タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. スイートコーン 「ゆめのコーン®85」

スイートコーン 「ゆめのコーン®85」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「スイートコーン 「ゆめのコーン®85」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 甘味が強く粒皮が一層やわらかな食味がすぐれる中早生バイカラー品種

特性

1.粒皮は光沢のある黄色と白で、コントラストが鮮やかで見栄えがする。
2.粒皮がとくにやわらかく、甘みも強く、食味が非常によい。
3.粒皮の硬化、甘みの低下が遅いので収穫適期の幅が広い。
4.トンネル栽培等早まきで、「ゆめのコーン」より早く収穫できる。
5.雌穂は2L程度で先端不稔がなくよくそろい、秀品率が高い。
6.草姿はコンパクトで分けつが少なく、栽培管理が容易である。

適応性

トンネル栽培から露地栽培まで幅広く栽培できます。

圃場

排水性・保水性・保肥性の高い土壌が栽培に適するので、堆厩肥等の有機質肥料を多用し、深耕します。

肥料

前作や土質にもよるが、トンネル栽培では、10aあたり窒素・リン酸・カリそれぞれ25~30㎏程度を標準とし、露地マルチ栽培では10~20%位減肥します。窒素は元肥に1/2を施用し、残り1/2を追肥として施します。

播種

最低地温13~14℃以上確保してから播種します。1穴あたり3~4粒まきとし、10aあたり4,500株程度(株間25~30㎝・畝間80~90㎝、一般平坦地露地マルチ栽培)を標準とします。

間引き

本葉4~5枚目のころに、残す株の生育がそろうように、ナイフかハサミを用いて、1本立ちにします。

追肥

窒素の残り1/2を1回目間引きの時期、2回目雄花の出穂初期にそれぞれ1/2ずつ追肥として施用します。とくに北海道等冷涼地では包皮の被りをよくするために、追肥で補う栽培をします。

無除けつ栽培

葉面積拡大による養分供給量の増加と花粉量の増加・供給期間の延長により、先端不稔のない大型穂が生産できます。また、支根の発生が多くなり倒伏防止に効果があります。

収穫

収穫期の幅は比較的広いが、高品質が最大のセールスポイントになっているので適期収穫を心がけます。
露地マルチ栽培で、絹糸抽出揃い(50%位が抽出した時期)から23~25日目ごろを目安として収穫を始めます。とくに「ゆめのコーン」と比べると登熟が早いので収穫遅れに注意します。気温の上がる前の早期収穫と予冷庫や保冷車の利用は品質保持に有効な手段です。

栽培暦


※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

トウモロコシ品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますトウモロコシ品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
スイートコーン 「ゆめのコーン®85」
サカタ交配
品目 スイートコーン(トウモロコシ)(玉蜀黍)
原産地 メキシコから南米北部
科・属名 イネ科トウモロコシ属

スイートコーン 「ゆめのコーン®85」を買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰め2,000粒 絵袋詰め1,000粒
絵袋詰め500粒 絵袋詰め200粒
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.