タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ニンジン 「ベビ-キャロット」

ニンジン 「ベビ-キャロット」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ニンジン 「ベビ-キャロット」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント ソーセージ型の極早生ミニニンジンで、家庭菜園向きです。

特性

1.ソーセージ型の極早生ミニニンジンで、家庭菜園向きです。
2.根はやわらかくて、甘みがあり、そのままの形で野菜スティックやサラダに手軽に利用できます。

圃場準備

タネまきの1か月前までに良質の完熟堆肥を10a当たり2000kg施し、完全に土となじませ、水もち・水はけ・通気性のすぐれた土づくりを行います。

施肥

10a当たり苦土石灰100~150kg、有機配合肥料80~100kgを施します。うね幅15cm以上、最終株間2~3cmを目安とします。

播種

雨の後にまくのがよいです。畑が乾いていたら十分水やりをしてからスジまきします。ニンジンのタネは小さくて薄いため、覆土が厚すぎると発芽が悪くなるので、完熟堆肥を細かく砕いたもの、もみ殻、やし殻などをごく薄くまきます。発芽後は順次間引きを行い、本葉が4~5枚になったころに株間2~3cmにします。

管理

間引きが遅れると、根の肥大も遅れ、根形が乱れることがあります。リン酸を効かすと根色がよくなり、窒素肥料が多いと裂根の原因になります。急に土壌水分が多くなっても裂根するので、水はけの悪い畑では高うねにします。追肥は、年明けに収穫する場合のみ、最終間引き後に1回行います。初期生育が緩慢なので、雑草に負けないように除草を小まめに行います。

病害虫防除

ニンジンの初期生育は緩慢で弱いため、立枯病やネキリムシ、ヨトウムシなどの害虫による食害に注意します。生育中期以降は、黒葉枯病、うどんこ病などの病気とアブラムシ、キアゲハの幼虫の初期防除を心がけます。

収穫

タネまき後70~80日で収穫となります。太いものから順に間引きどりをします。温暖地の露地栽培では、3月上旬~4月中旬まきで6月中旬~7月上旬収穫、7月中旬~8月下旬まきで9月下旬~11月下旬収穫となります。

栽培暦

ニンジン 「ベビ-キャロット」
一代交配
品目 ニンジン(人参)
原産地 アフガニスタン
科・属名 セリ科ニンジン属

ニンジン 「ベビ-キャロット」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.