて辛みが強くなります。

特性

1.日ざしの強い場所より、比較的明るい日陰で栽培したほうが、やわらかい葉になります。
2.播種時期が長いので、時期をずらして少しづつまくと順に収穫ができます。
3.生育するにつれて辛みが強くなります。

適応性

春秋まきで30~40日、夏まきで25~30日、晩秋まきで60日以上が収穫の目安です。寒さにあわないように播種時期を選びます。晩秋まきではビニールや不織布でトンネルをすると、冬も収穫ができます。

播種

暖かい地域で3~7月または9~11月、寒い地域は5~9月です。条間15cmで条まきにします。タネに5mmの厚さで土をかけて、発芽するまでまき土を乾かさないようにします。発芽適温(地温)は15~20℃、発芽まで4~7日かかります。

間引き

生育のよい株を残すよう間引きし、株間を7~10cmにします。間引いた小苗もハーブとして利用できます。

施肥

10a当り苦土石灰100kg、完熟堆肥1000kg、有機配合肥料70kgを施し、よく耕しておきます。

病害虫・生理障害

アブラムシなどの害虫がつきやすい。防虫ネットや寒冷紗でトンネル覆いをすると害虫の飛来が防げるほか、日よけ効果で柔らかい葉が収穫できます。害虫の少ない秋まきのほうが栽培しやすく、防除もほとんどしなくて済みます。

収穫

何度も摘芯して枝を出させ、やわらかい若葉を利用するようにします。花芽ができると、葉はかたくなり香りも弱くなるので、開花するまでに収穫します。寒さにあうと花芽ができ,葉の生長が停止します。食味はピリッとした辛味をもち、かむとゴマの香ばしい香りがします。

栽培暦

ロケット 「オデッセイ」
品目 ロケット(ルッコラ)
原産地 地中海沿岸
科・属名 アブラナ科キバナスズシロ属

ロケット 「オデッセイ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

「ハーブ」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.