タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. つるありインゲン 「ミニドカ」

つるありインゲン 「ミニドカ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「つるありインゲン 「ミニドカ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 生育初期は低節位から、中~後期は主茎に着莢するわい性種とつるあり種の兼用タイプ。

特性

1.生育初期は低節位から、中~後期は主茎に着莢するわい性種とつるあり種の兼用タイプ。
2.節間は短く株元に着莢後親つるが伸び、ハウスでは180~200cm程度になります。
3.莢は14~15cmになり、丸莢、スジなしです。
4.調理後の見栄えがよく、食味、風味ともよく、市場性が高い。

適応性

肥沃な畑で栽培するのがよく、露地栽培のほかハウス栽培にも適します。

圃場の選定

土質はあまり選びませんが排水、保水のよい地力のあるところが最適です。過湿地では高畝にして、排水対策を立てます。乾燥地には堆肥を施して灌水し、酸性土壌は石灰で矯正して栽培します。

圃場準備

マメ科の野菜のなかでは肥料は多めに施したほうがよく、とくに開花後、莢が肥大するときに肥料切れすると、曲がり莢などの下物が多くなるので注意します。早めに完熟堆肥と石灰を施し、深耕して通気性のよい土づくりをします。施肥量は前作や土壌条件によって異なりますが10a当たり窒素20kg、リン酸25kg、カリ20kgを標準とします。元肥として窒素とカリを6割、リン酸を全量施します。

移植栽培

移植栽培はセル苗を利用すると管理、定植作業の労力を軽減できます。セルに肥料分の少ない軽めの土を用いて播種します。地温は23~25℃を目標に適湿にします。発芽後は換気をし、がっちりとした苗に育て上げ、初生葉が展開した段階のごく若苗で定植します。定植前は温度をやや低めに管理し、苗の順化を行います。畝幅100cm、株間30~40cmの2条植えを標準とします。

直播栽培

土壌病害虫が発生、加害されやすいので防除に努めます。1穴3~5粒まきとし、本葉展開時に生育のよい株を1本残し、支柱を立てます。なお覆土は約3cmとし、播種後に多雨が予想される場合はやや浅めに、覆土過多による酸素不足での発芽障害を防ぐようにします。畝幅100cm、株間30~40cmの2条植えを標準とします。

管理

ハウスでは30℃以上にならないように換気に努めます。灌水は過湿にならない程度にとどめ、根腐や過繁茂にならないように注意します。つるの伸び始めに、支柱を立てて、つるを傷めないように誘引します。摘葉は老化、病害虫被害葉を中心に行い、過繁茂に気をつけます。追肥は開花時に1回目を施し、生育状況に応じ7~10日ごとに施し、同時に灌水を行い、株の着莢負担力をつけます。

病害虫防除

マメ科作物の連作を避け、日当たりと通風と排水をよくし、炭そ病や根腐病などの病害を防ぎます。アブラムシは、葉の生育を阻害し、モザイク病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチをすると防除効果が期待できます。ハダニは乾燥で発生が多くなるので、敷きワラをするなどして畑を乾かさないようにします。

収穫

55日タイプです。莢がふくらみ、長さが13~15cmになったころが収穫適期です。収穫時に株を傷つけないことが良品多収につながります。盛期には収穫を朝夕2回います。とり残すと株の負担が大きくなるので、適期に収穫します。

栽培暦

つるありインゲン 「ミニドカ」
品目 インゲン(隠元)
原産地 中央アメリカ
科・属名 マメ科インゲン属

つるありインゲン 「ミニドカ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.